三角保ち合いを仮想通貨(BTC)で図解 ~エントリーポイントからダマシまで~

三角保ち合いを仮想通貨(BTC)で図解 サムネイル

仮想通貨のトレーダーでよく解説されている三角保ち合いって何?どういう場面で使ったらいいのか知りたい

 

ということで「 三角保ち合いを仮想通貨(BTC)で図解 」してみました。

三角保ち合いはチャートのサポートラインに相場がどんどん収縮していって形成されます。

三角保ち合い(トライアングル・フォーメーション)は3つに分けられます。

 

この記事では、三角保ち合いの意味がわかると共に、読んだ人が今日から三角持ち合いを使ってみることができるようにまとめてみました。

 

三角持ち合いの3パターンを図解してみた

三角保ち合いには3パターンがあります。

三角保ち合いの3種類
❶. ペナント

❷. ディセンディングトライアングル

❸. アセンディングトライアングル

違いは「買い圧」と「売り圧」がどうなっているのかで判断します。

 

❶. ペナント

 

ペナントの特徴

①. 「買い圧」と「売り圧」が同じくらいになっている。言い換えると買い目線の人と売り目線の人とが戦い合っている。

②. 前に続いているトレンドの小休止として形成されやすくペナント後は前のトレンドが再開される

 

ペナントは上昇するのか下降するのかはわかりにくいのと、本当にペナントが形成されているのかを見極めるのは難しいと言われています。

トレンドの転換点にもペナントは発生するので直近のトレンドの強さでエントリーするのか判断しましょう。

 

ペナントのエントリーポイント

直近にあるトレンドが上目線なら上抜けポイントでエントリー、その逆もしかりだそうです。

どっちつかずな相場のため様子見をする人も多いです。下手に手を出すのはNGかもしれません。

 

ペナントのダマシ

ペナントのダマシは少しだけペナントを抜けたと思わせて反対側へ切り抜ける方向転換です。

 

❷. ディセンディングトライアングル

ディセンディングトライアングルの特徴

①. 「売り圧」が強いが「買い圧」の抵抗力も強い状態です。高値が少しずつ切り下がっている。

②. 底値のサポートラインができる。

③. 下に抜けやすい。

 

ディセンディングトライアングルのエントリーポイント

ディセンディングトライアングルを下に抜けた後に仕掛けると良いと言われます。

 

抜けきった後すぎると、リバウンドも起こりそうですよね。

どこにポジションを置いておくのかは自分で検証して行かないといけなさそうです。

 

ディセンディングトライアングルのダマシ

ディセンディングトライアングルが上に抜けたかのように思わせて下げにくるダマシがくることがあります。

ビットコインはダマシが多くなっているので損切りの幅は工夫した方が良さそうですね。

 

ダマシも考慮してトレードしていくのであれば一つ手前にある高値を損切りポイントにすると良いと言われています。

 

❸. アセンディングトライアングル

 

アセンディングトライアングルの特徴

①.「買い圧」が強いが「売り圧」の抵抗力も強い状態です。底値が少しずつ切り下がっている。

②. 高値のサポートラインができる。

③. 上に抜けやすい。

 

アセンディングトライアングルのエントリーポイント

ディセンディングトライアングルの逆ですね。上に抜けた後に仕掛けると良いと言われます。

 

抜けきった後すぎると、リバウンドも起こりそうですよね。

どこにポジションを置いておくのかは自分で検証して行かないといけなさそうです。

 

アセンディングトライアングルのダマシ

こちらもディセンディングトライアングルと同じですが下に抜けたと思わせて上に巻き上げてことがあります。

そのため、損切りポイントは巻き上げも込み込みで入れておくと良いかもしれません。

 

仮想通貨ビットコインで三角保ち合いをみてみる

教科書どおりに動くことなんて稀かもしれませんね。

 

仮想通貨のチャートであれば、 2018年の8月頃から11月中頃にかけてディセンディングトライアングルが落ちたナイフのように決まっていますね。

11月頃に昨年の年末をみこして買いを入れていた人はなかなか損してしまったかもしれません。

 

2018年の3月頃から7月にかけてのペナントがありました。

 

TradingViewでの線の引き方

仮想通貨プロトレーダーのhenashampさんがよく使っているTradingViewです。

 

公式ページのリンクも貼っておきますね。

TradingViewの公式サイトのリンク

 

最初は左のマークをクリックします。 

すると色ペンマークが出るので好きな色を選択します。

あとは始点と終点をクリックすればOKです。

 

 

三角保ち合いを仮想通貨(BTC)で図解 まとめ

三角保ち合いの3種類を解説しました。

キレイに決まっていれば入りやすそうなので私も積極的に線を引いていきたいと思います。

 

この記事で使っているテクニカル分析ツールはTradingViewです。

同じツールを使って線を引いてみたい人は仮想通貨でテクニカル分析のやり方をおすすめチャート分析ツールで紹介を読んでみてください。