仮想通貨でテクニカル分析のやり方をおすすめチャート分析ツールで紹介

TradingViewサムネイル

世界中でビットコインの取引高が大きくなり、市場も拡大して、時間もそれなりに経過しているため主にビットコインのチャートは成熟してきています。

最近となっては投機機関も参入しているような流れが出てきており、これからもっとビットコインを始めとする市場は盛り上がりを見せていくかのように見えます。

 

そこで大切となってくるのはテクニカル分析や指標です。

 

市場が盛り上がっているということは言い換えると、世界のエリート達も参入し始めているということで、今まで通りに純粋なチャートを描かなくなるということでもあります。

知名度の高い有名プレーヤーの人たちも以前から気づいているようです。

 

一般的なチャートに対するイメージは上か下かを言い当てるゲームのようなものですが、

チャートに詳しい人ほどチャートは一人一人の生身の人間同士でのやり取りであることを理解しているように思います。

誰かが儲かっている時、生身の人間の誰かが必ず損を出しています。

 

もちろん、長期間で仮想通貨を保有するのであれば、チャートを気にしすぎると返って不安になって狼狽売りにつながってしまいます。

また、比較的に若い通貨の場合も例外の動きをしやすいのでテクニカル分析や指標を気にしても仕方がありません。

 

ですので、長期保有者や最初から投機だけの目的の方にはテクニカルチャートはかえって邪魔になるかもしれません。

 

ですが、デイトレードからスイングトレード(1日から1週間)程度のスパンでチャート上で売買するのであればテクニカル分析が世界の頭脳達との戦いの中で有効になってきます。

 

仮想通貨でテクニカル分析はまだまだ一般的ではありませんが、この記事では早い内からテクニカル分析で仮想通貨の売買を行うためにマストなツールを紹介します

 

おすすめテクニカル分析ツール
❶. TradingView

❷. bitbank

順番に説明していきます。

まずは一つ目の「TradingView(トレーディングビュー)」を紹介したいと思います。

 

TradingView説明15

この画像は「TradingView」で描写したチャートです。

 

ビットコインバーゲン人気取引所ランキング
ビットコインバーゲンの記事を読んで、仮想通貨取引所に登録した方の統計を元に人気ランキングを作成しました!

Rank1位1位:GMOコイン

  • 【送金手数料が無料】初心者でも自然に扱いやすくて送金手数料が無料なのにスプレッドも安いGMOコイン。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ

Rank2位2位:bitbank

  • 【XRP最強の取引所】100%コールドウォレット管理の世界水準セキュリティでテクニカルトレードが可能!ビットコイン貸付で強制ガチホもできるのはbitbank。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ モナコイン ロゴ 

Rank3位位:Liquid by QUOINE 

  • 【QASH買える】メルカリに次ぐユニコーン企業の取引所Liquid。プロ投資家も納得の国内一位の取引高。BNB同様に実利用で期待のQASHを購入可。

仮想通貨の送金手数料 説明画像13 ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ

テクニカル分析のツール「TradingView」とは

tradingview紹介画像

テクニカル分析にマストなツールとして筆者は「TradingView(トレーディングビュー)」をお勧めしています。

テクニカルトレーダーであれば使っている人が多いツールが「TradingView(トレーディングビュー)」です。

とても高機能で100種類以上の分析・指標をカスタマイズしながら利用できます。

 

ニッチな取引所で扱われているチャートは見にくいものが多かったり、気持ち程度にサイトに埋め込まれている場合が多いです。

 

「TradingView(トレーディングビュー)」では仮想通貨に限らず世界の様々な指標を分析することができます。

 

TradingViewの魅力

TradingViewの魅力について過剰書きでポイントを並べてみたいと思います。

TradingViewの魅力
❶. 豊富な種類のテクニカル分析・指標を扱うことができる

❷.  他の利用者が用意したオリジナルのテクニカル分析・指標を扱うことができる

❸.  取り扱いチャートの範囲が広い(指数、法定通貨、仮想通貨、国債、先物など)

❹.  SNS機能もついており、利用者同士で分析の結果をみることができる。

❺.  無料でもかなりのことまで利用できる。(引いたラインを保存してくれる)

草猫店長
次の項では実際に使って見るにゃあ。

 

TradingViewの使い方

まずは「TradingView」のサイトへ行ってみましょう。

この記事では基本的な分析・指標を実際に使ってみたいと思います。

 

具体的に、「ボリンジャーバンド」「RSI」の二つを描写させてみたいと思います。

 

TradingViewの使い勝手をみる(使い方の説明)

①. 「チャートを開く」をクリックする

TradingView説明1

 

②. チャートの案内メッセージがくるので「スタート」をクリックすると用語説明してくれます。

TradingView説明2

 

TradingViewで仮想通貨のチャートを出してみる

実際に仮想通貨のチャートを表示させてみましょう。

①. 画像のところをクリックします

TradingView説明3

 

②. 「BTCJPY」と入力するとビットコインのチャート候補が出てくるので画像のようにクリックします

TradingView説明4

これでBTC/JPYのチャートに切り替わります。

 

TradingViewで時間軸を決める

①. 「4hour」(4時間)をクリック

TradingView説明5

※英語になっていました。日本語になっている方は「4時間」をクリックしてください。

 

②.時間軸が変わっていることを確認する

TradingView説明6

 

指標(インジケーター)を使って見る

①. 画像のようにクリックしていきます

TradingView説明7

 

②. ボリンジャーバンドが出てきました。次にボリンジャーバンドの「線」を ” ダブルクリック ” してみましょう

TradingView説明8

 

③. 「線」をダブルクリックすると設定画面が現れます。長さがデフォルトで20ですので「40」に変更して、「OK」をクリックします

TradingView説明9

 

④. ボリンジャーバンドの範囲が広がったことを確認します

TradingView説明10
草猫店長
ボリンジャーバンドはFXなどでは定番だにゃあ。標準偏差のチャート分析を出してくれるにゃあ。見方がわかるようになると、売買するべき局面のサインを見分けることができるようになるにゃあ。

 

TradingViewでRSIを使ってみる

①. 画像の様にクリックします。今回は検索窓を使って「RSI」と入力してみます

TradingView説明11

 

②. そうすると「RSI」が出てくるので確認します

TradingView説明12
草猫店長
「RSI」は短中期のスパンで買われ過ぎか売られ過ぎかを参考にすることができる指標だにゃあ。基本的に 50% の部分を中心点として、そこから上か下かで判断するにゃあ。

一般的な基準は 70%以上“買われ過ぎ” で  30%以下“売られ過ぎ” だにゃあ。

出来高などと一緒に比較しながら見てみるとよいにゃあ。

 

TradingViewのその他の機能

「TradingView」には「公開ライブラリ」という項目があります。

これは、有志の方が自分で作ったお手製のインジケーターをみんなにも使えるようにしたリストです。

試しに一つ使ってみましょう。

 

①. 画像の様に「公開ライブラリ」の項目へ行き、画像のライブラリを選択します

TradingView説明13

 

②. ライブラリのインジケーターが出てきました

TradingView説明14
草猫店長
なんだか普通のRSIがさらに見やすくなっているように見えるにゃあ。もっと知りたい人はライブラリの名前でGoogle検索などをかけるといいと思うにゃあ。

以上で「TradingView」の使い方が簡単にですが理解できたのではないでしょうか。

 

TradingViewの懸念点

大変便利な「TradingView」ですが、懸念点としては無料で使える範囲に限りがあります。

TradingViewの懸念点
❶. 指標(インジケーター)は同時に3つまでしか開けない

❷. 複数の画面を表示できない

❸. 有料案内への通知が多い

 

上記のように使える機能が制限されてしまいます。(インジケーター描写の上限や描写の保存、複数画面表示など)

特に有料案内への通知が多いと少し萎えてくるものがあります。

 

そこで、筆者は「bitbank」をお勧めしています。

 

bitbankとは何?

bitbankの画像

ここで2つ目のテクニカル分析のツールをご紹介したいと思います。

bitbankです。

bitbankとは

bitbankとは国内の有名取引所の一つです。2014年 5月頃 からサービスの提供を始めています。

 

bitbankは有名な仮想通貨の情報サイトである「BTCN」の運営と、ブロックチェーンの技術を学べる講義

を提供する「ブロックチェーン大学校」も運営している会社です。

 

また、bitbankは btiFlyer や Zaif とは狙っているターゲットが違います。

bitbankはプロトレーダー向けにツールを開発しており、

主に中級者以上のトレーダーをターゲットにしています。

 

 

実際に使うとわかるかもしれませんが、チャートの機能がとても高機能です。

 

セキュリティに関しても世界トップクラスのビットコインセキュリティ専門企業「 BitGo 」と提携しています。

スクールを開校したり、セキュリティに力を入れているところから信頼性の高い取引所の一つとなっています。

 

bitbankは「TradingView」を使っている

そしてそのbitbankのチャート機能は何の技術を使っているのかというと、先ほど紹介した「TradingView」です。

 

ですので、bitbankを扱うことは「TradingView」を扱うことに近しいです。

しかも無料で利用できます。

 

ですが使い勝手については仮想通貨に特化しているので仮想通貨の専門トレーダーですとbitbankの方もなかなか使いやすいです。

しかも本家「TradingView」では有料だった機能をbitbankでは無料で使えます。(インジケーターを 4種類以上を描写できます)

 

bitbankで扱える指標は一つ一つ数えてみたところ 70種類 ありました。

少し前までは 60種類 程度でしたので日々、新しい分析手法が追加されているようですね。

 

ただし、デメリットもありまして、それは線を引いたチャートを保存できないことです。

毎回使用する度に保存できないので引き直さないといけません。たまに使う人であれば良いのですが、頻繁に使う人はチャートを保存できるのでTradingViewが良いですね。

また、Liquid by QuoineなどもTradingViewを採用していますが使い勝手が悪いです。

 

bitbankのメリット

TradingView」と比較してbitbankのメリットは何でしょうか。

bitbankのメリット
❶. 指標(インジケーター)を同時に4つ以上利用できる(本家「TradingView」では有料機能)

❷. 機能が仮想通貨に特化している

❸. 取引所なので買いたいと思ったらすぐに取引できて「楽」

❹. 「TradingView」よりも操作が簡単

❺. リップル(XRP)やモナコイン(MONA)の取引高が大きい(一時的に世界一になったことがある)

 

このように本家の「TradingView」も「TradingView」にしかない素晴らしい機能がたくさんありますが、

bitbankも「TradingView」が無料でできなかったことを無料で使えたり、仮想通貨に特化しているだけにとても使いやすいです

 

このようにアルトコインの取引高のボリュームに焦点を当てれば世界トップクラスの bitFlyer に負けない規模になっています。

 

\ bitbankの使い方について知りたい方はコチラ /

テクニカル分析もできる!仮想通貨のチャートが簡単高機能のbitbank

 

取引所としてももちろんですが、ブロックチェーンエンジニアを養成している面もある良い会社です。

テクニカル分析・指標を使ってリップル(XRP)モナコイン(MONA)などのアルトコインに目をつけていきたい人は開設しておいた方が良いかと思います。

 

仮想通貨テクニカル分析 やり方のまとめ

以上のようにおすすめテクニカル分析のツールとして「TradingView」と「bitbank」をアップしました。

これらのチャートを使いこなして是非、仮想通貨をもっと楽しんでもらえればと思います。

 

テクニカル分析について学びたい人はまずエリオットウェーブを学ぶことをオススメします。

歴史的に長く、世界中で多くの人がエリオットウェーブを利用しています。エリオットウェーブを使えるようになることで天井を掴む可能性が減ります。

【 ビットコインの高値掴みを避ける方法 】天井はエリオットウェーブで占えるの記事ではTradingViewを使って解説しています。

 

 

他にもテクニカル分析に関する記事をアップしていますので利益をアップさせていきたい人は参考にしてみてください。

 

\ スマホでビットコインのチャート分析ならビットレ君で決まり  /

チャート分析はGMOコインのビットレ君に決定!使い方と機能を紹介

 

\ 有益なテクニカル分析をしているツイッターアカウントをまとめた記事はコチラ /

フォローすると御利益のある仮想通貨テクニカル分析ツイッタラー国内外10選