【 図解説 】 Liquid by QUOINEのレバレッジ取引の使い方 | リキッド

Liquid by QUOINEのレバレッジ取引の使い方 サムネイル

「Liquid by QUOINEでレバレッジ取引をやってみたいけど使い方が難しそうで触るのが怖い。どうやって使ったらいいんだろう」

 

私も初めてLiquid by QUOINEでレバレッジ取引を触ってみたときにどうやって使ったらいいのかわからなくて迷いました。

というのも、Liquid by QUOINEの場合は使い方が少し異なります。どのように異なるのか解説したいと思います。

 

ビットコインバーゲン人気取引所ランキング
ビットコインバーゲンの記事を読んで、仮想通貨取引所に登録した方の統計を元に人気ランキングを作成しました!

Rank1位1位:GMOコイン

  • 【送金手数料が無料】初心者でも自然に扱いやすくて送金手数料が無料なのにスプレッドも安いGMOコイン。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ

Rank2位2位:bitbank

  • 【XRP最強の取引所】100%コールドウォレット管理の世界水準セキュリティでテクニカルトレードが可能!ビットコイン貸付で強制ガチホもできるのはbitbank。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ モナコイン ロゴ 

Rank3位位:Liquid by QUOINE 

  • 【QASH買える】メルカリに次ぐユニコーン企業の取引所Liquid。プロ投資家も納得の国内一位の取引高。BNB同様に実利用で期待のQASHを購入可。

仮想通貨の送金手数料 説明画像13 ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ

Liquid by QUOINEのレバレッジ取引

Liquid by QUOINEの場合はレバレッジ取引の方法が少し異なるので混乱した人もいると思います。

私も少し混乱しました。

 

一般的な取引所の場合

一般と言って良いのかわかりませんが、ビットコインのレバレッジ取引で人気のbitFlyerのFX画面では「買い」と「売り」のシンプルな売買ができます。

買ったら買った分を売りに出せば良いということです。

一番ベーシックな注文画面になると思います。

 

Liquid by QUIONEのレバレッジ取引の場合

Liquid by QUIONEのレバレッジ取引の場合の画像1

Liquid by QUOINEの場合は「買い」と「売り」という表現ではなく「ロング」と「ショート」になっています。

言うまでもないかもしれませんが「ロング」が「買い」です。

 

ショートに入ってみる

ショートに入ってみるの画像1

実際に売買を行ってみたいと思います。ビットコインの500,898円でショートに入りました。

 

Liquid by QUOINEではショートに入った後に「逆指値」と「決済指値」を設定します。

ショートに入ってみるの画像2

Liquidの画面の下の方に 500,898円 でエントリーした注文が入っています。

 

逆指値を入れてみる

逆指値を入れてみる1

画像では「逆指値」の価格を設定しています。ショートから見た「逆指値」ですので損切りポイントになります。

エンピツマークのところをクリックすると設定できるようになります。ここは設定しておきましょう。

 

「決済指値」は利確ポイントになります。Liquid by QUOINEでは「決済指値」を決めないとポジションを外すことができません。(逆指値でも良いです)

ですのでポジションを外したいときは、現在価格に可能な限り近い金額を「決済指値」に設定しておけばポジションを外すことができます。

 

スマホ版のLiquid by QUOINEではレバレッジ取引はできるのか

今の所、スマホアプリであるLiquid by QUOINEライト版ではレバレッジ取引はできません。

ですので、Liquid by QUOINEでレバレッジ取引をしたい人はPCから扱いましょう。

 

レバレッジの倍率を操作する方法

レバレッジの倍率を操作する方法の画像1

レバレッジの倍率を変更したい場合は「多機能注文オプション」があるのでクリックします。

 

レバレッジの倍率を操作する方法の画像2

すると下の方にレバレッジの倍率を変更できるボタンが出現します。

「2倍」「4倍」「5倍」「10倍」「25倍」となっていますね。

 

25倍はハイリスク過ぎるのでよっぽどのことがない限り選ばない方が無難です。

普段は現物だけど、空売り(ショート)したい時に使う時にはデフォルトの「2倍」にしておきましょう。

何も操作していない場合は「2倍」のままになります。

 

ロングとショートの話

仮想通貨の取引を初めて見たばかりの人にとってロングとショートの言い方に違和感を覚えるかもしれません。

なぜ、売りが「ショート」で買いが「ロング」なのでしょうか。

 

これは、相場の一般論として「売り」は急に訪れ、「買い」はジワジワ上がるという考えがあるからです。

 

時間差が売りの方が短いから「ショート」になっています。買いはもちろんその逆です。

プロのトレーダーでも「売り」が好きなトレーダーが多いです。

 

ちなみに、「ロング」のことをブル、「ショート」のことをベアという動物の呼び名にすることも良くあります。

初心者は精神的に優しいブルが無難だと言われています。

 

Liquid by QUOINEのレバレッジ取引の使い方 まとめ

Liquid by QUOINEのレバレッジ取引の使い方 まとめ画像

Liquid by QUOINEでレバレッジ取引を行うための使い方を図解説しました。

少し癖のある使い方ですので戸惑った人もいたかと思うので記事にしました。

 

仮想通貨はショートで入りやすいタイミングも中にはあるのでここで覚えたことをぜひ、実践して見てください。

 

レバレッジ取引を本格的に始めようか悩んでいる人へ

レバレッジ取引を始めようとしている人にオススメなのが追証無しの取引所です。

と言っても、実質的に追証無しの取引所はZaifかbitbankです。

 

ですがZaifは新規登録規制されています。ですので実質bitbank一択ではあります。

ただ、bitbankの場合は少しルールが特殊なので中期目線になっています。

あとは海外取引所で追証ナシのものもいくつかあります。代表的なのはBitMEXですね。

 

海外の規制はいつどうなるのか分かりませんので国内取引所で扱う方が無難です。とはいえ、国内では実質bitbankだけってのが悩ましいところですね。

 

追証ナシの取引所に関しては【 追証なしで仮想通貨FXを楽しめる取引所 】追証なしで借金もしない?でまとめているのでぜひ読んでみてください。

追証なしで仮想通貨FXを楽しめる取引所 サムネイル

【 追証なしで仮想通貨FXを楽しめる取引所 】追証なしで借金もしない?

2018年10月23日

 

あとは【 賢く選ぶ 】 レバレッジ取引に適した仮想通貨取引所でもレバレッジ取引に焦点をあてて取引所を選定しています。選定した理由なども乗っていますよ。