メタマスク(Metamask)のトークン追加・削除・受け取り方法を確認する

メタマスクサムネイル2

今回はメタマスク(MetaMask)へトークン追加の方法を解説していきたいと思います。

 

ビットコインバーゲン人気取引所ランキング
ビットコインバーゲンの記事を読んで、仮想通貨取引所に登録した方の統計を元に人気ランキングを作成しました!

Rank1位1位:GMOコイン

  • 【送金手数料が無料】初心者でも自然に扱いやすくて送金手数料が無料なのにスプレッドも安いGMOコイン。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ

Rank2位2位:bitbank

  • 【XRP最強の取引所】100%コールドウォレット管理の世界水準セキュリティでテクニカルトレードが可能!ビットコイン貸付で強制ガチホもできるのはbitbank。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ モナコイン ロゴ 

Rank3位位:Liquid by QUOINE 

  • 【QASH買える】メルカリに次ぐユニコーン企業の取引所Liquid。プロ投資家も納得の国内一位の取引高。BNB同様に実利用で期待のQASHを購入可。

仮想通貨の送金手数料 説明画像13 ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ

メタマスクとは

メタマスクとはイーサリアムの専用ウォレットアプリのことです。

イーサリアムのウォレットと言えば最初にマイイーサウォレット(MyEtherWallet)を思い浮かべる人も多いかと思いますがその内の一つです。

メタマスクを使えばマイイーサウォレットとも連携できます。

 

メタマスクのERC20準拠のトークンへの対応

イーサリアム専用ということでイーサリアムの技術が使われているトークンであれば追加することができます。

 

具体的にはERC20準拠したトークンをメタマスクでも使用できます。

ERC20とは「Ethereum Request for Comments: Token Standard #20」の略称で技術の仕様になります。

言い換えると、ある一定の枠組みに従ったトークン設計のことです。

 

そして、ERC20の技術の仕様に従ってつくられた仮想通貨(トークン)であればメタマスクでも使用できます

 

メタマスクの登録方法

簡単にメタマスクへの登録手順を簡単に紹介します。

まずはメタマスクの公式ページへいきましょう。

メタマスクの公式ページへ飛ぶ

メタマスク1

Chromeであれば「GET CHROME EXTENSION」をクリックします。

その他はOperaとFirefoxに対応しています。

アドオンを追加したらキツネマークが登場するのでキツネマークをクリックして案内に従えば完了します。

 

\ 詳しいメタマスクの登録方法やもっとメタマスクを知りたい人はコチラ  /

メタマスクの使い方を画像28枚で解説!MetamaskでDappsの送金と出金

 

メタマスクに対応しているトークン一覧

メタマスクに対応しているERC20に準拠したトークンはたくさんあります。

プラットフォームを利用すれば簡単にトークンを発行できます。

そのためERC20に準拠したトークンは 20000 を超えて存在します。

 

Etherscanを使おう

Etherscan(イーサスキャン)を使えばイーサリアムのトークンを全て調べることができます。

Etherscanとは、Webサイトの名前で、イーサリアム関連の全ての通貨の取引履歴(トランザクション)を追跡することができるWebサイトです。

 

今回はEtherscanの中でも有名なトークンを取り上げて実際にメタマスクへ入金するところまでをご紹介していきたいと思います。

 

Etherscanでトークンを調べて見る

実際にERC20準拠のトークンをEtherscanで調べてみましょう。まずは公式サイトへいきましょう。

Etherscanの公式サイトページへ飛ぶ

 

1. まずは、画面の上の「TOKEN」をクリックします。そうすると色々とトークンが表示されます。

イーサスキャン

今回は「EOS」を選択してみましょう。

 

2. 「ERC20 Contract」をコピーします。メタマスクで使用するアドレスです。イーサスキャン2

草猫店長
このアドレスはメタマスクで問われる「Token Contract Address」にあたるんだにゃあ。

 

メタマスクにEOSを追加してみる

試しにEOSを追加してみたいと思います。

先ほど「Etherscan」で取得したアドレスは

0x86fa049857e0209aa7d9e616f7eb3b3b78ecfdb0

でした。

 

このアドレスをメタマスクに使用していきます。

 

メタマスクへトークンを追加する際の事前の注意点

その前に、1点注意点がございます。

Githubで開発者のコメントを確認したところ、現在は一度追加したトークンは削除することができないようです。

タイトルに「削除する方法」のニュアンスが含まれていますが現段階では削除できません

 

2018年 2月頃のコメントでは現在はトークンリムーブ機能を開発中で時期にアップデートするとのことです。

 

もし追加しすぎてよく分からなくなってしまった場合は新しいアドレスを作るしかないようです。

トークンをアドレスに加えただけでは特に何もありません。当然、損するようなことやリスクはありません。

もし、アドレスに使わないトークンを入れたくない場合は捨て垢で以下の説明を参考にしてみてください。

 

EOSトークンを追加する手順

①. メタマスクの「TOKENS」項目の中に「ADD TOKEN」があるのでクリックする。

メタマスク1

 

②.  それぞれの項目を画像の通りに埋めていき、「ADD」をクリックします。

メタマスク2

 

③.  追加した「EOS」をクリックする

メタマスク3

 

④. 自分のメタマスクのアドレスでトークンを追加できていることが確認できれば完了です。

メタマスク3

これで自分のメタマスクアドレスを使ってEOSも取り扱うことができるようになりました。

EOS以外にも今の流れでどんどんトークンを追加していくことができます。

以上がEtherscan経由でメタマスクアドレスとトークンを追加する方法になります。

 

EOSの受け取りも自分の任意のサイトの送金メニューにメタマスクアドレスを入力すれば送付できます。

草猫店長
慣れないうちはできるだけ少額で練習してみるにゃあ。間違えたら戻ってこないにゃあ。

まとめ

以上がメタマスクへのトークン追加方法でした。追加したら保有しているメタマスクアドレスを使って送金、受け取れば良いので簡単ですね。

最後に注意点が1点ありますので説明します。

メタマスクのトークンでの注意点

メタマスクのトークン追加して、無事に受け取りまで終わったまでは良いものの、実はメタマスクに保管したトークンは別のアドレスへ送付できません。

「それってずっと塩漬けになるということ?」

と思われた方もいるかもしれませんが、実はそうではありません。

トークンを他の場所へ送金する場合はメタマスクアドレスをMEW(マイイーサウォレット[MyEtherWallet])で同期します。

同期できたらMEW経由でトークンを送金することができるようになります。

次の記事ではMEW(マイイーサウォレット[MyEtherWallet])を同期する方法を図で解説していきます。

 

\ メタマスクとマイイーサウォレットを連携させてトークンを送金させたい人はコチラ /

メタマスク(Metamask)とマイイーサウォレット(MEW)を連携してトークン送金

 

\ メタマスクがイマイチよく分からなかった人はコチラ /

送入金やトークン追加可のメタマスク(Metamask)とは何か登録方法も解説

 

\ イーサリアムについて詳しく知りたい人はコチラ /

【2018年】イーサリアムの特徴と今後の将来性を評価&予想 | ETH