仮想通貨の一覧表coinmarketcapの使い方!価格・時価総額・銘柄サイト

面白いマイナーコインがあることも分かったけれどどこに行けば見やすい相場でチャートがあるの?

メジャーコインであれば大体の国内のアプリケーションでチャートを確認することができますが、時価総額が 20位 よりも下回ってくるとなかなか見つからなくなってきますよね。

私も最初はどこで見れば良いのか戸惑ってしまいました。

今回ご紹介するcoinmarketcap(コインマーケットキャップ)を使えばほとんど全ての仮想通貨を確認することができるようになります。

 

ビットコインバーゲン人気取引所ランキング
ビットコインバーゲンの記事を読んで、仮想通貨取引所に登録した方の統計を元に人気ランキングを作成しました!

Rank1位1位:GMOコイン

  • 【送金手数料が無料】初心者でも自然に扱いやすくて送金手数料が無料なのにスプレッドも安いGMOコイン。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ

Rank2位2位:bitbank

  • 【XRP最強の取引所】100%コールドウォレット管理の世界水準セキュリティでテクニカルトレードが可能!ビットコイン貸付で強制ガチホもできるのはbitbank。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ モナコイン ロゴ 

Rank3位位:Liquid by QUOINE 

  • 【QASH買える】メルカリに次ぐユニコーン企業の取引所Liquid。プロ投資家も納得の国内一位の取引高。BNB同様に実利用で期待のQASHを購入可。

仮想通貨の送金手数料 説明画像13 ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ

coinmarketcap(コインマーケットキャップ)とは

「coinmarketcap」初めての方には読みにくいですよね。

単語を区切ると

coin market cap(通貨 市場 時価総額)

日本語に訳すとシンプルな名前ですね。名前の通り、一通りの全ての仮想通貨の時価総額がcoinmarketcapで確認することができます。

時価総額とは

時価総額(Market Cap)コインの価格 × コインの実際に出回っている供給枚数

この計算式になります。

さて、問題です。架空の通貨、ピットコイン出回っている枚数は 1兆枚 です。コインの価格が1ピットコインあたり 5000円 でした。時価総額(円)はいくらでしょうか。

簡単ですね。

ピットコインの時価総額 = 1兆(枚) x 5000円(円)= 5000兆円

5000兆円 ですね。

この 5000兆円 という数字にはあまり意味がありません。

意味はありませんが、

 

 

 

 

5000兆円欲しい

5000兆円欲しい!!(これが言いたかっただけ)

あとで寄付をよろしくお願い致します。嘘

coinmarketcap(コインマーケットキャップ)のメリットデメリット

メリット
❶ 網羅性がダントツで良い

❷ アプリケーションもある

❸ ブログに埋め込むことができる

デメリット

メリット
❶ 少し機能が多めで最初は操作に戸惑う

❷ 掲載数が多いが故に逆に多すぎる

❸ PCブラウザだと使いやすい。スマホからであれば別途アプリケーションを利用するのがオススメ

このようなメリットデメリットになります。

coinmarketcap(コインマーケットキャップ)の使い方

これはPCブラウザまずはサイトへ移動します。下のリンクをクリックしましょう。

コインマーケットキャップ

日本語に変更する

coinmarketcap仮想通貨使い方

日本語になっていない場合は日本語に変更しましょう。

コインを探す

coinmarketcap仮想通貨を探す

トップページの検索窓にトークン名(ADA)か仮想通貨名(Cardano)のどちらか一方を入力すれば検索できます。

チャートの読み方を覚える

coinmarketcap表の読み方

① 相場価格

ここは説明不要ですね。カッコの(0.61%)の部分は24時間以内の価格変動率です。(0.61%)上昇を意味しています。

② 1日当たりの取引高

ボリュームは実際に売買された金額の合計です(図では24時間)。流れたお金の合計ですね。

③ 実際に市場に出回っているコインの総枚数

総合供給(サプライ)は実際に発行済みのコインの枚数です。

循環供給(サプライ)は実際に流れているコインの枚数です。

例えば有名なメジャーコインXRPを発行しているリップル社は、銀行へのサービス用途に向けて 550億XRPを需要に合わせて供給していくということで公表しているようです。実際に1000億枚の内、400億枚しか循環供給(サプライ)されていません。

時価総額ランキングを見てみよう

coinmarketcap仮想通貨時価総額

最初の状態で時価総額ランキングになっています。
coinmarketcap仮想通貨すべて見る
デフォルトの状態では「 100位 」までしか表示されてないのでここで、「すべてを見る」をクリックしてみます

coinmarketcap仮想通貨すべて見る2

すべてを見る、にすると最下位が「 1523位 」であることがわかりました。

最近は本当に仮想通貨の種類が増えましたね。

そして、全体の時価総額は約 48兆円 でした。

日本語でブログに埋め込む方法

今回はLiskを埋め込んでみたいと思います。

coinmarketcap仮想通貨をブログに埋め込む(Lisk)

まずはLiskと検索します

coinmarketcap仮想通貨をブログに埋め込む(Lisk)2

ツールをクリックします。

coinmarketcap仮想通貨をブログに埋め込む(Lisk)4

自分の好きなようにチェックを入れていきます。

coinmarketcap仮想通貨をブログに埋め込む(Lisk)5

自分好みカスタマイズされているのか確認できればあとはコピー&ペーストで完了です。

このような形でブログに埋め込むことができました。

ちなみに単位を選べないところが少しネックです。

B = 10億円

M = 1000万円

になります。

その他

仮想通貨全体の時価総額チャートを見る

coinmarketcap仮想通貨の使い方その他1

ツールをクリックします

coinmarketcap仮想通貨の使い方その他2

グローバルチャートをクリックします

coinmarketcap仮想通貨の使い方その他5

そうすると、仮想通貨全体での今までの時価総額の動きが見れるようになります。

写真のチャート図につまみがあるのでクリックしたまま好きな位置に動かします。

coinmarketcap仮想通貨の使い方その他4

好きな位置で止めると好きな年月日からのチャートが見れるようになります。今回は2017年度からのチャートを見れるようにしました。

次はここから下へスクロールしてみましょう。

ビットコインを除いた仮想通貨全体の時価総額

そのまま下へスクロールすると、ビットコインの時価総額を引いた全体の時価総額を確認することができます。

coinmarketcap仮想通貨の使い方その他3

さらに下へスクロールしてみましょう。

coinmarketcap仮想通貨の使い方その他4

これはドミナンスと呼ばれる各通貨の仮想通貨全体の時価総額に占める割合がそれぞれどの位なのかを表すグラフです。オレンジ色がビットコインの全体の占有率ですが、ここ最近になって急にビットコインの占有率が少なくなっていることが伺えますね。

coinmarketcap(コインマーケットキャップ)のアプリケーション

ここまで来て、結局、パソコンからでないと使えないのか、と思われたかもしれませんが基本的な機能であればアプリケーションからも利用できます。

まずはアプリケーションをダウンロードしましょう(現在のところAppStoreでしか取り扱いがないようです)

下のリンクをクリックします。

coinmarketcap – crypto price

coinmarketcapのアプリケーション1

Coinmarketcapのアプリをタップします

 

 

coinmarketcapのアプリケーション

するとブラウザの時と似たような画面が出てきます。

coinmarketcapのアプリケーション3

試しに検索窓に「Lisk」と入力して検索すると、チャートが表示されます。

まとめ

仮想通貨の一覧表としてcoinmarketcap(コインマーケットキャップ)をご紹介しました。

ほとんどの通貨はcoinmarketcapで対応できるかなと思います。網羅性のあるサイトの中では私も一番利用するサイトです。

これから他のツールについても紹介していきたいと思います。