【失敗談あり】 仮想通貨の自動売買サービスのまとめ【詐欺に注意】

仮想通貨の自動売買サービスのまとめ サムネイル

仮想通貨でトレーディングする時間がないから自動でできないかなー

自分でするより儲かりそうだったらやってみたいなあ

 

そんな気持ちで仮想通貨の自動売買サービスについて検討している人も少なくないかと思います。

実は、仮想通貨の自動売買サービスって完全に自動でできる訳ではありません。

 

「なに矛盾したこと言ってるの?」

って思ったかもしれませんが、詳細を解説していきます。

 

この記事の信ぴょう性

・これまで頻度は高くありませんが半年間にかけて自動売買botを動かしていました

・他にプログラミングから、ミラートレードを使った経験があります

 

この記事を読めば、各社の仮想通貨の自動売買ツールを知りつつ、自動売買サービスの注意点について知ることができます。

 

仮想通貨で自動売買って何をするの?

仮想通貨における自動売買の種類

①.bot(ロボット)によるトレード

②.プロトレーダーの真似をするミラートレード

③. 業者の用意した自動売買プログラムに沿ったトレード

仮想通貨の自動売買と一括りに言っても大まかに3種類あります。

 

①.bot(ロボット)によるトレード

特徴
❶. 1万円の低コストでも始められる

❷. 24時間365日で働いてもらえる

❸. 微調整はできない

自分でプログラミングで作る場合や、誰かが作った自動売買botを使うことができるサービスで利用できます。

作ったらそこでお終い、という感じで相場に合わせて微調整をしないといけませんが、人とは違い細かい調整は難しいです。

 

プログラミングで始める場合はPythonという言語でも可能です。興味があるひとは【初心者向け】 Pythonで仮想通貨の自動売買 botの作成方法を読んでみてください。

 

「プログラミングはちょっとな〜」

という人だと、第三者の人たちが作成したbotを手軽に利用できるようになるQUOREAというサービスが良いかと思います。

QUOREA(クオレア)とは 実際に使って理解したメリットとデメリットを読んでみてください。

 

②.プロトレーダーの真似をするミラートレード

特徴
❶. 1万円の低コストでも始められる

❷. 真似をするだけなので楽

❸. 人間の調子に左右されてしまう

ミラートレードはその名の通り、人の真似をして売買するスタイルのトレードのことを言います。

投資サロンのオーナーやTwitterのプロトレーダーのつぶやきなどに張り付いてその人が売買したのを確認したら真似をするという手法になります。

 

実際のところ、これだと自動売買とは言えませんが、マネコと呼ばれるサービスではプロトレーダーの人とのミラートレードを自動で遂行してくれます。

【 1万円で始めるミラートレード 】マネコの口コミ・評判をまとめてみたでどんな感じのサービスなのかをまとめています。

マネコの口コミ・評判をまとめてみた サムネイル

【 1万円で始めるミラートレード 】マネコの口コミ・評判をまとめてみた

2019年4月23日

 

③. 業者の用意した自動売買プログラムに沿ったトレード

特徴
❶. 初期費用が高額な場合が多い

❷. 業者のプログラムに依存する

❸. トレードを始める前からマイナス(初期費用)が少なくない

詐欺が多い分野です。よく「人工知能が過去のデータに基づいて月利200%を達成」みたいな宣伝文句で数十万円のツールを販売していることがあります。

確実に儲かると宣伝しているものは大抵は詐欺にばかりなので注意しましょう。

 

業者のプログラムがどれくらいの質なのかについて、全面的に信用しなければならないので相手が信頼できるかどうかという面ですでに博打に近いかなと思います。

詐欺の注意点については「 AIで仮想通貨を自動売買 」にご注意 それって損しない?の記事でまとめています。

 

業者の中でもっとも安いのはおそらくコイントレーダーというサービスで、年間契約をすれば月2980円〜利用できる自動売買のツールです。

 

しかし過去に、ここをお試しで利用しようとしたところ、なぜか操作ミスをしていたらしく、2、3年間?(はっきり覚えていない)契約してしまい確か5万円近くクレジットカードに請求されたことがあります。

(会社のお問い合わせ先もメールしかなく、返事が来るのか不安でしたがなんとか返金してもらえました。それ以降、怖くて触っていません。)

 

いっぱいあるけど結局どれがいいの?

自動売買ツール系は使ってみないと効果がわからないので、可能な限り初期費用を下げたものから利用すると良いと思います。

その点で言えば、業者の用意するツール全般はある程度の知識や経験がない段階で利用するのは選択肢に入らないかなと思います。

 

現実的にリスクを減らして利用できるものは限られていて、今の段階であれば「マネコ」か「QUOREA」になります。

どちらも1万円から始めることができて、1万円程度であれば月に手数料も数百円から始めることができます。

(QUOREAになると日足で取引頻度が低い自動売買botを使うと100円未満に抑えられます)

 

業者の出してる自動売買ツールは30万円買い切りや、月20000円などで利用できます。

これらよりもよっぽど安いですしこれで自動売買を使ってみる経験ができると考えると数百円からの手数料は高いとは感じにくいかと思います。

 

マネコに関してですが、人間のトレードを参考にしているのでその人に全てを依存する形になります。

損切り設定などもその人に依存するのでそれで痛い目をみたことがあります。その体験は【 損失90% 】 マネコ(moneco)で実績を検証したら3日で大損した話で解説しています。

 

自動売買は儲かるのか?

上は誰かが作った自動売買botを好きに選んで使えるQUOREAの画像です。

botの成績が透明になっているので、どういうbotが儲かるのかどうかは期待値で考えると良いかと思います。

 

ただし、こういう数字は良いとこばかり強調していることがあるので注意です。あとは、たとえ自動売買であってもあることをしていないと痛い目に合います。

次はその点も踏まえて解説します。

 

私はこれで失敗しました

失敗

①損切り設定をしていなかった

②投資金額の設定を甘くみていた

③手数料の理解が足りていなかった

ここは反省点です。まだ上の3つを抑えた上でやれば利益が出ていたかもしれませんが守れていなかったことも合間って損失を出してしまいました。

 

具体的なエピソードなんですが、QUOREA(クオレア)の利回り実績 3ヶ月使ってみた自動売買の利回りでトータルで損をしてしまったことを解説しています。

一気に暴落したタイミングでbotが損切りしてくれなかったことと、 複数回の売買が決済されずに残っており投資されていた金額が予想より大きくなっていました。

 

ですので、上のような形で、確かに期待値は高そうです。

しかし一度、大きな変化が起こるとロボットの評価そのものも下がるし、今までコツコツと利益を上げてきた分が一瞬で吹っ飛ぶことがあります。

 

ですので特に損切り設定はしておきましょう。QUOREAの登録後に損切り設定している動画をアップしているのでそこで確認できます。QUOREAの損切り設定を解説しているYoutube動画

 

実際は完全に自動ではない

自動売買と聞くと何もかも自動でやってくれて楽そうというイメージはあります。

ですが、botであれば相場に応じて相性が悪くなります。明らかに不調になっているのであれば別のbotに手動で切り替えないといけません。

 

ミラートレードにおいても、今まで調子の良かった人でも今までの得意なトレーディング手法が通用しなくなってしまい一気に損失を出してしまうことだってあります。

そうした場合は早めに察知して別の人に切り替えないといけません。

 

ですので「何もかもやってくれるんだ」という感覚で始めたい人は手をつけないほうが良いと思います。

 

そうした人はむしろ、毎月、仮想通貨を積立投資した方が良いと思います。

【 1万円で始める積立預金 】 仮想通貨(暗号資産)の積立預金は最強だったの記事で、もしも2017年初頭からビットコインで積立していた場合の利益率の以降をシミレーションしています。

仮想通貨(暗号資産)の積立投資はやっぱり最強だった サムネイル

【 1万円で始める積立投資 】 仮想通貨(暗号資産)の積立投資は最強だった

2019年4月28日

 

仮想通貨の自動売買サービスのまとめ

仮想通貨の自動売買サービスのまとめ

仮想通貨の自動売買サービスはたくさんありますが、まともに使えそうなのは「マネコ」か「QUOREA」です。

仮想通貨に関連したベンチャー企業も増えてきているのでまた増えてくるかもしれませんのでその時は取り上げたいと思います。