暗号通貨と仮想通貨の違いとは 【 意味は同じです 】

暗号通貨と仮想通貨の違いとは サムネイル

「暗号通貨と仮想通貨でバラバラなんだけどどう使い分けたら良いの?」

 

先に結論から言うと、 暗号通貨と仮想通貨は同じ意味 です。

使う場面、使う人、単語の由来が異なります。

 

この記事を読んで、同じ意味である暗号通貨と仮想通貨の微妙なニュアンスの違いを汲み取れるようになりましょう!

ビットコインバーゲン人気取引所ランキング
ビットコインバーゲンの記事を読んで、仮想通貨取引所に登録した方の統計を元に人気ランキングを作成しました!

Rank1位1位:GMOコイン

  • 【送金手数料が無料】初心者でも自然に扱いやすくて送金手数料が無料なのにスプレッドも安いGMOコイン。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ

Rank2位2位:bitbank

  • 【XRP最強の取引所】100%コールドウォレット管理の世界水準セキュリティでテクニカルトレードが可能!ビットコイン貸付で強制ガチホもできるのはbitbank。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ モナコイン ロゴ 

Rank3位位:Liquid by QUOINE 

  • 【QASH買える】メルカリに次ぐユニコーン企業の取引所Liquid。プロ投資家も納得の国内一位の取引高。BNB同様に実利用で期待のQASHを購入可。

仮想通貨の送金手数料 説明画像13 ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ

暗号通貨と仮想通貨は同じ意味

冒頭の繰り返しになりますが、暗号通貨と仮想通貨の意味は同じです。

どちらもブロックチェーンの技術を用いて生み出された国に属していない通貨を指します。

 

“国に属していない”とは、電子マネーとの違いでもよく語られるのですが、従来の通貨のほとんどは国に管理されていました。

 

国に管理された通貨を”法定通貨”と呼びます。電子マネーも”法定通貨”に基づいて発行されていますので”法定通貨”の部類です。

草猫店長
海外では法定通貨のことをfiat(フィアット)と呼ぶにゃあ。海外の記事を検索するときは”fiat”の単語を使うと良いにゃあ

 

しかし、ブロックチェーンに基づいて発行された通貨は”法定通貨”に依存していないため通貨を統括するための中央機関が存在していません。

仮想通貨も、暗号通貨も、中央機関が存在しない通貨として同じ意味合いで使われます。

 

では、なぜ二つの同じ意味の単語がそれぞれ違う使われ方をしているのでしょうか。

 

単語の由来が異なる

英語と日本語で直訳して並べます

暗号通貨→「Crypto Currency(クリプトカレンシー)」

仮想通貨→「Virtual Currency(バーチャルカレンシー)」

 

「仮想通貨」はいわゆる日本人が分かりやすさ?を考慮して名付けた名前で国際的には不適切な呼び名です。

名付け親は自民党の衆議院議員の秋元司(つかさ)氏らしい??

ちなみに海外でVirtual Currencyと呼ぶ人はほとんどいません。

 

一方で「暗号通貨」(Crypto Currency)が世界ではスタンダードな呼び方です。

この「暗号通貨」の”暗号”ってなんのこと?と思った人もいるかもしれませんが、暗号とは暗号化技術のことを指します。

 

ビットコインが誕生する前から政治的に潰されるリスクまでを考慮した通貨を実現化させることについては暗号学会で色々と研究が重ねられていました。

 

ビットコインはシンプルな仕組みでありながら、長年の暗号学者や取り巻きの人が直面していたリスクの壁を乗り越える可能性を秘めたものでした。

そうした、これまでの暗号学者や取り巻きの人たちが目指していた研究成果としての通貨が暗号通貨であり、暗号、すなわちCrypto(クリプト)という単語が用いられています。

 

日本でメジャーなのは「仮想通貨」

日本でメジャーなのは「仮想通貨」画像

2017年度末に盛り上がりを見せた仮想通貨少女のアカウント

名前の由来から考えると「仮想通貨」は誤りで、暗号学者たちの面影を何も感じさせない名前になっています。

しかし、日本に置いてはバーチャルYoutuberやVRなどのコンテンツが流行り始めた文脈では「仮想」の方が分かりやすいし、親しみやすい呼称なのは確かだと思います。

 

情報を広めようとする人たちが「仮想通貨」という単語をあえて選んでいるのもマーケティングとしては正解だったと思います。

仮想通貨アイドルも登場しましたが、私がマーケッターだとしても、暗号通貨アイドルとは呼ばせないですね。

 

使う人で使う単語が異なる

日本国内だと「暗号通貨」とあえて使う人たちがいます。

「仮想通貨」という単語が広まる前からビットコインに可能性を感じていた古参の人たち、専門家の人たちですね。

 

2017年度より以前のビットコインのファンというのは、偏見ですがインテリかオタクか暗号技術に関わる人たちがメインだったと思います。

そうした人たちが「仮想通貨」という単語を使いたがらないし、嫌っているのはこの人たちの属性から考えると自然に思います。

 

専門家に至っては、学術的に「暗号通貨」の方がふさわしい呼称なのはいうまでもありません。

技術サイドの人たちはこぞって「暗号通貨」とあえて単語を選んでいます。(仮想通貨の人たちとは違うんだよアピールで使っている人もいるかと思います。ポジションの違いですね。)

 

「暗号通貨」と「仮想通貨」の呼び方だけで使っている人の属性もかなり異なってきます。

 

暗号通貨系と仮想通貨系の人

とりあえず属性の違いということで、私の偏見で暗号通貨系と仮想通貨系の3人だけを選出してみました。

※最初にたまたま思い浮かんだ順なので特別な意図はありません!

 

暗号通貨系

大石さん

暗号通貨系 大石さんの画像

 

平野さん

暗号通貨系 平野さんの画像

 

kojiさん

暗号通貨系 higashi kojiさんの画像

エンジニアの方はまた違うなーという感じです。ジャーナリストよりの3人になりましたね。

 

仮想通貨系

ポインさん

仮想通貨系 ポインさんの画像

 

せいやさん

仮想通貨系 せいやさんの画像

 

母なる大地、Makiさん

母なる大地、Makiさんの画像

最後に、良心的で分かりやすい記事をたくさん出しているママコイナーのMakiさん(@maki_coin)です。

Makiさんだけリンク(@maki_coin)を貼っておきました(なんとなく)

 

使われる場面で異なる

ざっくりとした分け方ですが使われる場面で異なります。

「投資・投機・金融商品」などの分野では「仮想通貨」がよく使われます。

「ブロックチェーン・技術」などの分野では「暗号通貨」がよく使われます。

 

しばらくも大雑把ですが、「技術」と「お金」で使われ方は別々で平行線を辿っていくと思います。理由はやはり親しみやすさではないでしょうか。

 

国際金融機関はまた別の呼称を使っていたりする

海外の金融機関であると、クリプトカレンシー(Crypto Currency)と呼ばずにクリプトアセット(Crypto Asset)と呼ぶことがあるそうです。

アセットは直訳で”資産”という意味ですが、日本のコンサルタントが使いそうな単語であまり馴染みがありませんね。

 

日本では馴染みそうにはなさそうですが業界によって呼ばれ方が変わるのは世界も共通ということですね。

と思っていたのですが、どうやら日本も「クリプトアセット」に正式名称が変わりそうです。

 

実は日本政府は暗号”資産”を推し始めた


まだまだ「暗号通貨」と「仮想通貨」で混合されている状況ですがさらに呼び名が増えるようです。

2019年3月15日のことですが、クリプトアセット、つまり暗号資産という呼称ですが、日本政府もこの呼び名を法令上の呼び名に変更するそうです。

資金決済法と金融商品取引法の改正案として閣議ですでに決定されたそうです。

 

2019年2月7日の参院予算委員会で安倍首相が「仮想通貨を暗号資産と呼ぶ」として話を進めていたようです。

 

暗号通貨と仮想通貨の違いとは まとめ

暗号通貨と仮想通貨の違いとは まとめ画像

「暗号資産」の方が現状を表す言葉としてはしっくりきます。

これから証券化が進んだり価値交換の道具として使われる場面は増えてくるので「通貨」という意味の範囲では収まりそうにありません。

 

とは言っても「通貨」と呼ばれている方が個人的には好きですね。

 

「これから仮想通貨と呼び続けても良いの?」

って人もいたかもしれませんが、投資の場面ではそのまま仮想通貨と呼んでいってもしばらくは問題ないかと思います。(海外ではCrypto Currencyと呼びましょう)

 

ビットコインバーゲンでは、これからブロックチェーンを学習するにあたり、暗号通貨を購入してみたい!という人に向けて、【 初学者必見 】 暗号通貨のオススメ取引所 【 ブロックチェーン 】という記事で推しの取引所を紹介しています。

よかったら読んでみてください。