0x(ZRX)の購入方法 図解でわかる0xの買い方と安全管理

0x(ZRX)の購入方法 サムネイル

0x(ZRX)の買える取引所について解説していきます。

 

日本では取り扱っていないし管理はどうしたら良いのかわからない

0xを扱っている取引所が多いけどどこで買うのが良いのかわからない

 

そんな人たちに向けてこの記事を書いていきます。

 

0xといえば分散型取引所(DEX)をシンプルに実装するためのプロトコルですよね。

ブロックチェーン関連のエンジニアやジャーナリストに期待されている0xですが、ご存知のように日本の取引所では購入できません。

 

0xの将来性については下の記事で解説しています。

【2018】 0xの将来性 分散型取引所(DEX)の今後とZRXの特徴と評価

2018.07.10

 

実は海外の取引所でも購入できないところも増えています。

  • Huobi
  • BigONE
  • Kraken
  • HitBTC
  • KuCoin

 

上の有名な取引所は日本で規制をくらっていて扱うと最悪、資産がロックされて引き出せなくなってしまいます。

 

上記の取引所を避けた上で0xの購入できる取引所を紹介していきます。

 

ビットコインバーゲン人気取引所ランキング
ビットコインバーゲンの記事を読んで、仮想通貨取引所に登録した方の統計を元に人気ランキングを作成しました!

Rank1位1位:GMOコイン

  • 【送金手数料が無料】初心者でも自然に扱いやすくて送金手数料が無料なのに販売所の手数料は最安値のGMOコイン。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ

Rank2位2位:bitbank

  • 【XRP最強の取引所】100%コールドウォレット管理の世界水準セキュリティでテクニカルトレードが可能!ビットコイン貸付で強制ガチホもできるのはbitbank。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ モナコイン ロゴ 

Rank3位3位:Zaif

  • 【コイン積立可】月1000円から仮想通貨で預金積立ができるのはZaifだけ!少額からの長期投資といえばZaif。

仮想通貨の送金手数料 説明画像15 XCP ロゴ ビットコインロゴ イーサリアムロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ モナコイン ロゴ 

0xを購入するのにおすすめな取引所

Binanceが一番おすすめです。次にOKExです。

理由は単純でBinance、OKExともに取引高が一番大きいからです。

 

DDEXと呼ばれる0xベースの取引所もあります。ですが0xのサービスは始まったばかりなので使わない方が無難だと思います。

どうせなら分散型取引所で扱いたいなーという人ならDDEXを使いましょう。という具合であれば推奨します。

 

Binance

Binanceはこちら

Binanceは規制のおそれもありますが取引高から見ても0xの取引所の中で一番おすすめです。

今回はBinanceでの購入の仕方を図解説したいと思います。

 

OKEx

 

OKExはBinanceの次におすすめです。Binanceの次に取引高が大きな取引所はFcoinです。

ですがOKExの使いやすいです。

 

誤操作がないような取引所の方がいいですよね。

 

Binanceでの0xの購入方法

まずは登録が済んでログインした状態から解説します。

 

①. ログインした状態です。

 

②. ZRXと検索し、「ZRX/BTC」を選択すれば良いです。

 

③. 下へ移動します。

 

④. 赤枠で表示された部分で売買することができます。

 

0x(ZRX)の安全管理方法

0xの比較的に安全な管理方法は二つあります。

 

  1. ハードウォレット
  2. GINCO

 

以上です。

最近は海外取引所の規制が日本できびしくなってきたことももちろんですが、世界に仮想通貨が普及するほどハッキングリスクは更に高まります。

 

分散型取引所(DEX)は理論上は安全かもしれませんが、筆者としてはもう少し様子見してから参入すれば良いかと思っています。

Bancorは有名なところですがハッキングが生じています。

とは言ってもユーザーの資産は取られていませんが理論通りにDEXを実装していくことがこれからの課題になっていくかなと思います。

 

ですのでDEXは現状ではまだ様子見の保管方法ですね。

 

ハードウォレットでの0x保管方法

大きな金額で0xを購入して管理する場合はハードウォレット管理をおすすめします。

イーサリアムやビットコインのように保管方法があまりありません。

 

ハードウォレットであればコールドウォレットとして保管できるのでハッキングの被害を大きく減らすことができます。

おすすめはNEMを保管しないのであればLedger Nano Sです。

 

Amazonのような販売者の顔が見えないショップで買わずに公式サイトで買いましょう。資産を守る上での大切な方法ですね。

事前に不正なプログラムなどを埋め込まれている可能性があるからです。

 

ハードウォレットの公式代理店のページに移動する

 

Gincoでの0x保管方法

Gincoは日本産のウォレット専用アプリです。

アプリの見た目がとても洗練されていて使いやすさに重視して作られています。

 

Gincoは日本の会社のアプリなので親しみが持ちやすいのはもちろんですが、セキュリティも海外のウォレットと比較しても高いです。

 

 

各端末上に秘密鍵(資産を取り出すためのパスワード)を保管します。

例えば会社の方のシステムにハッキングされてお金を持ち逃げされたとして利用者の資産が盗まれません。

 

セキュリティが高いことに加えてメールアドレスやパスワードを入力せずともすぐにアカウントを開設できるので試しにダウンロードしてみると良いかと思います。

 

かなり使いやすいのでオススメです。

Gincoを触ってみる2

まだAndroidは開発中のため、現状ではiPhoneでしかダウンロードできません。(2018年度中にリリース予定です)

 

アプリのダウンロードはこちらです。

Ginco - 仮想通貨ウォレット
Ginco – 仮想通貨ウォレット
開発元:Ginco Inc.
無料
posted withアプリーチ

0xは最近、取り扱いを始めたようです。

ハードウォレットを使いたいけどちょっと購入するのか悩んでいる方はとりあえずGincoで保有しておくことをお勧めします。

 

海外の取引所に置きっぱなしにしてもいつどうなるのか分かりませんからね。

 

Gincoについて詳しく知りたい人は下の記事に書いてありますので読んでみてください。

ウォレットアプリGincoとは 実際に触りながら使い方まで解説してみた

2018.07.04

 

0x(ZRX)の購入方法 まとめ

0xの購入はBinanceをオススメしましたがどこの取引所を使ったとしても暫く売らないのであれば早めにウォレットへ移動することをオススメします。

 

そして 100% 安全な管理方法は存在しないということも念頭におくことは大切だと思います。

 

0xの将来性について知りたい人は合わせて下の記事を読んでみてください。

【2018】 0xの将来性 分散型取引所(DEX)の今後とZRXの特徴と評価

2018.07.10