【 持ち味別 】 おすすめのイーサリアムウォレットアプリを用途で選定

おすすめのイーサリアムウォレットアプリを用途で選定 サムネイル
マッチョな男性
取引所に保管するよりもウォレットアプリに保管していた方が良いって言われたけど種類多すぎ!特にイーサリアム関連は種類が多い気がするしオススメのウォレット知りたい

 

イーサリアムはビットコインよりも利用用途が多い仮想通貨ですよね。

そのためウォレットアプリも様々に増えてきていますよね。

たくさんウォレットアプリがあるなか、自分の用途は3つも4つもある人はあまりいないかと思います。

 

そこで、同じウォレットでも強みが違うことから、ウォレットアプリのもつ持ち味別にウォレットを紹介してみたいと思います。

 

同じウォレットでもセキュリティ強度が違かったり利便性が全く異なったりします。

この記事で紹介するのは基本的にセキュリティが相対的に高いところを中心に選んでいます。

 

ぜひこの記事を読んでイーサリアムのウォレットアプリを自分の用途に合わせて使い分けてみてください。

 

おすすめのイーサリアムウォレットアプリ

4つの持ち味別に分けてみました。

持ち味の紹介
❶. セキュリティ重視

❷. 利便性重視

❸. DApps系重視

❹. 信頼性重視

 

上の4つの持ち味を順番に紹介する前に安全なウォレットとは何かについて軽く触れてみます。

 

安全なウォレットってそもそもなに?

安全なウォレットアプリについて言えることが2つあります。

 

安全なウォレットアプリ
❶. シンプルである

❷. 端末に保管できる(コールドウォレットに近いか)

この2つに近いほど安全であると言えます。

様々な仮想通貨の銘柄を扱えたり、パソコンやスマホ、ブラウザからログインできたりするウォレットアプリは便利な反面にセキュリティに隙ができやすいです。

 

マルチウォレットアプリ(複数の仮想通貨を扱うことに特化したウォレットアプリ)で有名だったJaxxは過去に6600万円近くのハッキングを受けたことがあります。

セキュリティと利便性はトレードオフなところがあるのでシンプルなほど良いです。

 

また、ウォレットアプリはインターネットに接続されていない程良いです。

完全にネットから遮断した管理方法のことをコールドウォレットと言います。

 

イーサリアムの場合はDAppsやERC系トークンが無数にあるのでそれらの管理に特化したウォレットアプリも多いです。

元が複雑なのでシンプルなウォレットアプリほど安全性は高いと言えます。

 

こうしたところを踏まえつつ、

❶. セキュリティ重視、❷. 利便性重視、❸. DApps系重視、❹. 信頼性重視を順番に説明します。

 

❶. セキュリティ重視

❶. セキュリティ重視

Wei Walletは日本産のイーサリアムに特化したウォレットです。

Wei WalletはイーサリアムのERC系トークンも取り扱っておらず、純粋にイーサリアムオンリーになっています。

 

圧倒的にシンプルで、イーサリアムを預けるのと取り出す機能しかありません。

シンプルなほど安全性は増します。セキュリティに関しては端末そのものに保管する方法を採用しているので、さらに安全です。

もう一つ、HB Walletとというイーサリアムに特化した神戸発のウォレットアプリがありますが、そちらは残念ながら一度ハッキングにあいました。(犯人が特定できて被害は受けずに済んだ)

Wei Walletではまだハッキングは出ていません。

もし端末をなくしても上の12の単語を順番にメモしておけば別の端末からでも復元できます。(絶対にバラしてはいけません。)

 

❷. 利便性重視

利便性重視ならGINCOをおすすめしています。

GINCOはマルチウォレットではありますがイーサリアムを管理するのにもバッチリです。

 

ERC系トークンも日々、追加されていっているので対応幅が広いです。

今後はDAppsとの連携なども行えるように開発を進めていくそうです。

 

実はGINCOもWei Walletと同じ端末そのものにビットコインや仮想通貨(秘密鍵)を保管することができます。

純日本産で日本人に扱いやすいです。使っていて気持ちのいい見た目(UI)から扱いやすさも抜群です。

ですので条件としてはWei Walletと近いです。セキュリティは高いです。

 

シンプルなWei Walletの方が安全かもしれませんが、それだけだと不便だなあと考える人にGINCOはオススメできます。

 

GINCOの公式サイトを見てもらえば直感で扱えそうなことが分かると思いますよ。

 

使い手のことを考えて作られているのがわかるので色々な記事でおすすめしてます。

 

GINCOはウォレットアプリで一番面倒だなと感じる両替を簡単にすることができます。

交換所としても便利ですよ。

 

GINCOの両替機能

両替技術のベースになっているのもイーサリアムの中から作られたトークンであるKyberNetworkの技術に基づいて作られています。

ですのでイーサリアム単体だけに焦点を絞るならWei Wallet、イーサリアムのERC系トークンも扱いたいのであればGINCOも良い選択になります。

 

ただし、GINCOは今のところiPhoneしかアプリがありません。Androidの方は使えないのがマイナスポイントですね。(開発中です。)

 

GINCOの公式サイトはこちら

 

❸. DApps系重視

GO!WALLETの公式サイト

DAppsに特化したWalletはGO!WALLETです。

 

 

これも国産のアプリでDAppsと連携できることに特化しています。

まだまだ機能を実装途中ですが、イーサリアムに特化しています。

これからイーサリアムのトークンにも対応していくようです。

有名なDAppsゲームとうまくスマホで送金しやすいようにデザインされています。

 

 

どのようにDAppsと連携するのかというと、GO!WALLE自身がブラウザの機能もあるので、SafariやChromeのようにアプリ内でDAppsのサイトへ移動できます。

DAppsゲームの一覧が表示されているので、この一覧から公式サイトへ移動できます。

 

DAppsゲームの公式サイトへ移動するとこの状態でウォレットのページにワンタップに切り替えられます。

ですのでわざわざアプリの切り替えをせずにイーサリアムを送金することができます。

 

DApps系のゲームはパソコンからメタマスクを経由しないとなかなか送金に苦労しますが、GO!WALLETがあればほぼスマートフォンで通貨のやり取りを完結できるようになっていきます。

 

スマホアプリからDAppsゲームをしたいならこれから間違いない選択になっていくと思います。

 

GO!WALLETをダウンロードする(iPhoneオンリー)

 

ステークホルダーが豪華

GO!WALLETはかなり期待されているようで、メルカリの社長や有名なベンチャーキャピタルであるEast Ventureが株主になっています。

監査役に国内のベンチャー界隈では有名な投資家の松山大河さんもいます。

 

DAppsゲームという大きな市場で、かつ用途を絞ったシンプルなウォレットだけあり今後の動きも楽しみなウォレットアプリです。

 

❹. 信頼性重視

TrustWalletの公式サイト

Binanceに買収されたWalletととして話題になったウォレットアプリであるTrust Walletです。

Binanceはご存知かもしれませんが世界の中では大手の取引所です。取引高もよく世界一位になっていたりする取引所です。

 

Trustはイーサリアムとイーサリアム上で発行されたトークンの2万種を超えて取り扱えるようになるイーサリアム特化型のウォレットアプリです。

 

Trust Walletは端末に秘密鍵を保管するタイプのウォレットアプリです。

もう少し正確にいえば、アプリケーションのローカルフォルダに秘密鍵を保存できて、Gethで暗号化され、スマホ(端末)がロック解除された時しか秘密鍵を読み込めないようになっています。

 

Binanceの狙いは人が管理している中央集権的な今の取引所をウォレットの技術を使ってうまく連携して、今より分散型なサービスにしていくことだそうです。

そのためにTrust Walletが選ばれたということで、要するにサービスのインフラ的な部分としてTrust Wallet(開発陣などもひっくるめてですが)が認められたということになります。

 

企業からの信頼性ももちろん、定期的に調査会社や専門家にセーフティーリサーチをしてもらっているそうです。

例えば、Statefullという調査会社にTrust Walletをレビューさせていたりします。リンクは英語のPDFです。

 

こうした工夫からも信頼性は高い方ではないでしょうか。

 

操作もとてもシンプルになっています。

 

ウォレットを作成する手順もすごく簡単になっています。

 

Trust WalletはDAppsとの連携ができる

Trust Walletはイーサリアムの数多くのトークンを扱えるだけでなく、様々なDApps全般を取り扱うことができます。

先ほど紹介したGO!WALLETと同様に、Trust Walletアプリ自身をブラウザのように取り扱うことができます。

 

DAppsを特集していたりします。

GO!WALLETと違うのはGO!WALLETはゲームに特化していますが、Trust WalletはDApps全般になっているところです。

クリプトきティーズのようなDAppsゲームも含めて幅広く扱えます。

 

これからどんどん注目されていきそうなイーサリアムに特化したウォレットアプリですね。

 

取引所で管理はアリ?

取引所によっては取引所での放置管理も良いかと思います。ですが大きな金額であれば最低でもウォレットアプリを使いましょう。

本当はハードウォレットの方が良いです。

 

取引所と一重に言っても危険なワケではありません。

ウォレットアプリでも取引所でもホットウォレットとコールドウォレットの2種類があります。

 

インターネットに資産が接続されているかどうかが異なります。

コールドウォレットは完全オフラインのウォレットに当たります。

 

ウォレットアプリだからといってセキュリティ対策のなっていないホットウォレットだとその辺の取引所よりも危険な可能性があります。

ですのでよく分からないのであれば取引所に放置しておくのも一つの手になります。

 

例えば、国内ではコールドウォレットで顧客の資産を管理してくれる取引所が二つあります。

 

bitbank

Liquid by QUOINE

 

この2つになります。

この2つとも顧客の資産はコールドウォレット100%管理になっています。

 

bitbankの場合は公式サイトにもbitbankの取引所内で動く資産は、見かけ上は顧客の資産が動いていますが実際ではbitbankの資本金で動いていることが公言されています。

万が一、ハッキングが起こったとしてもbitbankの資産だけが奪われるということになります。(ただし、bitbankが倒産するリスクはあります)

 

bitbankの公式サイトはこちら

bitbankの評判を知りたい人はbitbank(ビットバンク)の評判 「良いvs悪い」口コミを集めて見たの記事を参考にしてみてください。

 

Liquid by QUOINEはセキュリティファーストを掲げている取引所です。基本的に顧客の資産はプライベートサーバーに保管されています。

そして瞬時に必要な分だけ必要なお金が動くような高性能なエンジンが搭載しています。

そのため万が一にハッキングが起こったとしても取引中の瞬間的な金額しかハッキングで奪われないと考えられます。

 

Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら

Liquid by QUOINEの評判を知りたい人は【 Liquid by Quoineの評判 】旧QUOINEXの実態を口コミで紹介の記事を参考にしてみてください。

 

このように、取引所そのものを”タダで自分の分まで安全に管理してくれるサービス”という捉え方でみたときに、bitbankとLiquid by QUOINEは良い選択肢になると思います。

ただし、自分で管理しておきたい気持ちがある人はウォレットアプリを使いましょう。

 

おすすめのイーサリアムウォレットアプリを用途で選定 まとめ

おすすめのイーサリアムウォレットアプリを用途で選定 まとめ

イーサリアムのウォレットアプリはビットコインよりも盛り上がっています。

開発者している人は増えていますが、イマイチ特徴的なアプリとなるとかなり数が絞られてきました。

 

今回紹介したアプリは特徴がハッキリしていて紹介しやすいものでした。

ぜひ、自分の使い方にあったウォレットを選んでみてください。

 

今までのハッキングのほとんどは取引所発のものばかりです。ウォレットアプリをみんなが扱うようになるだけで大幅に被害額は抑えられるかもしれませんね。

少し話はそれますが、仮想通貨のハッキングは世界的に見ればそんなに大したことはありません。

 

実際に被害にあった人が聞くと「ふざけるな」となってしまうかもしれませんが、実際にサイバー犯罪の全体的なマーケットを見れば明らかです。

仮想通貨は安全なのか サイバー犯罪から見る仮想通貨の安全性と対策という記事で仮想通貨の犯罪はどれくらいの脅威なのかを解説しています。

 

ちなみに今回紹介したGINCOに関してはウォレットアプリGincoとは 実際に触りながら使い方まで解説してみたの記事で紹介してるのでぜひ読んでみてください。

ウォレットアプリGincoとは サムネイル

ウォレットアプリGincoとは 実際に触りながら使い方まで解説してみた

2018年7月4日