5分でおさらい!ADKのメリットデメリット~メリット編~

これを読めば理解できるADKの全貌!イナゴ買い卒業のマスト知識を網羅

これを読めば理解できるADKの全貌!イナゴ買い卒業のマスト知識を網羅

この記事で初めてADKを調べていく人でも基本的な知識が知れるように取り扱ってみました。今回はこの記事の情報をベースに独断と偏見でメリットとデメリットを説明してみたいと思います。今回はメリット編ということでADK買いをプッシュする記事にしてみました

 

こちらはデメリット編です

5分でおさらい!ADKのメリットデメリット~デメリット編~

 

話題性が高まっている

テレビや雑誌、SNS上で話題性が高まっているADKです。

 

買いたい人が多いので2018年1月18日の18時に再開予定がアナウンスされていますが一気に人が集まることを考えるとサーバーが落ちる可能性は高いかと思います。取引所がサーバーダウンするほど人が買い入れるのってすごいですね。。

 

コミュニティの結束が強い

開発者のリーダーシップがとても強く、人望に厚いです。また過去に計画してきたことはほとんど有限実行してきました

技術的にうまくいくかもわからない中、借金してでも買いたいと軍資金のほとんどを費やしてでも買いたいと思わせるのは普通の熱量ではありえません。それだけに買いたい人たちの熱量が半端なく伝わっています。この記事を書いている18日の16時現在ではまさにバーゲンセール待ちの行列といった感じです

草猫店長
再開前に煽る感じにしたくなかったので本当はもっと早く記事を書く予定だったけど寝過ごしてダメになったにゃ〜

 

 

豊富な好材料

ADKは銀行を買収してオフショア銀行を買い取ろうとしています。仮想通貨業界の中で、銀行まで買収しようとするのはADK位しか聞いたことがありません

2017年12月31日時点では15%の株式を取得していました。今後40%まで取得していく方針だそうです。

巨大な市場

ADKが狙っているマーケットは270兆円以上ある市場です

 

前回の記事を引用

ADKがタックスヘイブンの市場を拡大させる

2018年1月18日現在の仮想通貨の市場でも50~90兆円程度と言われております。270兆円の内10%でも市場を獲得すれば27兆円です。現時点での仮想通貨の市場の半分でも獲得できればADKの存在は世界的に見ても無視できません。

それに加えて新しい租税回避の手法にもなりえます。今までは巨額の資金のある組織や個人がオフショア関連の専門家や特別な人脈でもってマネー回避をしていました。しかしADKの手段がもし敷居の低いものになれば今まで参入できなかった富裕層の新たな参入によって市場そのものが拡大するかもしれません。ADKの利便性次第ですので未知数です。

Coinmarketcap調べでは先日の急落もありますが市場は60兆円ほどになっています。ADKは現時点での仮想通貨よりも大きな市場を狙っています。同じマーケットを狙うライバルはほとんど不在の業界です。ひとり勝ちになれるポテンシャルは非常に高いと言えます。

 

ブロックチェーンの欠点を補う技術

ADKで用いられている技術のDAGは送金者自身がマイナーの役割を果たす仕組みとなるため取引手数料無料にを実現しています。

ビットコインで叫ばれているトランザクション問題も回避できる技術になっています。

 

結論

知っている人は知っている通貨、ADKですが富裕層をターゲットにしている通貨で、かつ部分的にはビットコインを超える技術を用いていてホープ感が凄まじいコインです。草コインの中で捨てたと思って買うコインの中ではかなり有望なコインではないでしょうか。

 

関連記事

5分でおさらい!ADKのメリットデメリット~デメリット編~

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください