【 Web3.0とは 】ブロックチェーンが普及した日常とWeb3.0の世界観

【 Web3.0とは 】ブロックチェーンが普及した日常とWeb3.0の世界観 サムネイル

Web3.0という単語を発見してなんだか凄く個人主義の世界になっていくみたいだ。でも、いまいち今の日常から会社がなくなって個人同士の世界が広がるのかわからないぞ。

 

Web3.0の時代とブロックチェーンは大いに関連しています。

そこでWeb3.0とは何かについて取り上げようと思いました。

 

この記事はブロックチェーンやビットコインの仕組みについて基本的なところがわかっている人に向けて発信しています。

いまいち、分かっていないという人は超分かりやすい動画に基づいてビットコインの仕組みを簡単に図解説したを見れば図解やGIF動画と一緒にブロックチェーンの動きが理解できるようになりますよ。

 

Web3.0は非中央集権化がされた世界観です。

ですが、一気に今までのインターネットスペースが生まれ変わるものでもありません。どちらかといえば、上に新しい層としてWeb3.0が乗っかる感じです。

 

過去のWeb1.0、Web2.0と比較しつつ、Web3.0とは何かとブロックチェーンとWeb3.0の関わりについて見ていきたいと思います。

 

ビットコインバーゲン人気取引所ランキング
ビットコインバーゲンの記事を読んで、仮想通貨取引所に登録した方の統計を元に人気ランキングを作成しました!

Rank1位1位:GMOコイン

  • 【送金手数料が無料】初心者でも自然に扱いやすくて送金手数料が無料なのに販売所の手数料は最安値のGMOコイン。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ

Rank2位2位:bitbank

  • 【XRP最強の取引所】100%コールドウォレット管理の世界水準セキュリティでテクニカルトレードが可能!ビットコイン貸付で強制ガチホもできるのはbitbank。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ モナコイン ロゴ 

Rank3位位:Liquid by QUOINE 

  • 【QASH買える】法人向けに最適化したセキュリティを誇るLiquid。プロ投資家も納得の国内一位の取引高。世界で唯一無二の「ワールドブック」を扱えるのはLiquidだけ。

仮想通貨の送金手数料 説明画像13 ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ

Web3.0とは

純粋なWeb3.0の世界とは皆さんのご存知の様々なインターネットサービスが純粋な意味で1対1のやり取りができるようになった世界です。

 

純粋な意味で1対1のやり取りとはどういう意味でしょうか。今はAirbnbを利用する時は、Airbnbの仲介を通して民泊しています。

 

ここからAirbnbを取り払ってしまうとどうなるでしょうか。純粋に1対1でやり取りができますよね。

この歯車はシステムだけがそこにあるという意味です。1対1でやり取りするためだけの仕組みがそこにあるだけになります。

 

従来まではお金のやり取りが発生して、管理する組織がない中でお金のやり取りができる仕組みがなかなかありませんでした。

ですが、ブロックチェーンが登場したおかげで、管理者不在でも誰がどう見ても信頼できる通貨のやり取りの取引履歴を生成することができるようになりました。

 

純粋な1対1のやり取りに一気に近づいたということですね。Web3.0の一番基本的な部分です。

 

Web1.0とWeb2.0、Web3.0とは何が違うのか

Web1.0

Web1.0の場合は、技術者が一方的に情報を送っていました。

発信はHTMLとかCSSといった基本的な言語がメインでした。著名人だとCAMPFIREの家入一真さんやオモコロのヨッピーさんなどがもっと若い頃に触れていた世代ですね。

当時はニッチな世界でして、コンテンツを発信している人たちは濃い人が多く活気がすごかったそうです。

 

サイトも今のようにボタンをぽちぽちするだけで制作できるわけもなく、コードを書くしか発信できませんでした。

そのため送り手というのは限られていました。こういうアートを作ったんだよ!といってそれを見た人が「じゃあ僕も!」といって交換はできませんでした。

画像を開くのに丸々1日かかったらしいです。

 

Web1.0の濃い人が集まる時代の空気が伝わってくる面白い記事があります。オモコロのよっぴーさんが書いた記事です。

【侍魂】インターネット古参が泣いて喜ぶ「テキストサイト同窓会」やってみた【兄貴の館】

登場する人のキャラも濃いです。

 

Web2.0

Web2.0の場合はまさしく今のままなので特に説明は必要ありませんね。

お互いに画像の交換とか、作った作品を技術を意識しないでやり取りできる世界です。

 

初期の頃はであれば携帯小説なんかが流行りました。ガラケーが流行っており、ブログというものも流行り始めました。

今はYoutubeなどの動画もノートパソコン一台で編集できるようになり、簡単に作品を公開できるようになりました。

 

サービスを介して個人同士で仕事を引き受けることも可能になりました。

 

Web3.0

先ほどの解説と重複するところはありますが、Web2.0でできていたことをより、純粋な1対1で行えるようになります。

 

Youtubeでとても人気だったYoutuberがYoutubeの気分次第で突然、アカウントを停止されてしまうことがありました。

Twitterで他と比較して健全なツイートをしていた人が突然停止されたりしました。

 

なんだかんだ仲介者に監視されていて、本当の意味で純粋にやり取りで来ないんじゃないかという風潮になってきたのが最近です。

Web3.0では間に人が監視しておらず、ただただ自動販売機のようにやり取りできる仕組みがそこにあります。

事前にルールもみんなに分かっているので透明になっていて、純度の高い1対1のやり取りができるようになります。

 

Web3.0とブロックチェーンとの関わり

Web3.0は1対1でやり取りを行える世界です。ではブロックチェーンは何でしょうか。

ブロックチェーンは技術です。Web3.0を実現するための裏方的な立ち位置になります。大黒柱でもいいかもしれません。

 

ブロックチェーンとはそもそも何ですかと言われると、自動で取引履歴をつけてくれる台帳です。自動で取引履歴をつけてくれるだけなら今までのデータベースでも可能です。

 

ですが、ブロックチェーンはただの台帳ではなく、世界中の誰が見ても整合性がついていると認識される台帳のシステムです。

この人が管理していないにも関わらずに不正されていないと認識してもらえる特徴を現実のサービスに当てはめて行った先がWeb3.0の世界になります。

 

Web3.0の世界は何が嬉しいの

純粋な1対1で取引ができるということは業者が間からいなくなることにです。そのことによるメリットを3つ挙げます

Web3.0のメリット
❶. 業者の手数料がなくなる

❷. お金と関係ないことでも取引できる

❸. 業者の都合に振り回されない

 

「❶. 業者の手数料がなくなる」

このことによるメリットは大きいです。アフリカでAirbnbをやっている男性が、Airbnbの手数料とは別にドルから現地の通貨に両替すると、ほとんど手元に残らなくなるようなことが話題になったことがあります。

また、ライバルの少ないWebサービスなどでは高い手数料を取ることも多いです。

 

例えば、タイムチケットという自分の時間を切り売りするサービスは20%の手数料を取るものでした。

ただプラットフォームを用意するだけで20%の手数料はどうかと思います。

 

「❷. お金と関係ないことでも取引できる」

通常、お金を介してモノを交換しますが、お互いが了承すればお金がなくても良いでしょう。

物々交換も可能になるかと思います。

 

業者を通すとどうしてもお金を介さないといけないですからね。

医薬品や現金そのものなど、仲介させてはならないものが検閲できなくなったりするのでそこは仕方がなかったりします。

しかし個人間であればもっと柔軟にお金以外のものを使って交換も可能になるでしょうね。

 

「❸. 業者の都合に振り回されない」

Twitterアカウントやメルカリのように、多くの人が不当だと思えるような理由でアカウントが潰されることがあります。

プラットフォームで培ってきた評価も全て泣き寝入りしないといけなくなります。

ですが、人が介在していないプラットフォームを利用していればそんなことは無くなるかと思います。

 

また、業者は個人情報を求めています。個人情報の中から人が欲しいものを分析できるからです。

ですが個人データは本来、個人のものですからそれを扱う権利を持っているのは個人のはずです。

 

個人が業者の都合でデータを奪われない世界になります。

 

Web3.0が普及すると人の行動が変わる?

1対1でやり取りが可能になるということ管理人が不要になることだと説明しました。

管理人が不要になるということを現実世界へ置き換えるとどうでしょうか。

 

管理人と聞いて代表的なのは会社ですよね。プロジェクトマネージャーなど特にそれです。

ですが、プロジェクトマネージャーが存在しない世界になったらどうなるでしょうか。もしくは部長クラス、幹部クラス、最終的に社長もいなくなったとしらどうでしょうか。

 

残るのは現場の人だけになります。

 

ですがあくまでブロックチェーンが変えられるのはWebサービスくらいだろ。って言われると実際そうです。

ですが、Webサービスで完結する類の仕事って結構あります。特にエンジニア系の小さなプロジェクトなどはそうではないでしょうか。

管理する人なしで仕事が周るようになるでしょうね。

 

フリーランスが大量に増える

管理人が不要になるということは会社が不要になるということです。

少し短絡的ですが単純化するとそうです。会社が少なくなれば個人で仕事をするしかありません。

自ずとフリーランスが増えますよね。

 

フリーランスが増えると場所を移動する人が大量に増えると思います。そうするとグローバル化は一気に加速していくでしょう。

 

良くも悪くも超実力主義と超自己責任の世界

Web3.0の世界は自由な気がしますが一方で実力主義の世界でもありますし、極端な自己責任の世界にもなります。

教えてくれる人もいないのに、会社の看板が無くなるので実技でしか価値を提供できません。

 

学歴などの価値は下がってしまうでしょう。学歴というのは管理しやすい人材かどうかを判断するのに有効な材料であり、価値を提供できるのかとは関係ないですからね。

 

また、後ろ盾がありませんので責任は全て自分に飛んできます。

ですが上司は不要なのですからそれは当然です。

 

それに気が付いた人たちがどんどん上司不要でも周る、自発的に動くコミュニティを作っていく流れなるのが普通で、コミュニティが成熟してくるとフリーランスが一気に増えると考えられます。

 

自己責任の世界でグローバル化

グローバル化もしますので日本国内で粘る人と海外に混じっていく人で2極化すると思います。

今の韓国で起こっている国外流出が日本でも起こるように思います。

収入に関しても付加価値の低いとインド人と戦ったりする必要があるかもしれません。

 

世の中が仕事の面でもフラット化してしまうということですね。

フラット化すると物価の低い国の人は恩恵を受けやすくなりますが、先進国の人たちにとっては上手な立ち回りが求められるでしょう。

 

今の生活水準を維持し続けたいのであれば世の中のトレンドを一足先に掴んでおく位のことをしないと難しいかもしれません。

また、どこかのタイミングで英語を交わしたプロジェクトに参画して置かないと日本の優位性で今は絡んでくれている外国人と今後も一緒に仕事してもらえるかわかりません。

 

一方で国内に残っている人たちはおそらく国家主義的な人になっていくと思います。「日本は日本、海外は海外」みたいなやつですね。

 

経済圏を選べる世界

日本の文化を全面的に愛している人であれば国内を盛り上げる選択を取ることで良いかと思います。

一方で日本の働き方が辛い人などはグローバル化の波に乗れず、日本らしさを追い求める人たちと相性が合わないのであれば辛いだろうなあと思います。

 

逆にうまくフリーランスとして自分のポジションを確立できた人たちで場所の移動が盛んに行われると思います。

 

スペインの楽天的な生き方を追い求めてスペインに移住するエンジニアだけが集まるコミュニティ。

最低限のお金はインターネットで稼ぎながらブツブツ交換で暮らすコミュニティ。

紙幣を一切使わないで生活するクリプトビレッジのコミュニティ。

 

そうした国ではなく、活動がある場所を選んで場所を自由に選ぶ時代が起こると思います。

個人は場所に対してはどうでもよく、活動が起こっている経済圏に属すことの方に興味を持っていくようになります。

 

実際にどうなるかはわかりませんしあくまで私が「ジャックアタリの21世紀の歴史」などを読んで今のブロックチェーンのプロジェクトを見てきた中で思う未来です。

それでも少なくともフリーランスは一気に増えていくかと思います。

 

現実はWeb2.0と相互関連していく世界

さて、Web3.0の話を少し広げすぎました。ただ、Web3.0とそれを取り巻く世界観は少しはイメージできたかもしれません。

 

次にWeb3.0になったからといってWeb2.0がなくなる訳ではないということを解説していきます。

 

よく、Web3.0になると(ブロックチェーンの未来が訪れると)何でもかんでも管理組織がいなくなる世界がくる!と思われそうですが実際はどうでしょうか。

 

技術の面

人間の面

 

この2つでWeb2.0とWeb1.0の世界は無くなることはないと思います。

 

そもそも他人に管理されない世の中って本当に良いと思いますか?

ある程度は自分より経験豊富で厳しい上司からビシバシ本当のことを教えてもらいたい。そういう人も少なくないと思います。

子供の頃から人は誰かに管理されて生きているのですから完全に自由なのもそれはそれで居心地悪いと感じる人も少なくないと思います。

 

そうした人の面でもWeb2.0的な世界観を残っていく考えます。

 

技術の面でも、いくらブロックチェーンが自動で企業がやってくれたことを代行してくれるといっても限界はあります。

Web3.0を支えるブロックチェーンの技術的な障壁は何でしょうか。

 

えばですが、1個につき10GBを超えるようなデータを扱うマーケットでは今の技術だとブロックチェーンの持ち味を生かしにくいです。

ブロックチェーンが分散型なのは管理する人たちが皆、今までの取引履歴データを全て保有していることにあるからです。

(もちろんファイルストレージのWeb3.0のサービスと連携したりして解決される可能性もあります)

 

全ての取引履歴の容量が天文学的な数値になっていて、それを管理する人の一人一人データを管理しないといけないとかなるととても誰でもお気軽にできるものではなくなります。

分散して保管できないということですね。

 

あくまでこれは一例ですが、ブロックチェーンだからといって万能ではなく、万能でないところはこれまで通りWeb2.0の世界観が残っていくと考えられます。

 

Web3.0は現実世界にまた一歩近づいていくバージョンアップ

Web2.0、Web3.0とバージョンアップをしていく毎に、インターネット上での人と人同士の垣根がどんどん低くなっています。

これはインターネットで生身の人間同士のやり取りに近づいているからだと思います。

 

人と人が純粋にやり取りできることって、現実世界でやっていたことの延長線ですよね。ということはWebの世界というのはある意味、現実に近くためのバージョンアップとも言えるかもしれません。

 

このままWeb4.0、Web5.0と近くたびにどんどんバーチャル空間も現実空間も同じであると考える人が増えてくると思います。

そうした未来を考えると面白いですよね。

Web4.0はもっと哲学とかビジョンとかの抽象的なところに関わっていくような気がしてます。

 

Web3.0とは まとめ

Web3.0を理解する上でブロックチェーンの理解はほとんどマストだと思います。

間の仲介業者や組織がいなくなる、このことを表面的に理解はできるかもしれませんが、どのような形で自動化が計られるのかは意味がわかりませんよね。

 

難しいそうだななと思うかもしれませんが別にコーディングの知識がなくてもある程度の仕組みはわかります。

 

手前味噌ですが、私が表面的な部分だけでなく分かりやすく、ブロックチェーンの一番基礎であるビットコインについて解説した超分かりやすい動画に基づいてビットコインの仕組みを簡単に図解説したがあるので読んでみることをオススメします。

超分かりやすい動画に基づいてビットコインの仕組みを簡単に図解説した

2018.11.10

 

ブロックチェーンのことについて網羅的に知りたいという人は下の記事にブロックチェーンの関連技術に関する解説もあるので読んでみてください。

ブロックチェーンとは ~やさしく仕組みを覚えて仮想通貨を楽しむ~という記事になります。