楽ラップの利回り 実績を集計 下落ショック機能がついたロボアドバイザー

楽ラップの利回り サムネイル

今回は、まだ仮想通貨の扱いはありませんが先立ってロボアドバイザーとしての楽ラップとはなんなのか、そして「 楽ラップの利回り 」についてを解説していきたいと思います。

 

どうも仮想通貨でロボアドバイザーの登場を待ち望んでいるものです。このブログは仮想通貨専門です。

 

大きな利益はなくても低リスクで資産形成したい

ロボアドバイザーは面白そうだけど損はしたくない

 

関係ないじゃん、と思う方もいるかもしれませんが、仮想通貨ブログを本気で運営していった人の視点としての解説もありかなと思って試しに記事にしています。

 

さて、

「楽ラップって実際は利益はちゃんと出るの??」

と思っている人も多いと思います。

 

この記事では運用実績を公開している人のデータを集めてみました。

この記事を読めば、楽ラップのリスクや楽ラップがどのくらい利回りになるのかを把握できるようになります。

 

銀行にお金を預けていても金利 0.1% の時代の資産戦略としての楽ラップは良い選択になるかと思います。

 

それでは解説していきましょう。

 

ビットコインバーゲン人気取引所ランキング
ビットコインバーゲンの記事を読んで、仮想通貨取引所に登録した方の統計を元に人気ランキングを作成しました!

Rank1位1位:GMOコイン

  • 【送金手数料が無料】初心者でも自然に扱いやすくて送金手数料が無料なのにスプレッドも安いGMOコイン。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ

Rank2位2位:bitbank

  • 【XRP最強の取引所】100%コールドウォレット管理の世界水準セキュリティでテクニカルトレードが可能!ビットコイン貸付で強制ガチホもできるのはbitbank。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ モナコイン ロゴ 

Rank3位位:Liquid by QUOINE 

  • 【QASH買える】メルカリに次ぐユニコーン企業の取引所Liquid。プロ投資家も納得の国内一位の取引高。BNB同様に実利用で期待のQASHを購入可。

仮想通貨の送金手数料 説明画像13 ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ

さっそく公開!楽ラップの平均利回りは 3.24%

さっそく公開!楽ラップの平均利回りは 3.24%

 

  1. Aさん(お金メディア) 1年間あたり 10.8%
  2. Bさん(ポイントサイトブロガー) 1年間あたり 4.83%
  3. Cさん(楽ラップ専門ブロガー) 1年間あたり 11.1%
  4. Dさん(投資ブロガー)7ヶ月あたり 8%
  5. Eさん(日常ブロガー) 7ヶ月あたり 0.23%
  6. Fさん(ライフスタイル系ブロガー)18ヶ月あたり 0.32%
  7. Gさん(主婦ブロガー) 10ヶ月あたり 5.94%
  8. Hさん(雑記ブロガー) 1年あたり 9.5%
  9. Iさん(節約メディア) 7ヶ月あたり 8%
  10. Jさん (30代雑記ブロガー) 5ヶ月あたり 2.9%

 

全体的に伸びている報告がほとんどでした。平均利回りは別にしてTHEOとウェルスナビよりプラスの報告が多い気がしました。

 

平均利回りはウェルスナビは 10% 、THEOは 3.72%、楽ラップは 3.24% でした。

あくまでも少ない統計なのと、 2017年度の株価調整にかぶったタイミングでブログを公開している人の場合とでバラツキがあるので参考程度ですね。

 

ただし、全体を調べて感じたことは、ウェルスナビは利回りは高いけどマイナスの人もそこそこいる。

THEOは目標の数値である 5% に対して他より堅実に近いている。

 

楽ラップは急な下落に対して強く固い。

 

このように特徴が違うという所感でした。

 

THEOもウェルスナビもですが 2017年度末 に起こった株価調整で今まで10%以上の利回りで好調だった人も 10%未満 へ一月で利回りが減っていました。

 

以上を踏まえて「とりあえず損は極力避けたいな」という人にベストなのは楽ラップですね。

 

楽ラップ以外のロボアドバイザー

 

楽ラップ以外にもTHEOやウェルスナビが有名なロボアドバイザーになります。

THEOもウェルスナビのどちらもベンチャー会社ですが、楽ラップは大手の楽天証券からの

 

楽ラップの投資の無料診断は心理テスト

楽ラップの投資の無料診断は心理テスト

楽ラップの無料診断は心理テストにとても近いです。面白い質問が全部で16個あります。

回答結果もリスクに対する気持ちの5段階で教えてくれます。

 

その辺の2、3問だけ回答する心理テストよりも面白いです。

 

THEOやウェルスナビの質問は  ” いかにも投資 ” という内容です。

楽ラップの場合は買い物に関することだったり、交流会でおこなう行動だったりです。

 

心理テストと言うより、本当に心理学(なはず)にもとづいてベストな投資方法を教えてくれています。

 

楽ラップの投資の無料診断は心理テスト2

画像のようなあなたに合う運用コースを教えてくれます。面白いので暇つぶしにもどうぞ。

楽ラップで無料診断をやってみる

 

仮想通貨と比べると利回りは低い

仮想通貨ですが、年利5%は低すぎるように感じてしまいます。(感覚麻痺)

10倍、100倍が普通に起こっている世界ですから当然ですね。

 

ただ逆にいえば、1/ 10、 1/ 100 にまで資産が減少する世界でもあります。

そして現状ではロボアドバイザーやインデックスのような形でほとんど仮想通貨を投資できる準備が始まったばかりの段階です。

 

堅実にコツコツと資産を増やすのであればロボアドバイザーは良い選択です。

 

楽ラップの手数料は?

楽ラップはTHEOとウェルスナビと比較して手数料がとても低いのが特徴です。

 

年間あたりの資産に対する手数料

 

1000万以下 = 手数料 0.54%

1000万~5000万 = 手数料 0.486%

5000万~1億円 = 手数料 0.432%

1億円以上 = 手数料 0.378%

 

THEOとウェルスナビの場合は 3000万円 までは 1% 、3000万円 を超えた分は 0.5% が年間の資産に対する手数料です。

 

やすいのですが、これに投資顧問手数料がかかります。

一番高くなっても 0.99%以下 の合計手数料ですむのでいずれにせよTHEOやウェルスナビよりも低い数字ですね。

 

実は手数料を選べる楽ラップ

上の手数料は基本的な固定手数料です。

希望であれば成果手数料を選ぶことができます。

 

成果報酬の場合は 0.59%(最高) + 運用益の5.4%です。

 

例えば 1年間 で 100万円 が 105万円 になって 5% の利益が出ました。

 

手数料は

( 105万円 x 0.59% ) + ( 5万円 x 5.4% ) なので

合計で 6195円 + 2700円 = 8895円 が手数料になりますね。

 

この場合も0.9%以下の手数料なのでTHEOやウェルスナビの 1% よりも安くなります。

 

楽ラップは下落に強い運用を選べる!

楽ラップは下落に強い運用を選べる!

TVT(下落ショック軽減機能)とよばれる大幅に価値が下がった場合に最小限に損益に減らしてくれる機能があります。

利回りは他社より少し低めですが、リスクヘッジに強いのが楽ラップの特徴です。

 

TVT機能を使うと利回りは少し悪くなりますが安全さが増します。

 

TVT機能をつけない運用コースを選ぶことができるので、全体的にプチバブルが訪れてきたタイミングでTVT機能を外すこともできます。

 

楽ラップで最初は、リスクをとことん抑えて運用して、様子見後に運用コースを変えてリスクとリターンの高い方法を選ぶ人も多いです。

 

楽ラップは10万円から始められる

楽ラップは10万円から始められる

10万円から分散投資を体験できます。

初めて見た人の 63% は最初は 10万円 以下から入っています。

 

筆者も様子見は大切だなあと思うので始めるのであれば少額で回してみると良いと思います。

税金の計算は楽天がやってくれる

 

楽ラップは運用を定期的に見直してくれる

楽ラップは運用を定期的に見直してくれる

楽ラップは株式と債権やREITで資産の分配を決めてくれます。

最初に決めた運用コースでも定期的に見直してくれます。

 

おおよそ3ヶ月に一度の短中期的な見直しと年に一度の長期的な見直しの二回で見直しがあります。

希望であれば自分で運用コースの変更もできます。

 

楽ラップの口コミ

最初に楽ラップを初めて、他のロボアドバイザーを始める人もまあまあいました。

 

楽ラップの利回り まとめ

楽ラップはTHEOやウェルネスナビに比べるとローリスクローリターンな印象です。

THEOは「世界」の投資に強くて、ウェルスナビは総合的にバランス取れていて、楽ラップはリスクを抑えつつ始めてみたい人にピッタリですね。

 

ロボアドバイザー自体はまだ出てきて間もないです。

最初はローリスクな楽ラップから初めて他のロボアドバイザーにも手をつけるとかなりリスクヘッジできますね。

 

銀行に寝かしておくのはミドルリスク&ノーリターン

銀行に寝かしておくのはミドルリスクでノーリターン

少なくとも銀行に寝かしておくのは持ったいないです。

日本の通貨の価値自体が今後どうなるのかについては本当にわかりません。

 

仮想通貨(ブロックチェーン)について半年間、毎日考え続けてきた筆者ですが、国によってはハイパーインフレがしょっちゅう起こる国もあります。

 

日本だけが安全というのは間違いなくリスクの高い心構えと言えます。

 

日本円のお金を持っていることはそのまま、「 日本円に投資している 」状態と変わりません。

世界を回ったこともある筆者ですが、新興国の勢いと日本の勢いを見ていると危機感しか覚えません。

 

IT産業もいつの間にかアメリカから中国がメイン市場に変わっていっています。

CtoCサービスのメルカリも中国の企業から経営を学んでいます。

 

それを知っていても日本円を選ぶというのは人それぞれの選び方で良いとは思います。

 

ですがせっかくリスクをとって「 日本円に投資 」しているのに銀行ではリターンが得られないというのはどうなのかなと思ってしまいます。

 

暴落の可能性も確実にあるので、国内外に通貨を分けて預けることは良いリスクヘッジになります。

 

この記事を読んでいるような賢い方はすでに対策を考えていると思いますが、一つの選択肢として楽ラップで分散投資は良い選択だと思います。

楽ラップで無料診断をやってみる

 

リスクを抑えながら仮想通貨を始めたい!という人におすすめなのがZaifのコイン積立です。

 

リスクヘッジとしての仮想通貨をやってみるならZaifコイン積立

Zaifコイン積立 サムネイル画像

【Zaifコイン積立】仮想通貨で堅実に資産を増やせる方法と積立銘柄を解説

2018年2月14日