ビットコインでパラボリック陽線・陰線の見方と設定方法を解説してみた

ビットコインでパラボリック陽線・陰線の見方と設定方法を解説してみた サムネイル

「パラボリック線って良さそうな感じがするけどビットコインで使う場合、どうやって使ってみるのか分からない」

「実際のエントリーポイント、イグジットポイントはどうすれば良いのだろう」

 

パラボリック線で売買する場合はとてもシンプルです。

パラボリック線の画像

陽線へ途転(ドテン)したら買い、陰線へなら売りです。

「でもそれは分かっているけどもう少し具体的な内容が欲しい」って思ったかもしれませんので読み終わった頃にはもっと腑に落ちるように解説しました。

 

この記事の信憑性

これまで400記事に渡り、積立投資をメインとしつつ少額で信用取引をする方法をおすすめしてきました。
逆イールドやGE粉飾決算といったようなファンダメンタルの最新情報にも目を通しつつテクニカル分析の解説も行なっています。
半年間にわたり特に「エリオット波動」と「フィボナッチ」は自動売買の設定調整によく使っています。

 

パラボリックは陽線へ途転(ドテン)したら買い、陰線へなら売り

RSIを考案したJ.W.ワイルダー氏が開発したパラボリックです。トレンド追随型のテクニカルとも解説されます。

実際にビットコイン(BTC/USD)へ引いてみました。青い矢印が買い、赤い矢印が売りです。

パラボリック陽線と陰線と売買シグナル1

今度は矢印ではなく点線に注目して欲しいのですが、上昇(陽線)と下降(陰線)の切り替わりのところで窓が空いています。そこが転換点になります。

パラボリック陽線と陰線と売買シグナル2

J.W.ワイルダー氏はダマシを考慮して売買するためにはDMIのADX(トレンドの”方向”ではなく”強さ”)を意識したテクニカルが有効であると研究してパラボリックを開発しています。

パラボリックの利点

・シンプルで使いやすいです。

・一目でトレンド把握できます。

・値動きの大きな相場で有効になりやすい。

使い方は解説するまでもなく、ビットコインのパラボリックの転換点で売買すれば良いだけです。

揉み合いが長い相場だとパラボリックはうまく機能しません。仮想通貨のようにある程度のボラティリティのある相場と相性が良さそうです。

 

途転(ドテン)まである程度の長さが欲しい

BTC/USDの15分足でパラボリック線を引いてみた画像です。見た感じで効いているようには見えませんね。短すぎるとボラティリティが高すぎてダマシが多発しているように見えます。

15分足でのパラボリック線1

15分足になると短い時間で陽線と陰線の切り替わりが早かったり、唐突な買いで極端に窓が開いていてトレンドが弱かったりしています。

15分足でのパラボリック線2

 

時間足に限らず、銘柄によっては長い時間足でも未成熟な相場だとトレンド自体がうまく形成されずにパラボリックを活かせないことがあります。

 

パラボリックの計算式

三つの要素で計算しています。①SAR、②EP、③AFの3つです。

SAR=(EP−前日SAR)×AF+前日SAR

これだけみても分からないと思いますが、この記事では細かいところは解説しません。概要を把握できる程度にさっと解説します。

 

①SARは放物線の値です。放物線を計算するためにEPとAFを使います。

②AFは加速因子と呼ばれる値です。AFの値が0.02からスタートして、0.2を超えると切り替わります。

③EPは陽線ならその放物線の中での最高値、陰線ならその放物線の中での最安値のことになります。

EPが更新されるとAF(加速因子)が0.02から+0.02になります。加速因子は0.2までなので9回連続で最高値が更新されたらAFが0.2となります。

 

パラボリックの設定方法

それでは実際にパラボリックを引いていこうと思います。使っているツールは世界中でおそらく最も使われているであろう、かつ国内プロトレーダーもよく使っているTradingViewを用います。

この記事をみながら実践する行動の早い人はTradingViewの公式サイトへ行って登録をどうぞ(登録なしでもできます。ただし設定が消えます)

画面を開くと注意点や広告などが表示されますが画像はそうしたものを消した段階です。広告などはバツ印を押して消しても問題ありません。

 

①. 画像の通り、波マークをクリックするところまで進みます。

実際に一目均衡表を引いてみる1

②「パラボリック」と検索して、出てきた「Parabolic SAR」と「Parabolic SAR Strategy」の両方をクリックしましょう。

パラボリックとTradingViewで検索する
草猫店長
「Parabolic SAR Strategy」は売買ポイントの矢印を出現させる指標だにゃあ。

するとパラボリックを設定することができました。基本はデフォルト設定で良いと思いますが、時間軸によって変えてみると別の発見もあるかと思います。

パラボリックの不要なウィンドウを閉じる

これでパラボリックの完成です。

TradingViewでのパラボリック設定の完了

 

雲(一目均衡表)と一緒に使ってみた

パラボリックと一目均衡表(雲)1 パラボリックと一目均衡表(雲)2

パラボリックのSARも陰線となっており、雲も少し分厚いため下落トレンドはもう少し続きそうです。パラボリックは他のトレンドと合わせやすい方だと思います。

 

もう少し一からTradingViewの使い方について知りたい人は仮想通貨でテクニカル分析のやり方をおすすめチャート分析ツールで紹介の記事がTradingViewってそもそも何だよというところから解説していてわかります。

 

パラボリックの実践者の声

 

掲示板の声

2ch?か何かの掲示板の口コミをまとめたパラボリック手法が最強から一部引用してみました。色々な使い方があります。

通貨により、時間足により、でばっちり決まるの有るよな
逆に同じ通貨でも騙し多発の時間足も有るし

 

パラメ~タ~次第で微妙に変わるな。
トレンド見抜いてシンプルイズベストで使えば最強

 

騙されたら即損切りすればいいでしょ。
綺麗な山谷が出来る通貨でやれば騙しは少ないはず

 

パラボリックとの組み合わせは何が良いかな?ストキャス辺りかな?
パラボリック反転~ストキャス反転~みたいな
後ボリバン反転~
移動平均線抜けた~
MACDクロスした~

 

利食いの目安はパラボリックで。
薄利防止に使えるな

 

ビットコインでパラボリック陽線・陰線の見方と設定方法を解説してみた まとめ

ビットコインでパラボリックを使うことができるようになったかと思います。

パラボリックのまとめ

・パラボリックの放物線(SAR)が陽線と陰線とで途転(ドテン)して入れ替わったらエントリーポイント

・トレンドを一目で確認できるので利確ポイントを探しに使ったり、他のトレンドと合わせて使いやすい。

・ただし時間足が短すぎるとダマシが多くて使えないので注意が必要

 

便利なのでぜひ、実践していない人は実際に引いてみてください。