仮想通貨の投資 全部で方法は12種類!ビットコインで儲かる手法とは

仮想通貨の投資 サムネイル

仮想通貨の投資 は様々なスタイルがあります。今回は筆者が見つけたものを全てまとめてみました。

 

2017年から年間で数十倍、数百倍ととんでもないスピードで成長した仮想通貨です。

その間、様々な投資スタイルが編み出されました。もともと投資に経験のある人たちは投資経験の延長線の手法で仮想通貨トレードを試みていました。

 

「仮想通貨の投資 でいろんなやり方がたくさん出ているけど結局、どのくらい投資法ってあるの?」

 

筆者もいったん仮想通貨の投資法については整理をしたいと思いこの記事をまとめてみることにしました。

 

そうしたところ、なんと仮想通貨だけで合計で12種類の投資法、投資スタイルが見つかりました。

細かく分ければもっと種類がありましたが微妙に重複した内容になりそうだったので全部で12種類にまとめました。

 

この記事を読めば、仮想通貨の投資方法にどんなものがあるのか、そのほとんどを覚えることができます。

 

仮想通貨のテクニカル分析について知りたい方は天井三尊&逆三尊の分析が強力です。

億トレーダーで勝率が高いKAZMAXさんの手法を一つの記事にまとめたものがあります。トレードスキルアップしたい方は是非クリックしてください。

【ビットコイン】KAZMAX氏の仮想通貨テクニカルトレード分析まとめ

2018.03.24

 

まずは一覧からご覧ください。

仮想通貨 投資法 まとめ
1. 現物取引 投資法

2. 信用取引 投資法

3. アービトラージ 投資法

4. 長期ホールド 投資法

5. ICO 投資法

6. マイナー通貨 投資法

7. 追証0のハイレバレッジ 投資法

8. コイン積立 投資法

9. bot 投資法

10. インデックス式 投資法

11. ロボアドバイザー 投資法

12. リフェラル 投資法

 

本当に様々ありますね。

それではそれぞれの投資法について説明していきましょう。

 

ビットコインバーゲン人気取引所ランキング
ビットコインバーゲンの記事を読んで、仮想通貨取引所に登録した方の統計を元に人気ランキングを作成しました!

Rank1位1位:GMOコイン

  • 【送金手数料が無料】初心者でも自然に扱いやすくて送金手数料が無料なのに販売所の手数料は最安値のGMOコイン。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ

Rank2位2位:bitbank

  • 【XRP最強の取引所】100%コールドウォレット管理の世界水準セキュリティでテクニカルトレードが可能!ビットコイン貸付で強制ガチホもできるのはbitbank。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ モナコイン ロゴ 

Rank3位位:Liquid by QUOINE 

  • 【開設と入金5万円だけで13000円キャッシュバック中(11月16日まで)】法人向けに最適化したセキュリティを誇るLiquid。プロ投資家も納得の国内一位の取引高。世界で唯一無二の「ワールドブック」を扱えるのはLiquidだけ。

仮想通貨の送金手数料 説明画像13 ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ

1. もっともポピュラーな投資法!現物取引

仮想通貨の投資法 説明画像3

男は黙って現物取引!

最初は一番ポピュラーな「現物取引 投資法」について解説します。

 

現物取引とは?

現物取引とはそのまま「現物」を購入する投資スタイルです。

モノを買ったのと同じ状態です。

もちろん、仮想通貨ですので物体としては姿と形はありません。ややこしいと思いますので具体例で説明します。

 

例えばあなたはハンターハンターの新刊の漫画を500円で購入したとします。

1年後に飽きたので売りに行ったら100円で売られていました。単純に1年待てば100円で購入できたことになります。

逆に言えば400円分の価値を失ったことになります。

 

現物はそれと同じように、今日は100円で来年1円にまで暴落していれば、1円のモノを所持しているのと同じ状態になります。

そのためマイナスになることがないのが特徴です。

 

現金と同じですね。ハイパーインフレで紙くずになったところでマイナス1万円札になることはありません。

 

現物取引のメリット

  1. 最悪でも投資額しか損をしない
  2. リスクが低い
  3. 計算が楽

 

現物取引の魅力は借金のリスクが0のところです。100万円分の価値が1円にまで急落したとしても、100万円以上は損することがありません。

仮想通貨の取引所での売買は基本的に「現物取引」です

 

現物取引のデメリット

  1. 空売りができない
  2. レバレッジをかけられない
  3. メジャーなコインでは一発逆転を狙えない

 

一番のデメリットはやはり売りから入れないことです。

投資の玄人になるほど売りから入ることが好きです。

 

とはいえ、基本は「買い」の仮想通貨業界です。

売りに入りたい方は本格的にテクニカルトレードなどを経験されている方が中心かなと思います。

 

そんなことよりも仮想通貨がそもそも何かイマイチ分からないという方は下の記事を参考にしてみてください。

\ 仮想通貨とは何か?画像をたくさん使って解説しました /

仮想通貨とは何?はじめからていねいに始めるビットコインの白チャート

2018.01.22

 

仮想通貨での売買は、基本的に現物取引を前提にされていたりします。

 

2. 柔軟な取引ができる!信用取引 投資法

仮想通貨の投資法 説明画像4

利幅はぜんぶ俺のもの!「現物取引」の次は「信用取引」について解説します。

 

信用取引とは?

いわゆるFXを代表にする投資法です。自分の持っている以上のお金を投資することができます。

なんだか危ない印象がありますがFXのように1日で1円、2円未満しか動かない相場ではマストな方法です。

 

例えば「今は10万円しかないけど、100万円持っていると仮定して取引をしたい」ということを実現できるのが信用取引です。

 

 

架空のお金を載せることができて、含み益も含み損も100万円を持っていると仮定した金額で計算されます。

 

こうした実際には持っていないお金を持っているものとしてトレードできる、テコ入れ方式を「レバレッジ取引」と呼びます。

 

ただし、仮想通貨のように1日で2倍、3倍と変動する市場では「売り」から入る方法として信用取引が用いられます。

 

プロの介入が多い信用取引ですが、ある統計によると仮想通貨の投資資金額の8割は信用取引によるものだそうです。

 

金額だけみると現物取引よりも人気ですね。

 

信用取引のメリット

  1. 「空売り」ができる
  2. レバレッジで元手が少なくても大きな利益を得ることができる
  3. 特殊な買い方や売り方をコーディネートできる

 

「空売り」ができるとチャレンジできる回数が多くなるので当然、最大利益もUPしやすいです。

仮想通貨の投資法 説明画像1

現物取引ですとここの場面では70万円しか利確できませんでした。

 

仮想通貨の投資法 説明画像2

図の場面ですと、信用取引だと合計で「160万円」の利確ができます。

機会損失ですよね。

 

具体例で説明すると仮想通貨には4年連続で毎年1月に大きな暴落が生じています。

これを「January Dip」という表現で言い表せられています。

毎年1月に仮想通貨の暴落が来るらしいけど本当なのかを数字で検証してみた

2018.01.18

 

こうした要所要所で「信用取引」は役に立ちます。

 

信用取引のデメリット

  1. 含み損のリスクがある
  2. リスク管理ができないと借金になる
  3. 精神衛生上はよくない

 

例えば、全財産が100万円しかない人が1000万円持っていると仮定した10倍レバレッジで取引すると、精神的に負担になってきますね。

上手にリスク分散(損切り)させて取引しましょう。

 

もちろんリスクは大きいですがその分のリターンは約束される方法です。

また、SNS的な話をすると、まだまだこのジャンルは新しいので自分のポジションをとっていけばツイッターなどでフォロワーを集めることができるようになりますよ。

 

筆者も今、1万円チャレンジという企画で「信用取引」+「現物取引」をやっています。

いろいろなトレーディング手法を使って1万円をどこまで増やすことができるのか現在も挑戦中です。よかったら読んでみてください。

【仮想通貨】4月12日 1万円チャレンジ ~テクニカル分析ビットコイン~

2018.04.12

 

仮想通貨界隈の上げ幅と売り幅の両方を狙うプロトレーダーはこちらの記事でも紹介中です。

フォローすると御利益のある仮想通貨テクニカル分析ツイッタラー国内外10選

2018.02.08

 

3. 仮想通貨の裏技?!アービトラージ 投資法

仮想通貨の投資法 説明画像5

「アービトラージってドラクエの呪文だっけ?」そんな方へ向けても説明します。

仮想通貨の取引所間で微妙に価格の差があるのはご存知でしょうか。

 

仮想通貨の投資 の中でも少しユニークな方法です。

 

アービトラージとは?

アービトラージは取引所間の利益のサヤ取りのことを言います。日本語では裁定取引と言います。

取引所によって仮想通貨の価格は異なります。

 

どうして取引所の中だけで価格差が生じるのでしょうか?

それは世界全体の需要と供給とは別に、取引所の中だけでも需要と供給のバランスが変わるからです。

 

取引所では売り板と買い板があります。

それぞれが自分たちで言い値を決めてやり取りしていきます。

 

世界の平均が100万円だとします。

A取引所では誰かが言い値で101万円で売りに出しました。

A取引所ではこれより安く買えません。仕方なく誰かが101万円で買います。

 

逆にB取引所では誰かが100万円で売りに出しましたが誰も買いません。

仕方なく99万円で売りに出したところ、買い手が見つかるようになりました。

 

このように、取引所の中だけでも「買ってくれる人」「売ってくれる人」の言い値がぶつかり合って価格に差が生じてしまいます。

 

アービトラージは言い値の違いで生まれたギャップで利益を出す方法です。

なんだか転売をしているような行為に感じるかもしれませんがそのおかげで世界の取引所間の価格差は埋まっていきます。

 

FXですと価格を均一にするインターバンク市場と呼ばれるところから価格を参照することになっていますので価格差はほとんど生じません。

 

アービトラージのメリット

  1. やり方を確立すれば繰り返すだけでどんどん資産を増やせる
  2. 工夫すればリスクをほとんど抑えられる
  3. 世界から価格差をなくすことに貢献できる

 

アービトラージができそうな取引所候補を出す

→価格差が自分で決めた基準以上になっていたら通貨を購入してA取引所からB取引所まで送金する

→B取引所に着金したら即売りする

 

この一連の流れをシステム化したものが「アービトラージ」です。

 

アービトラージのデメリット

  1. 一瞬で送金できないため損をするリスクがある
  2. 問題のある取引所にあたると資金がなくなる
  3. 大きな資金がないと利益を出しにくい

 

ビットコインを例にすると分かりやすいです。

ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる技術の元に価値が保たれています。

 

ビットコインのブロックチェーンの仕様では、理想的な状態でも送金に10分間の時間がかかるようになっています。

そのため、10分間以内に価格差がなくなってしまうと利益を得ることができなくなってしまいます。

(他の通貨、例えばリップルの場合は4秒です。)

 

また、海外取引所では正しい操作を行ったにもかかわらず、着金しない取引所があります。そうしたところでアービトラージをすると資産全てが消えてしまうリスクがあります。

 

美味しい話だけではありませんね。

 

草猫店長
取引所間では一瞬で売買ができるのになんで10分もかかるの?」と思った鋭い人もいると思うにゃあ。

実は取引所の中での仮想通貨の移動は、取引所が持っている大きな財布の中で通貨が移動しているだけだからブロックチェーンに刻まれたりしないんだにゃあ。

だから通貨をやり取りしても時間がかからないんだにゃあ。

 

アービトラージ自体は長続きしない投資法かなと思います。理由は「QASH」と呼ばれる仮想通貨トークンにあります。

 

「QASH」は取引所間の価格差を世界からなくすために立ち上げられた「QUOINEX」が資金調達で作ったトークンです。

 

世界の取引所のデータを取得して世界標準となる売買板を提供する予定です。

もしそれが実現すれば世界中の人が同じ板を使うことになります。

取引所も世界標準の板を使わないと誰にも使われなくなりますよね。

 

実現可能性については「QUOINEX」は国内の取引所の中でもかなりの高水準な技術を持っているので筆者は荒れると思っています。

 

もし、世界標準の価格が出ればアービトラージも一緒になくなってしまいますね。

 

アービトラージの将来性について参考にしたい方はQASHとQUOINEXの記事を読んでみてください。取引所としても優れているので役に立つかと思います。

【2018年】QASHの特徴と今後の将来性を評価&予想 | LIQUID キャッシュ

2018.03.27

「 コインエクスチェンジの評判 」QUOINEX(Liquid)の手数料や登録方法

2018.02.23

 

4. 欲しがりませんムーンするまではスタイルなら 長期ホールド 投資法

仮想通貨の投資法 説明画像6

長期ホールド 投資法とは?

長期ホールドとはホーチミンのスタイルのことです。ホーチミンのスタイルとは、ベトナムで代々伝わる手法で。。ではなく長期で買ったら1年以上の長期で放置する方法のことになります。

徹底的に放置することはあらゆる面で強いです。

 

精神衛生面、時間短縮、勝率の高さ(年単位では確実に伸びていっているためです)

メリットが多いです。

 

長期ホールドは別名ガチホ(ガチホールドの略称)と呼びます。またの名をHODL(ビットコインで有名な人がHoldのスペルミスで流行っています)

 

長期ホールドのメリット

  1. 時間がなくてもできる
  2. 年単位でみたら強い
  3. FXや株ではありえない倍率で利益を得られるチャンスがある

 

仮想通貨は変化が非常に激しいので1日に出てくるニュースの量が1日でさばききれません。

全てに目を通すことはできません。

サラリーマンをやっていると当然、無理ゲーですね。

 

ガチホであれば、数ヶ月に1回チェックしては夢を膨らませていれば良いので楽しいです。

 

長期ホールドのデメリット

  1. 利確のタイミングがわからなくなる
  2. 通貨の危機をリアルタイムでしれなくなる
  3. 機会損失がある

 

ガチホ病と呼ばれる専門用語を開発した人がネットで話題となりました。


とりあえずではじめてそこから考えるのも大丈夫ですが、どこかのタイミングで利確するためにも目標は立てましょう。

 

また、仮想通貨はまだまだ若い世界です。ビットコイン自体の価値がなくなる可能性もあります。

もしビットコインに大きな欠陥が見つかり一気に0円にまで値下げした場合、放置していると気がつかない可能性があります。

 

とはいえ、ある程度は分散させればリスクは減らせます。

また、2017年の時点で足場はそれなりに固まってきているのでいきなり1から0はかなり考えにくいです。

 

ですので今でも十二分に有効かと思います。

 

もし今からインしていくのであれば、「仮想通貨終わったな」という雰囲気になった押し目のタイミングだとモアベターです

 

昨年、大きな利益を出した方達は長期ホールドして利益を出している人が多いです。

投資法の中でも極めてシンプルでありながら強力な投資法ですね。

 

ただし、後ほど説明するコイン積立預金を利用するとさらに安全にリスクを減らしながら強制的に長期ホールドすることができるようになります。

 

ホールドする人たちの握力がボブサップ級に強いのはリップルです!リップルの将来性もアツイです。

【2018年】Rippleの特徴と今後の将来性を評価&予想 | リップル (XRP)

2018.02.20

 

5. 当たれば見返りはとてつもないことに ICO 投資法

仮想通貨の投資法 説明画像7

「宝くじだと思うじゃん?だけどやっぱり宝くじかもしれない」夢を見れる投資法は ICO

 

ICO 投資法とは?

ICOとは(Initial Coin Offering)の略称です。

 

ICOとはご存知かもしれませんが仮想通貨ならでは資金調達の方法です。

仮想通貨を発行する前の段階で、目標金額に到達したらコインを発行します!と宣言して、プロダクトのリリース前にお金を集める手法になります。

 

ICOは資金調達の手段としてはとても柔軟でクラウドファンディングのように共感を呼ぶことでお金を集めやすいのも特徴です。

 

ただし、ICO 投資法は目利き力がかなり試される方法です。

経営者に近い判断力が必要かもしれません。

 

ビジョン・プロダクト・開発メンバー・タイミング・創業者の器

考えればいろいろな考えるべき要素が出てきますね。

 

難しい一方で、もしICOで当たれば仮想通貨が100倍以上の価値になる可能性も秘めています。

 

自分がオタクだと言える分野関連でICOがあればチェックしてみると掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。

 

ICO 投資法のメリット

  1. リターンがとてもつもなく大きい
  2. 2017年度の初期のような大きなチャンスがある
  3. 最初のスポンサーとして応援できる

 

ICOのリターンはとても大きいです。当然ながら、1ドル以下の状態から始まって100ドルになったら10倍なんてレベルではありません。

 

実際にRaiblocks(今はNANO)と呼ばれるブロックチェーンとは別の技術でできている仮想通貨は、ICOを行ってから急激に価格を高め、2017年度の年末までの3ヶ月で 300倍 にまで価値が高まりました。

 

技術や期待感を冷静に分析できればチャンスをつかむことができるのではないでしょうか。

 

 ICO 投資法のデメリット

  1. 詐欺が多い
  2. 見分ける難易度が高い
  3. 規制でどうなるのかわからない

 

ICOはとにかく詐欺が多いです。

もちろん、詐欺というと語弊があるものも数多くあります。

本気で挑んだプロジェクトであっても途中で政治的な理由や人間関係トラブルでダメになってしまうこともあります。

 

実際のところ言われているほど、本当の意味で詐欺は少ないのかもしれません。

 

それとは別に規制でどうなるのかわからないところは間違いありません。

国内でも規制については議論がなされています。

 

そうしたデメリットを踏まえた上で自分が詳しい分野でICOに参加してみるのはありかなと思います。

その場合は余剰資金で挑みましょう。余剰の余剰がちょうどいいくらいです。

 

ICOの詐欺については辛口で下の記事で解説しています。辛口なのは事前にデメリットを理解してから挑戦すべきだと思うからですね。

【閲覧注意】 ICO詐欺の見分け方 ICOの現実とリスクを解説

2018.05.06

 

6. 誰も目をつけていないからこそ好きになれそう マイナー通貨 投資法

仮想通貨の投資法 説明画像11

インディーズ時代が好きになりがちなあなたは草コイン(マイナーコインの言い換えです)

 

マイナー通貨とは定義が人によってまちまちですが、筆者の基準としては1ドルを超えている100以下の仮想通貨はだいたいマイナー通貨だと思っています。

 

マイナー通貨 投資法とは?

マイナー通貨を可能な限り調べて将来性を占って投資する手法のことをいいます。

マイナー通貨はICOよりかはある程度、形になっています。

また、開発者の人物像や世間の反応などもリサーチすれば見つけられます。

 

マイナー通貨の中でも、将来性が全くわからないものは「草コイン」という名前で呼ばれます。

「草コイン」はSNSで有名なリップラーの「田中さん」という方が最初に名付けたそうです。

 

マイナー通貨 投資法のメリット

  1. ICOよりも判断材料を多く拾える
  2. 大きなリターンを得ることができる
  3. 仮想通貨に詳しくなれる

 

ICOの場合は本当に情報が少ないです。

基本的に海外のICOになるかと思いますので英語で情報を拾わないといけません。

 

もしくは拡散したら報酬がもらえる約束事をしている日本人の人からしか情報が入ってきません。当然、その方たちは都合の悪い部分の話はしません。

 

マイナー通貨であればそこそこの情報をSNSやネット上で見つけることができるのでICOよりかは選びやすいです。

そして、数百倍銘柄にもまだまだ巡り会える可能性はあります。

 

何より、投資するためにはその通貨の仮想通貨の仕組みについても学ぶ必要がありますので仮想通貨に詳しくなります。

 

マイナー通貨 投資法のデメリット

  1. 資本力のある人に相場が荒らされることがある
  2. ハイリスクハイリターン
  3. 海外取引所を利用する必要がある

 

後で説明する仕手(して)グループというものがツイッター上にはあります。

マイナー通貨には突然値上がりを起こす「パンプ」と呼ばれる現象がよく起こります。

 

仕手グループでは大きな資金をグループ内で集めて一気に値上がりを起こして売り落として人工的なパンプを起こすことがあります。

 

そのような不健全な形で相場が形成されると相場が終わってしまうことがあります。

 

また、仕手グループでなくとも熱狂が覚めた後に売りに入って一気に相場が上がってしまいその後、成長が止まってしまう通貨も数多くあります

仮想通貨の投資法 説明画像8

執筆時にcoinmarketcapで一番最下位のものを適当に取り上げてみました。

 

パンプとは上のように一時的に高値を更新して、そこから値下げして横ばいのまま長期間値段が変わらない状態を言います。

(上の図の場合はまだ期間が短いので今後どうなるのかわかりませんがこのままの調子で0円にじわじわ近づいていけば相場としては終わったことになります)

 

coinmarketcapでは現在出回っている仮想通貨をほとんど全て見ることができます。coinmarketcapの使い方についてはしたの記事を参考にしてみると使えるようになります。

仮想通貨の一覧表coinmarketcapの使い方!価格・時価総額・銘柄サイト

2018.02.28

 

マイナー通貨の選定では、通貨のビジョンや開発状況、将来性について考えることはもちろんですが、相場が終わっていないかどうかも購入する前の大切な条件となります。

 

個人的に推しの草コイン?はNAGAコインです。

最近はAIやドローンなど時代の先を行く仮想通貨が多いのですがもう少し足元を見ながら開発を進めていて好印象の仮想通貨はNAGAコインです。

ロジャー・バー顧問のNAGAコインの特徴と将来性を評価&予想 |ナガNGC

2018.04.04

 

(仕手 投資法に関しては法規制で取り締まられそうなので紹介しませんでした。)

 

7. リスクについてわかっているからこそ選ぶ!追証0のハイレバレッジ 投資法(BitMEXでレバ100倍)

仮想通貨の投資法 説明画像9

未来は僕らの手の中♪ハイレバレッジ 投資法です。

 

ハイレバレッジはその名の通りのレバレッジを数十倍で取引するリスキーな方法です。

上手くいけば1万円でも100万円として取引できるので大きな利益を得ることができます。

 

追証0のハイレバレッジ 投資法とは?

仮想通貨におけるハイレバレッジ投資法は単なる2倍、3倍程度の信用取引のことを指しません。

 

追証0のハイレバレッジ投資法では、取引所で最大で100倍レバレッジをかけて利幅をとります。

 

とはいえ、追証がないということでマイナスにはなりません。途中で0になったら強制ロスカットになります。

 

つまり、投資した額しか最大リスクがないということです。

 

追証0のハイレバレッジ 投資法のメリット

  1. 最大リスクを投資額の範囲に抑えられる
  2. 最大100倍まで倍率を変更することができる
  3. ロマンがある

 

仮に10万円でフルレバレッジでかければ 1000万円 を動かすことができます。

1000万円で 100万円/BTC→110万円/BTCに変われば 利益は 100万円 になりますね。

 

1日で40%以上の値動きをした変動しやすいビットコインでその位は全然ありえますね。

元手は 10万円 だけなので恐るべしです。

 

年始の暴落で溶けた人の中にもここから這い上がった猛者がいるそうです。

実際に追証0で100倍レバレッジが使えるのはBitMEXだけです。

 

100倍レバレッジ = BitMEX

 

と言っても全く過言ではありません。

 

追証0ハイレバレッジ 投資法のデメリット

  1. ある程度運に任せる必要がある
  2. 損切りしやすい
  3. ずっとやると精神的にしんどい

 

あくまでフルレバレッジをかけた時の話に限定ですが、ある程度は運に任せてトレードする必要がありますね。

ただ、上手く言ってもずっとやるには荷が重いですね。

 

追証がなくて100倍のハイレバレッジ投資を行えるベストはBitMEXです。(100倍でなくともレバレッジに特化しているのでおすすめです)

 

国内の取引所では追証があることがデフォルトなのでハイレバレッジならBitMEXの一択になりますね。

 

気になる方はここのリンクから登録すれば半年間、手数料が 10%引き でトレードできるようになるのでこの機会に登録してみてください。

 

メールアドレスやユーザー名をクリックするだけですぐに登録完了します。

 

海外取引所は偽URLのリンクを張っていたりするのでよく分からないサイトから飛ぶより安全に登録できますよ。

 

タネ銭をどうしても増やしたいという方が一時的に利用したり、確信できるファンダメンタルがあってここは暴落が来る!という場面で一時的に利用するのが良さそうです。

 

ぜひ、リスクが許せる方はチャンレンジしてみてください(筆者も怖いですが今後、記事のネタとしてそのうち、挑戦しようと思います)

 

8. 仮想通貨界のモーゼ! コイン積立 投資法

仮想通貨の投資法 説明画像10

すべての人へ道が開けている投資法がコイン積立 投資法です。

この12種類の中で一番、時間的にも資金的にも、何よりリスクとしてもおすすめしやすいです。

 

コイン積立は筆者が今のところ一番おすすめしている投資法です

(「今のところ」としたのは市場が成熟するとメリットが低いからです。)

 

コイン積立とは?

「そもそもコイン積立ってなんだよ」

という話からですが、一言でいうと「仮想通貨の定期預金」です。

 

それだけだと、ただ毎月、お金を貯金するだけに思えますが「預金 + 急成長マーケット」の組み合わせになると強みが出てきます。

仮想通貨の投資法 説明画像18

例えば図ですが、毎月1000円分を買おう、と思った時に、2ヶ月後は500円/コインで半値に下がってる!って場合を想定しています。

この図の場合、一見、損しているように思えますが実は 25%の利益が伸びていることになります。

 

毎月積立てる方法により、一時的に急落や暴騰に巻き込まれたとしても総合的に右肩上がりになれば資産が増えます

 

コイン積立のメリット

  1. 時間がなくてもできる
  2. 計画的に資産形成ができる
  3. リスクを低く仮想通貨に参加できる

 

時間がなくてもできることはとても大きいです。

まともに日々のニュースを調べてその日その日で買ったり売ったりするのは専業の方でないとできません。

 

コイン積立の場合、最終的に右肩上がりになる見通しがあればリスクも低く抑えながら含み益を増やしていくことができます。

 

コイン積立のデメリット

  1. 爆発的な利益は期待できない
  2. 手数料がかかる
  3. すぐに変更手続きができない(解約手続きが必要)

 

コイン積立は相場全体に対して分散式に投資していきます。

そのため、一時的な暴騰で一気に利益をゲット!というようにはなりません。

 

最終的に平均値で右肩上がりになっていればほどほどに利益を得ることができます。

現状、コイン積立を実施しているところはZaifしかありません。(bitFlyerはできなくなりました)

 

Zaifコイン積立では1000円という少額からでもコイン積立を始めることができます。

仮想通貨の投資法 説明画像16

初心者から上級者まで道が開けているので誰にでもオススメです。

 

コイン積立のメリットに関してはこちらの記事に詳しく記載しています。ぜひクリックして読んでみてください!

【Zaifコイン積立】仮想通貨で堅実に資産を増やせる方法と積立銘柄を解説

2018.02.14

 

9. 世界を俯瞰するスタイル インデックス式 投資法

仮想通貨の投資法 説明画像12

普段、株や投資について見識のある方は聞いたことがあるかもしれません。

インデックス投資法という言葉は一般的に株式市場で使われる言葉です。

 

一般的なインデックス投資法では「株価指数」に投資します。

「株価指数」とは株全体の平均値です。(平均と言っても特別な計算方法で出しています)

要するに全部を足して割ったら全体を表せるって感じですね。

 

仮想通貨のインデックス式 投資法とは?

それでは仮想通貨のインデックス式 投資法ってなんだろう。

というところですが、今の時点で、仮想通貨のインデックス投資法は銘柄として今のところ、確認できていません。

 

できるだけ仮想通貨全体に影響を及びそうな仮想通貨を幅広く買って仮想通貨全体の値上がりと一緒に資産を増やしていく方法が今のところ一般的です。

 

実際に行われていることは分散型投資といった方が正しいかもしれませんが、みんなの実現させたいことはインデックス式に近いのかなあと思います。

 

インデックス式 投資法のメリット

  1. 個別の仮想通貨に依存しないので強い!
  2. 長期運用と相性が良い
  3. まだ入りやすいタイミング

 

ビットコインですらビットコインキャッシュなどの別の通貨に切り替わっていくんじゃないのか。

といろいろな視点から話されたりしています。

 

そのため、この通貨さえ持っていれば必ず高騰する!とは言えなくなってしまいました。

 

とはいえ、まだまだ市場は小さいです。ゴールドの700兆円の市場に対してデジタルゴールドと呼ばれる仮想通貨の市場は昨年末の勢いでもMAX70兆円程度でした。

 

この仮想通貨界の全体的な流れから見ても分散型投資法は強いと思います。

 

インデックス式 投資法のデメリット

  1. 管理が難しい
  2. 比率を考えるのが難しい
  3. 手間がかかる

 

盆栽を育てるように上手に管理できれば見返りは大きいのインデックス式の投資法(分散型投資法)です。

 

通貨ごとに時勢が変わったりすれば持つ比率を変えたり、場合によっては切ったりとポートフォリオのお世話をしないといけません。

人によっては向き不向きがあると思います。世話好きな方は楽しいので向いているかと思います。

 

ポートフォリオを作るためにはまずは、たくさんの仮想通貨のそれぞれの特徴や将来性について把握しないといけません。

 

2018年8月26日 追記:

最近、仮想通貨のインデックスを専門とする仮想通貨が登場しました。

また、有名取引所でインデックスを買えるようになっています。

 

仮想通貨のインデックス投資に興味がある人は下の記事を参考にしてみてください。

仮想通貨のインデックス投資 仮想通貨で分散投資が可能なプロジェクト

2018.06.18

 

各、仮想通貨の違いについて知ってポートフォリオの中身について知りたい人は下の記事がオススメです。

国内で購入できる仮想通貨に絞って仮想通貨ごとに特徴や将来性について解説しています。

仮想通貨 銘柄一覧 | 国内取引所のアルト・ビットコインの特徴や将来性

2018.03.17

 

10. 話題の人工知能のロボアドバイザー 投資法

仮想通貨の投資法 説明画像13

仮想通貨の未来を人工知能で占おう!ということで誕生したウェブボット(webbot)はご存知でしょうか。

 

ウェブボットの予想は当たることで有名で、最初は製作者が無料公開していたのですが、あまりにも当たってしまうとのことで公開を限定的(有料化したそうです)にした経歴があります。

 

ロボアドバイザー 投資法とは?

そんな人工知能の技術を使ってトレード用のボットが開発されており、個人に合わせて資産運用をできるようになりました。

 

とはいえ、国内で開発は進んでいますが実用している仮想通貨に特化したロボアドバイザーはまだないようです。

 

ロボアドバイザー 投資法のメリット

  1. 自動売買のため時間が必要ない
  2. 人間よりも信用できる
  3. 暴落・暴騰のリスクが下がる

 

当然、時間はかかりません。また人工知能がプログラムで売買してくれるので当然、投資ファンドの人たちにお金を預けて、「誤って資産がなくなりました!」といったこともありません。

 

あるとすればアルゴリズムに問題があるような滅多にないような事態ですね。

 

選ぶロボアドバイザーにもよりますが、暴落時や暴騰といった例外的なタイミングでは勝手に損切りなどしてもらえるので一気にリスクがなくなるような事態もありません。

 

ロボアドバイザー 投資法のデメリット

  1. 投資をしている実感がない
  2. 仕組みがわからない
  3. 機会損失につながることも

 

自動で売買しているので投資をしている実感がわかないですよね。

勉強として投資を始める人にとっては物足りないポイントになります。

 

そして、人工知能といっても実際の中身はただのbotと変わらないサービスもあったりもあり得ます。(人工知能というワードで人を集める会社が最近多いです)

 

また、仮想通貨のような若い市場では今までのパターンにはない大きなチャンスが訪れたりします。

人工知能は過去の経験からでしか分析できないので勝手に損切りされたりする機会損失もあり得ることは考慮した方が良いかもしれませんね。

 

仮想通貨ではないのですが、国内でもロボアドバイザーはかなり注目されています

 

有名会社の3選

  1. WealthNavi(ウェルスナビ)
  2. Theo(テオ)
  3. 楽ラップ

 

これら3つの会社が有名ですね。

 

様々な巨大なマーケットの銘柄の中から自分で選ぶと自動で運用してくれます。

損することはあっても暴落で一気になくなってしまうようなことは起こりません。

 

主にETF(世界中の様々な業界のインデックス)を選んで投資してくれるので、仮想通貨も今後含まれていくことが見越されています。

実際、どのくらいの利益が出るの?と思う人もいると思いますので下の記事にまとめています。

ぜひ読んでみてください。

ロボアドバイザーの利回り ウェルスナビとTHEOと楽ラップを比較

2018.06.17

 

11. 自分のコピー人間を作れ! bot 投資法

仮想通貨の投資法 説明画像14

こども心でトレードスタイルを図画工作!

先おどロボアドバイザーを紹介しましたが今度は、botそのものを自分で作る投資法です。

 

この投資法ではAKAGAMIさんが有名プレーヤーです。

 

 

bot 投資法とは?

bot投資法とは、一般的に自分でトレードスタイルを確立させて、次にそれをbotで再現して利益を高めていきましょうというやり方です。

 

よく、最初からbotで稼いでみようと考える方もいるかもしれません。ですがどちらかと言えばもともと稼いでいる人がもっと稼げる方法を編み出す方が近いかもしれません。

 

誰かが一度作ったものをそのまま使ってみよう、という形は単なる自動売買システムです。

botはお手製の自分の身代わりの意味合いが強いかもしれません。

仮想通貨の投資法 説明画像15

ちょうどパーマンの身代わり人形のようなイメージでしょうか。元が良くないとおそらく利益を得られません。。

 

エンジニア畑の方で単純に作ることを遊びとしてやっている方もいます。

 

bot 投資法のメリット

  1. 自動売買できるので楽
  2. 楽しい
  3. 最強のbotをつくって販売もできる

 

自分のコピー人間ができると考えるととても楽ですね。むしろ自分よりも早く、正確でデータも採りながら投資をすることができます。

時間短縮もできて利益も得られていたれりつくせりですね。

 

さらにものつくりに近いので楽しいです。

botを作成している人のツイートを見ていてもミニ四駆で最速のマシーンを作ろうとしている人のような和気あいあいとした雰囲気があります。

 

お金も稼げて楽しいのはとっても良いことですね。

プログラミングの勉強にもなるのでキャリアパスにおいても、かなり有効だと思います。

 

自分の会社に利益を出してくれる自動売買システムをつくってくれる人がいたら普通に考えて欲しいですからね。

何も反応しないのであればその会社はセンスがないのかもしれません。

 

自分の最強botが完成したら販売するといった横展開をする人もいます。

先ほど紹介したAKAGAMIさんという方はnoteで一番高い金額をつけてbotを配布していました。

 

noteの中でも歴史的な売上を達成しています。

 

bot 投資法のデメリット

  1. ハッキングのリスク
  2. 定期的にメンテナンスが必要
  3. 何があっても自己責任

 

botを利用するのにAPIと呼ばれる、Webサービスの一部を誰にでも使えるサーバーが取引所にも用意されています。

 

そこでチャートのデータを拾って売買の注文もしていくのですが、ハッキングのリスクはやはりあります。

セキュリティに関しては何が合っても自己責任ですね。

 

Zaifなどでは過去にAPIを利用していた人がハッキングに合ったと報告していました。

 

また、botは完璧ではありません。

常に相場は新しいパターンを生み出してはたくさんの人を狼狽させています。

 

相場に新しい動きが出たらその都度、調整(プログラミング)していかないといけません。

このジャンルは終わりのないレースですね。

 

メンテナンスやハッキングの危険性がないbot投資の登場

実は最近、メンテナンスやハッキングの危険性が比較的に少ないbotが登場しました。

それは、会社が運営するbotサービスです。

様々なbotを自分でつくれて、他人が作ったbotを自分が扱えることができる優れたサービスです。

 

下の記事に詳細があるので興味があれば読んでみてください。

仮想通貨を自動売買するbotサービス QUOREAを実際に触りながら評価

2018.08.19

 

12. インフルエンサーなあなたは リフェラル 投資法

仮想通貨の投資法 説明画像17

最後はリフェラル投資法を紹介します。

 

リフェラル投資法とは?

リフェラル投資法とは、ICOやエアドロップ(無料配布)などの案件を紹介してマージンをもらう手法です。

 

リフェラルとは日本語で紹介ですね。

 

投資といって良いのかわかりませんが、金銭的なリスク0で自分の期待するICOのトークンをもらえます。

 

独自に日本にはまだないICO案件を持っている人へ声をかけて日本に広めて成果報酬をもらう人などいます。

将来性が全く不明なICO案件で金銭的リスク0で投資できるようになるのは美味しいですよね。

 

ICOへ回す元手がない人にも取り組みやすい方法です。

 

リフェラル投資法のメリット

  1. 金銭的リスクが0
  2. 自分の推し通貨の応援ができる
  3. 発信力があれば相乗効果になる

 

金銭的にリスクがないのは一番のメリットです。

 

また、本当に応援している通貨であればクラウドファンディングをお手伝いしているような気持ちにもなれます。

 

もともと発信力のある人が将来性の高い仮想通貨を見つけて、紹介制度を持っていたから紹介、というパターンが一番多いように思います。

 

ICOを紹介する案件だけをまとめたアフィリエイトサイトもあったりします。

 

リフェラル投資法のデメリット

  1. 個人の信用を傷つけることも
  2. メインでやると手間暇かかる
  3. 情報を集めるのは大変

 

ICOという性質をよく理解せずに大金を預けてしまう方も中にはいます。

それが、自分がきっかけでなってしまうと信用を傷つけてしまいますよね。

本当に紹介しようとしている仮想通貨は投資するだけの価値があるのかどうかを見極めて、紹介しましょう。

 

また、ICOは情報が少ないので本気でリサーチするには時間がかかります。

そうしたデメリットも含めて紹介すると美味しい思いもできるようになるかと思います。

 

エアドロップに関しては詐欺案件がふえて来ているので注意も含めて下で解説しました。

【Airdrop】詐欺やり方パターン集!仮想通貨が無料のエアドロップ注意点

2018.03.03

 

仮想通貨の投資 まとめ

仮想通貨の投資法は他にも細かく分けていくとたくさんあります。

 

2017年度の最初の頃からすると、かなりやり方は増えてきているのではないでしょうか。

 

読者の方もビットコインをはじめとする仮想通貨のチャートもどんどん成熟してきているので新しい投資スタイルを確立して行けるのではないでしょうか。

 

面白い方法があったらウチの草猫店長にもよかったら教えてください

@CryptoKusacoin

 

今回紹介した中でどなたにでもお勧めできるのがコイン積立 投資法 です。

メリットについてはこちらの記事で解説しています。よかったら読んでみてください。

【Zaifコイン積立】仮想通貨で堅実に資産を増やせる方法と積立銘柄を解説

2018.02.14

 

キングダムという漫画はご存知ですか?自分にはどんな投資法が向いているのかわからない。

そんな方には「キングダム診断」でお勧めの仮想通貨の投資スタイルを紹介する記事もあります。

キングダムキャラ診断結果で仮想通貨!?株や投資・投機に向いている人の特徴と性格一覧

2018.03.07

 

仮想通貨には一体どんなものがあるの?と興味を持ったあなたには国内で買える仮想通貨に絞ってそれぞれのメリットやデメリット、将来性について解説した記事もありますのでお役に立てるかと思います。

目を通してみると新しい発見ができるかもしれませんのでクリックしてみてください。

仮想通貨 銘柄一覧 | 国内取引所のアルト・ビットコインの特徴や将来性

2018.03.17

 

最後に、どんな投資方法でも共通して注意をしないといけないポイントがあります。

それは「セキュリティ」です。

 

特にパスワードの設定などを怠るとハッキングされやすさが格段に上がります。

また、ちょっとした知識があるだけでハッキングに逢う可能性はガクッと下がります。

 

仮想通貨のセキュリティ全般に関して網羅した記事があるのでそちらも合わせて読んでみてください。

総額1800億円 いま知るべき「 仮想通貨の管理方法 」とは | 安全な対策

2018.05.03

 

実際にどんな詐欺があるのかをサクッと知りたい人には下の記事でパパッと知ることができます。

仮想通貨のハッキング手口 10のやり方を具体的に紹介

2018.05.16

 

仮想通貨の投資 についてこれからも他に見つかったら随時追加して紹介していきたいと思います。