「 仮想通貨って儲かるんですか? 」儲かりません【悲報】

「 仮想通貨って儲かるんですか? 」儲かりません【悲報】

仮想通貨って儲かるのかな?声にだして露骨に聞けないけれど、ここだけの話、儲かるならやりたいなあ

 

という人へ捧げます。残念ですが仮想通貨は簡単には儲かりません。

儲かるという言葉の意味合いの受け取り方で変わりますが、儲かるというと原資の10倍とか20倍に資産が増えることを想定しています。

 

ですがそうした爆発的に利益がでるタイミングというのはすでに通過していってしまいました。

逆に言えば、前よりもしたたかに利益を出していける時期になってきているとも言えます。

 

FXよりも成熟はしていないし、仮想通貨の存続自体が危ういほど若くもない。そんな熟し具合になっています。

この記事では、仮想通貨が今はどのようなステージに立っていて、今のステージの中ではどのように投資を行うと利益を得やすいのかをわかりように解説しています。

 

仮想通貨はアーリーマジョリティの時期に突入している

いきなりカタカナ用語を出してしまいすみません。

上はある新製品やサービスが普及するまでの時系列を示したイノベーター理論と呼ばれる図になります。

①〜⑤までで呼ばれ方が違います。

 

仮想通貨は③の時期に当たると考えています。

 

①は発売した直後に買ってくれる人たちです。発売前から目をつけています。

イノベーターと呼ばれて、2.5%しかいないと言われます。

 

②は流行に敏感な人たちが買ってくれます。インフルエンサーや新しいもの好きな人が多い層です。

アーリーアダプターと呼ばれていて、全体の13.5%いるそうです。

 

③は流行に警戒をする人たちです。インフルエンサーや新しいもの好きな人の発信をみてから購入するかどうかを決める傾向があります。

アーリーマジョリティーで、仮想通貨の今の層です。全体の34%いるそうです。

 

④は世の中で浸透してから買う人たちです。新しいものにはとても慎重です。

レイトマジョリティーという呼ばれ方で、全体の34%います。③と同じ割合ですね。

 

⑤は基本的に新しいものをほとんど受け入れない層です。商品が伝統的なものにならないと取り入れません。携帯で言えば今もガラケーを持っている層に近いと思います。

ラガードといいます。全体の16%になるそうです。

 

儲かるのはイノベーター

イノベーターとはイノベーター理論の図の①になります。

この人たちはビットコインが登場して間もない頃に目利きをしたとても優秀な人たちですね。

 

Facebookに訴訟を起こした賠償金でビットコインを購入したことで有名なウィンクルボス兄弟はビットコイン全体の内の1%は保有していると宣言していました。

2012年というかなり初期に投資しています。

1%だと1万7000BTCは保有していると思われ、1BTC/70万円であれば1000億円以上の資産を持っていることになりますね。人生何回ループできるのでしょうか。

 

次に儲かるのはアーリーアダプター②の人たちですね。

この人たちは2017年初頭までに投資していた人たちです。

仮想通貨のインフルエンサーで言えばポインさんとか、ニシノカズさんと呼ばれる人たちのことですね。

ちなみに私はポインさんに会ったことありますが普通にいい人でした笑

 

仮想通貨界で有名な人たちが具体的にどのくらいの資産を稼いでいるのかわかりませんが少なくとも人生を過ごすだけの億のお金は持っていると思います。

 

なぜこの人たちは儲かることができたのか?

では①と②の人たちはなぜ儲かることができたのでしょうか。

その理由は投資の本質と市場の成長速度が関わっています。

 

投資の本質とは”現在は低い評価のものを将来は高く評価になることを見越す”ことです。

つまり今の時点で「怪しい」とか「詐欺だ」と言われているものほどチャンスが眠っているということですね。

 

仮想通貨も最初はネットワークビジネスによく例えられていました。というか実際にネットワークビジネスに利用されていました。

 

評価はとても低いし一部のオタクの間だけに気に入られているものだっと思います。

それだけ定評価だったからこそ成長したら大きな利益をリターンとしてもらえたということですね。

 

市場のサイズから見ても言えます。1しかない市場が100になったようなものですからね。

今は仮想通貨の市場が 40兆円 ほどにまで成長しました。(2018年 11月 9日)

市場が40億円が40兆円になったら1000倍です。

 

ですがこれが40兆円から4000兆円になろうとすると話が全く異なります。

FXの世界の市場規模が約5000兆円です。仮想通貨がFX並みに浸透しないとここまで到達できないようです。

 

先行者になるだけで市場が40億円だった時に参入できたということですね。

 

今から儲かるのは厳しい

ですので今から儲かる(10倍、20倍を狙う)のは難しいです。

ある程度、仮想通貨は評価されてきました。

 

それよりも、2倍や3倍を狙っていった方が賢いです。

期待値を下げて2倍、3倍を越えればラッキーくらいな余裕な姿勢で挑む方が翻弄されずにすむと思います。

 

技術的にまだまだアーリーマジョリティ

仮想通貨はアーリーマジョリティの時期に突入している

アーリーマジョリティーの段階の今ですが、もう数年はこの段階でいるかと思います。

入るとしたらアーリーマジョリティーが終わるまでに入りたいところです。

④だと実生活に溶け込んでいるレベルになっています。

 

今は仮想通貨がようやく認知された段階でまだまだ怪しんでいる人がいてくれています。

まだ仮想通貨のプロダクトも全然できていないし、プロダクトができてから普及するのにもとても時間がかかります。

逆に言えば世界から見て革新的に思えるイベントが次々に待ち受けているということですね。

 

革新的に思えるイベントがおこる度に少しずつ仮想通貨の価値も上昇していくことでしょう。

 

逆に④のレイトマジョリティーの日常に溶け込んだ時期に参入しても評価されきっているので大して利益を得られないということですね。④になるとFXしていた方がましかと思います。

ちなみにFXはFXで世界の頭脳と戦うような状態になっているのでオススメしません。

 

攻め方を変える時期

今のアーリーマジョリティの時期にも仮想通貨の価値が高まるイベントはたくさん待ち受けています。

一方でそうしたイベントの新鮮さはイノベーターとアーリーアダプターの時期に比べると薄いと思われます。

さらに新鮮なイベントだと感じるまでの時間もどんどん長くなっていっていると思います。

 

例えば有名仮想通貨の一つであるリップルは銀行と提携を開始し始めたさいしょの頃はすごいニュースだということで世界で話題になっていました。

そして少なからず相場も動いていました。

 

ですが最近は大企業と提携しても「またか。」といった空気感で話題にもなりませんし相場にも響きません。

もっと大きなことが起こるのをまたなければ相場に影響を与えられなくなっています。

 

長期目線で投資しよう

もはや小さなニュースでは相場に変化はなくなってきています。

仮想通貨がもうもの珍しい時期でなくなった今、世間を騒がせるニュースというのはもっと時間を気長に待つ必要があります。

インターネットも普及するのに10年かかっています。

 

仮想通貨はそのうちのほんの1年程度しか経過していません。(実際は2009年から発行されていますが世間に認知されてスタートだとすると1年です)

 

また市場の伸びも40兆円から400兆円くらいになるまでも長い目線で見る必要がありそうです。

1年で10倍や100倍といった短期目線だと正攻法では難しいです。

 

長期目線で投資しましょう。

 

長期目線にぴったりなやり方でやろう

「じゃあ長期目線でやるっていってもどうやってやったらいいの?」

というところに関しては強制的に長期目線にしてくれるツールを使うといいです。と言えます。

 

例えばbitbankが提供しているビットコイン貸付というサービスなんかはbitbankが信用取引の証拠金として使うお金を貸し出すだけで年利で最大5%の利益付きで強制保管してくれます。

年利は貸し付ける金額で決まります。

 

1BTCなら年利3%

3BTCなら年利4%

10BTC以降なら年利5%

 

のようになっています。具体的な内容はビットバンク(bitbank)貸付のデメリットやリスク 仮想通貨レンディングにリスクなども踏まえて解説しています。

ビットコイン貸付で強制的に長期保有するためにbitbankに登録する人はコチラ

 

Zaifのコイン積立

もう一つオススメなのがZaifのコイン積立です。今現在、Zaifはハッキングを受けてしまい、新規登録できない状況になっています。

しかし、仮想通貨でコイン積立は今もオススメなのは変わりません。

 

仮想通貨の投資の上下の値動きはみんなが考えている以上に心理的に負担がかかります。

毎日、真剣白刃取りのように利ざやを稼いでいるプロたちと戦うので当然です。

 

普通の暮らしに海外旅行をやったり、贅沢なプランで温泉旅行、買いたかった車の足しなどのささやかなご褒美として始めたい人たちにとってはシンドイです。

そんな時に最終的に右肩上がりになっておけばそこそこ稼ぐことができるZaifのコイン積立は今もオススメです。

※今は新規登録できませんが、他に積立ができるサービスが出てきたり、再登録できるようになったら連絡します。

 

どうしてそんなに積立が長期投資に良いのか図解でわかるように【Zaifコイン積立】仮想通貨で堅実に資産を増やせる方法と積立銘柄を解説でまとめています。

 

Zaifは今は難しいのでbitbankのビットコイン貸付が消去法でオススメですね。

bitbankでビットコイン貸付を始めてみる。

 

テクニカル分析も取り入れてみよう

長期目線で仮想通貨を保有することも大切ですが、仮想通貨に対しては一応始めてみるけど半信半疑だという人もいると思います。

もしくは、仮想通貨についてもっと知りたくて試しに始めてみましたという人もいると思います。

 

そうした人に関しては短期目線でも余剰資金で遊んでみると良いと思います。

もちろん素人が今の相場で短期売買で利益を出すのは至難の技だし、時間もかかります。

 

ですので自動で短期売買を行えるサービスの利用がオススメです。

QUOREAと呼ばれる自動売買botを自分で選んで、勝手に自動売買を始めてくれるサービスがあります。

複数のテクニカルトレードを持ったbotが年間でどのくらい利益を出して言ってくれるのかが可視化されています。

 

このサービスを通じて自動売買の感覚をつかめれば、自分でプログラミングしてオリジナルの自動売買botも作ることができるようにもなります。

 

自動売買の分野はまだまだ参入者が少なくて個人的にはアツいと思っています。

FXでは昔からあります。

ただ、参入者がすでに多いし業者がレーサーの世界よりも短い世界で売買を繰り返しまくっているので基本的に個人は勝てないと覆った方が良いと思います。

 

そこで仮想通貨は今のタイミングは自動売買はまだ個人が参入できる余地があると思います。

ですが障壁があって、大抵は高い金額を支払わないと自動売買botは手にはいりません。

そこらへんで少し検索して見つかるものは数十万円とかします。

 

しかもサポートは電話番号なかったり、提供している会社が怪しいし、定期的に更新してくれるかも不明です。

何より投資において最初からマイナスの状態で始まるっていう状態はとてもよくないと思います。

 

投資は心理的に余裕がないと勝てません。最初から負けていたら「取り返したい」という気持ちが強まってしまいます。

その点、QUOREAの場合は0円で始められるのでリスクは0です。

(利益がでた時だけ利益分に手数料がかかる仕組みです。)

 

QUOREAについてもっと知りたい人はQUOREA(クオレア)とは 実際に使って理解したメリットとデメリットを読んでみてください。

 

一発逆転を狙う人は仮想通貨はやめた方が良いかも

一発逆転でなけなしのお金を集めて一気に稼ごう!というのはオススメできません。

理由としてはすでに仮想通貨はガッポリと儲ける時期はすぎていて、もう少し堅実に利益を増やしていかないと行けないからです。

 

もちろん時期によっては狙える時期はあります。例えば年末は高騰しやすいのはあります。

ハードフォークのタイミングで一時的に価格が高騰しやすい傾向もあります。

リブランディングで一時的に価格が高騰したりもします。

 

探せば高騰するタイミングはあるのはあるのでそうしたものを狙っていくのはありです。

しかしそれでも億万長者にはなれません。

 

理由としては、業者の参入によって相場にダマシが現れるようになったこと。

市場が拡大したため同じペースで拡大が難しくなったこと。

今からマイナーなコインが一気に成長する確率は低いこと。

 

アーリーマジョリティである今はまた違った難しさがあるということです。

 

もし今から億万長者を仮想通貨で狙おうと思えばレバレッジ取引くらいしかありません。ですがレバレッジ取引の場合は借金をする可能性があります

リスクを理解していなかった人が絶対に上がると思って借金を背負ってしまうケースもありました。

 

逆に

「リスクについてはわかっている」

という人であれば余剰資金でチャレンジしてみてください。【 賢く選ぶ 】 レバレッジ取引に適した仮想通貨取引所でレバレッジ取引に特化した取引所を紹介しています。

 

確かに今の時期を悲観的にここまで解説しましたが、それを逆手にとると仮想通貨がある程度評価されているつまり、いきなり消滅するようなことはない安心感がメリットとしてあります。

 

「 仮想通貨って儲かるんですか? 」儲かりません まとめ

「 仮想通貨って儲かるんですか? 」儲かりません まとめ

仮想通貨は儲かるものというイメージが先行しがちですがきちんと状況を見極めてから考えましょう。

ガッポリと利益を出していけるフェーズは確かに終わっていますが、まだまだ今後も伸びていく余地は多分にあります。

 

1年、2年よりももっと先を見越してどっしりと投資してみてください。

10年、20年までとは言いませんが、そのくらいの経過してから気がついたら100倍になっていたとかは全然ありえる世界ですよ。

 

未来は誰にも読めませんが、遅かれ早かれ評価が高くなっていくものに仮想通貨は含まれていると私は確信しています。

そもそも紙幣ってなんで信用されているのか説明できますか?仮想通貨だけおまちゃと呼ばれたりしますが、じゃああなたの使っている貨幣はどうして価値を持っているの?って言われてきちんと説明できますでしょうか。

 

仮想通貨にそもそもなぜ価値があるのか知りたい人は「 ビットコインの価値の裏付け 」仮想通貨のビットコインと価値の源泉を読んでみてください。

 

この記事で紹介したbitbankは取引所としても便利なのでオススメですよ。

bitbankの公式サイトはこちら

 

初心者は取引所ってどこを選んだらいいのという人はあなたに最適な取引所 仮想通貨の初心者におすすめの取引所であなたに合わせて取引所を紹介していますよ。

あなたに最適な取引所 仮想通貨の初心者におすすめの取引所

2018.07.28