【 仮想通貨(ビットコイン)で儲かる方法 】リスク5段階で解説する稼ぎ方

仮想通貨(ビットコイン)で儲かる方法 サムネイル
凜とした女性
仮想通貨(ビットコイン)で儲かる方法を知りたい
マッチョな男性
 仮想通貨を始めてみたいけどどうやったら儲かるのか知りたい

 

前回は、儲かる仕組みについて解説しました。

そもそも、どうしてビットコインで儲かる、儲からないという話になるのか今いちピンと来ない人は下のビットコインの儲かる仕組みの記事を参考にしてみてください。

ビットコインの儲かる仕組み サムネイル

【 ビットコインの儲かる仕組み 】仮想通貨の知識が0でもワカる【 図解説 】

2019年5月17日

 

この記事では、具体的にビットコインで利益を出していくための手法をリスク別に紹介して今日から選んで始めて行けるようにしました。

(すでに取引所の口座がある場合です)

 

仮想通貨(ビットコイン)で儲かる方法

儲かる方法を5段階評価で分けました。

リスク評価5が最大リスクで分類する儲かる方法

リスク評価5 ICO(およびIEOやSTOなど)

リスク評価4 レバレッジ取引(ビットコインFX)

リスク評価3 現物取引(基本は買ったまま放置)

リスク評価2 仮想通貨の積立投資

リスク評価1 ビットコインも含んだ金融商品(ETF)

 

リスク評価5 ICO(およびIEOやSTOなど)

仮想通貨の儲かる方法 リスク評価5

もっともリスクが高いのはICO(およびICOから派生したIEOやSTO)です。

リスクが高いのか、それは単純に上手くいく可能性がグンと低いからです。

 

ICOとは資金調達手段のことで、もらった資金と交換に、仮想通貨を新規発行して配る行為になります。株と同じ原理です。

しかし、投資家保護に対する法規制が整っておらず、監査はなされておらず、どこの馬の骨かわからない人たちでも開催できます。

 

派生したIEOやSTOでは改善はされてきていますが、将来的に価値を高めていく可能性はとても低いと思います。

草猫店長
IEOやSTOの違いをもう少し知りたい人は【 IPOとICO(STOやIEO)との違い 】増える仮想通貨の資金調達手段を読んでみると良いにゃあ。監査の有無という点で解説しているにゃあ。

 

どれほどICOが困難なのかがわかる記事として、【 ICO詐欺の見分け方 】ICOのリスクや危険性とIPO・STO・IEOが参考になります。

統計に基づいて大雑把に成功する難易度について語っています。

ICO詐欺の見分け方 サムネイル

【 ICO詐欺の見分け方 】ICOのリスクや危険性とIPO・STO・IEO

2018年5月6日

 

リスク評価4 レバレッジ取引(ビットコインFX)

仮想通貨の儲かる方法 リスク評価4

次はレバレッジ取引です。

 

レバレッジ取引とは自分の資産を数字の上でだけ2倍、4倍、8倍にして取引をするハイリスクな取引のことを言います。

資産を倍増させるにはお金を借りないといけません。

 

実際に取引所でレバレッジ取引を行う際はあまり借金という感覚なく取引できてしまいますが掛け金が大きな分だけ大損してしまった際に自分の資産以上に損失が生じます

そうすると借金として返済はもちろんですし、仮想通貨から退場しないといけません。再起不能になる可能性があります。

 

仮想通貨はそのままの相場ですでに大きなレバレッジがかかっているような荒い相場です。荒い相場にレバレッジをかけることは間違いなくリスクは低くないことがわかります。

もちろん、リターンもそれだけ多いです。また、トレーダーを目指す人なら損切りを徹底していると思うので借金することはほぼ無いかと思います。

 

もしも興味があれば最低限はチャートを分析する必要があります。

仮想通貨でテクニカル分析のやり方をおすすめチャート分析ツールで紹介で無料で使えて便利なツールを紹介しているので目を通してみてください。

TradingViewサムネイル

仮想通貨でテクニカル分析のやり方をおすすめチャート分析ツールで紹介

2018年3月23日

 

リスク評価3 現物取引(レバレッジのない信用取引も)

仮想通貨の儲かる方法 リスク評価3

特にメジャーな仮想通貨における現物取引を意識しています。

マイナー通貨の場合は通貨そのものの価値が限りなく0になることは多々あるので基本的にハイリスクです。

 

現物取引は自分が入りたいタイミングで入り、抜けたいタイミングで出ることで一番ベーシックな投資方法だと思います。

 

リスク評価3としているのは、人によっては借金してまで購入するようなハイリスクなやり方もあるし、資産の数%までというようになくなっても良い金額を投じている人はローリスクだと思います。

人によって大きく異なるためです。

 

現物取引をする人は仮想通貨、特にビットコインについては期待値を難しい計算などはしなくても良いのである程度は意識してから手を出してみると良いと思います。

【 ビットコインは儲かるのか 】 これから仮想通貨へ参入する人の期待値を参考にどうぞ。

ビットコインは儲かるのか サムネイル

【 ビットコインは儲かるのか 】 これから仮想通貨へ参入する人の期待値

2019年5月16日

 

リスク評価2 仮想通貨の積立投資

仮想通貨の儲かる方法 リスク評価2

手動での操作になりますが仮想通貨の積立投資がおすすめです。

 

毎月決まった金額を仮想通貨で買います。メリットはたくさんありますが荒くて急成長を遂げている仮想通貨のような相場だととても相性が良いです。

 

また、もし途中で仮想通貨の価値が極端に低くなってしまっても、毎月投資するタイミングも価値が低くなったタイミングですので大損は避けられやすいです。

先に全額突っ込んでしまった場合よりもダメージは小さいです。

草猫店長
でもリスクが低い分だけリターンも減ってしまうから一発逆転の人には向かないにゃあ。

 

過去のバブル相場でもしも1万円で積立投資していた場合のシミュレーションを行ったところ、全期間で赤字の月は2ヶ月分しかありませんでした。

詳細は【 1万円で始める積立預金 】 仮想通貨(暗号資産)の積立預金は最強だったの記事まで。

 

現状の仮想通貨投資の中で、積立式がもっとも無難な方法だと思っています。

もちろん、もう少し頭をひねった賢いやり方もあるのでしょうが、ほとんどの人はこのやり方で十分だと思っています。

 

リスク評価1 ビットコインも含んだ金融商品(ETF)

仮想通貨の儲かる方法 リスク評価1

ビットコインは金融商品の中の一つという方向性でビットコインを間接的に購入する投資法です。

利益率も年利5%〜といったものですので、逆に損するにしても数%しか損しません。

 

最近はロボアドバイザーということで、THEOやウェルスナビと呼ばれるサービスが人気で代理でETF(いろんな金融商品を詰め込んだパッケージ)へ自動で投資してくれます。

 

草猫店長
ここまでいくとリスクは確かに低いけど仮想通貨への投資とはあまり言えなくなるにゃあ。

 

気になる人はロボアドバイザーの利回り ウェルスナビとTHEOと楽ラップを比較を読んでみてください。

ロボアドバイザーの利回り サムネイル

ロボアドバイザーの利回り ウェルスナビとTHEOと楽ラップを比較

2018年6月17日

 

個人的におすすめな組み合わせ投資法

積立投資が現状ではもっとも無難な投資方法だと思っていますが、正直、面白みには欠けています。

 

自分で分析してリターンが得られたり、ファンダメンタルを読んで一発当ててみることも良い悪いは別にして投資としての楽しみ方の一つです。

マイナー通貨やICO(IEOやSTO)は一発当たれば何百倍の夢いっぱいです。

 

そこで私は“信用取引”“積立投資”(もしくは長期目線での保有)を組み合わせる方法を取るのが良いかと思います。

その際に信用取引の投資額は積立投資に使う金額の2割と3割までと積立金額に対しては大幅に小さく資産を割り当てます。

 

年間12万円を積立投資に当てるとして、信用取引は3万円にする、とか割り当て方は自由ですが信用取引の方は大幅に小さくすることが肝心です。

 

でも少額で信用取引をやってもまともにトレーディングできないんじゃない?

 

と思う人も少なくないと思いますが幸いなことに仮想通貨は1万円でも本格的にトレーディングできます。ビットコインは1000円未満から売買できるからです。

しかも1万円から数十万円まで資産を増やしているツワモノも中にはいます。

詳細は仮想通貨はいくらから?初心者が1万円ではじめる仮想通貨を読んでみてください。

 

また、信用取引に関しても自動売買ツールなどを使えば時間も取らずに好成績のbotを見つけて勝手に稼いでくれます。

【失敗談あり】 仮想通貨の自動売買サービスのまとめの記事では注意点を踏まえた上で仮想通貨の自動売買サービスについて解説しています。

 

草猫店長
トレーディングの具体的なやり方に関していえば仮想通貨は特にエリオットウェーブと呼ばれる古くから使われている手法を覚えとく良いにゃあ。
コネ
エリオットウェーブの有用性については【 ビットコインの高値掴みを避ける方法 】天井はエリオットウェーブで占えるの記事を参考にしてみてくださいね〜

 

仮想通貨(ビットコイン)で儲かる方法 まとめ

仮想通貨(ビットコイン)で儲かる方法 まとめ

これを読めば今日からでも上の紹介した投資方法は実践できます。どれも可能な限り少額で試してみるのも良いかと思います。

 

さて、「 仮想通貨(ビットコイン)で儲かる方法 」をここまで紹介しました。

一方で紹介した方法だけでなく、最近では仮想通貨を使った投資方法はどんどん種類が増えています。

 

以前は増えていく投資方法をまとめるため、「仮想通貨の投資 全部で方法は12種類」の記事でほとんど全ての投資方法についてまとめました。

 

いまいちこの記事を読んでもピンと来なかったという人はビットコインの儲かる仕組みの記事を参考にしてみてください。

ビットコインの儲かる仕組み サムネイル

【 ビットコインの儲かる仕組み 】仮想通貨の知識が0でもワカる【 図解説 】

2019年5月17日