【 画像 】 GMOコインでビットコインを購入する3つの買い方

GMOコインでビットコインを購入する3つの買い方 サムネイル

「GMOコインに登録したものの、買い方がたくさんあってよくわからない」

「登録しようか悩んでいるけど、実際に買う場合はどうしたらいいの」

 

そんなあなたに向けて、GMOコインにはビットコインを購入するための方法が3つがあるので紹介します。

 

初心者は混同しやすいと思うので、それぞれの違いをおさえつつ、順番に図解説しました。

この記事を読めばビットコインをGMOコインで買うのに悩むことはなくなります。

ビットコインバーゲン人気取引所ランキング
ビットコインバーゲンの記事を読んで、仮想通貨取引所に登録した方の統計を元に人気ランキングを作成しました!

Rank1位1位:GMOコイン

  • 【送金手数料が無料】初心者でも自然に扱いやすくて送金手数料が無料なのにスプレッドも安いGMOコイン。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ

Rank2位2位:bitbank

  • 【XRP最強の取引所】100%コールドウォレット管理の世界水準セキュリティでテクニカルトレードが可能!ビットコイン貸付で強制ガチホもできるのはbitbank。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ モナコイン ロゴ 

Rank3位位:Liquid by QUOINE 

  • 【QASH買える】メルカリに次ぐユニコーン企業の取引所Liquid。プロ投資家も納得の国内一位の取引高。BNB同様に実利用で期待のQASHを購入可。

仮想通貨の送金手数料 説明画像13 ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ

GMOコインは販売所・取引所・仮想通貨FXの3種類

GMOコインの場合は、

「販売所」「取引所」「仮想通貨FX」

の3種類でそれぞれビットコインを購入できます。

 

販売所と取引所の違いですが、

販売所は対企業(GMOコイン社)から仮想通貨を売買します。

 

取引所は個人間で仮想通貨を売買します。

細かい違いについて知りたい人は仮想通貨の販売所と取引所の違いとメリット・デメリットをスッキリ解説を読んでみてください。

 

「仮想通貨FX」で購入した仮想通貨は送金したりできないので、他の取引所やアプリに送金したいという人は「販売所」or「取引所」で仮想通貨を購入しましょう。

 

販売所でビットコインを購入する

GMOコインの公式サイト

 

メニューバーの項目にある「販売所」を選択します。(ブラウザなら左側の項目)

 

購入価格を参考に、金額(ここでは日本円)を指定します。

あとは購入ボタンを押せば完了です。

 

取引所でビットコインを購入する

メニューバーの項目にある「現物取引」を選択します。(ブラウザなら左側の項目)

 

最安値「売りに出されている一番安い価格」を確認して下へスクロールします。

 

画像のピンクの枠にしたがって項目を埋めていきけば、確認画面に飛べますので購入できます。(最初は少額で購入してみましょう。)

 

仮想通貨FXでビットコインを購入する

メニューバーの項目にある「仮想通貨FX」を選択します。(ブラウザなら左側の項目)

 

複数の注文タイプの中から好きなものを選びます(GMOコインのFXの場合は成行でも売買手数料がかかりません)

あとは売買を自分で選んで、購入したい金額を選択したら「ASK」or「BID」を選んで実行しましょう。

 

GMOコインの仮想通貨FXとレバレッジ取引の違い

どちらもほとんど同じです。取引画面だけは違います。

建玉に対する手数料で、1日につき 0.04% かかるのですがどちらも手数料も同じですし、倍率も5倍と10倍からの選択なので同じです。

 

GMOコインの手数料に関しては【 GMOコインの手数料 】 公式サイトの内容を噛み砕いて説明するの記事よりわかりやすくまとめている記事はほとんどないと思います。

 

じゃあなんでレバレッジと仮想通貨FXの二つを残しているの?

と思った人もいるかと思いますが単純に使っている人への利便性だと思います。

 

“仮想通貨FX”のページだと「成行」「指値」「IFD」「OCO」「IFD-OCO」の中から好きな注文手法を選べます。

“レバレッジ取引”のページだと”現物取引”と同じデザインでレバレッジ取引ができます。

 

仮想通貨FXに関してはアプリの方が見やすい

GMOコインでFXするなら「ビットレ君」というアプリが間違いなく良いです。

 

私は全アプリの中でシンプルながらも一番機能的なアプリは「ビットレ君」がNo.1だと思っています。

時間軸の切り替えから、フィボナッチラインを引くところまでスマホの小さな画面であっても簡単にできてしまいます。

 

GMOコインで取引しなくてもアプリだけは使っているという人もいますね。

チャート分析はGMOコインのビットレ君に決定!使い方と機能を紹介で使い方の詳細まで図解説しています。

 

ブラウザだったらツールを使った方が良い

「WebTrader」というブラウザに特化したツールも提供しています。

使いやすさで言えば、特段使いやすいという印象を受けませんが、中級者向けのテクニカルトレードが行えるのでそこそこ高機能になっています。

ブラウザのWebページから飛ぶことができます。ブラウザで売買するのであれば積極的に使って見てください。

 

初心者は「販売所」でまずは少額購入してみよう

最初は1万円未満でも良いので、とりあえず購入してみることを推奨します。

私も初めてビットコインを購入したタイミングで、いきなり取引所を利用したのですがきちんと購入できるのか不安でした。

 

「販売所」で購入して、しばらく放置してみて利益のことはあまり考えずに好きなタイミングで売って見てください。

 

それから補助輪を外すように取引所で売買していってステップアップすると良いかと思います。

 

取引所の方が手数料が安いとはいえ、一桁間違えて入力すると、即座に買い手もしくは売り手が現れて決済されてしまいます。

 

泣きを訴えても1円足りともかえって来ないので取引所では注意して入力しましょ。

そして、ビットコインを購入してみることだけでも新しいチャレンジなのに操作ミスについても考えるのはややこしさが増してしまいますよね。

 

そこを踏まえてまずは「販売所」を使ってみましょう。というのが私の主張です。

GMOコインの公式サイト

 

GMOコインでビットコインを購入する3つの買い方 まとめ

要点
❶. 「販売所」「取引所」「仮想通貨FX」の3種類の買い方がある

❷. 初心者は「販売所」を使って、慣れたら「取引所」で少額購入してみると吉

❸. 売買の流れが分かったらスマホなら「ビットレ君」、ブラウザなら「WebTrader」がとっても便利

 

GMOコインでビットコインを購入する方法でした。

「リップルが購入したいなあ」という人は、GMOコインで仮想通貨リップルの購入方法!XRPの買い方を図解説を読んでみてください。