FTXへ登録して入金するまでの方法【かんたん図解説】

FTX簡単登録

「FTXを使ってみたいけれど登録方法がわからない」

そんな人へ向けて記事を書きました。

この記事を読めばFTXへ登録する方法に加えて便利な使い方も少し解説しているのでプラスアルファで覚えられることがあります。

FTXで今日からトレードを始めていきたい!という人は是非読んでみてください。

草猫店長
登録の流れはこうだにゃあ

①メールアドレスで登録する

②入金できる状態にするためプロフィールで個人情報を入力する

③(必要な人のみ)さらにプロフィールを入力する

④入金する方法

⑤おまけ:便利な使い方

①メールアドレスで登録する

草猫店長
まずはFTXの公式サイトへいくんだにゃあ
ログイン
草猫店長
画面右上の「REGISTER」をクリックするにゃあ
REGISTER
草猫店長
登録画面が出てくるからメールアドレスとパスワードを入力するにゃあ
登録画面

パスワードはできる限り強固なものを使いましょう。安全なパスワードを生成するサイトはこちらの記事でまとめています。

「Click to verify」と「I agree 以下略」もクリックしておきましょう。

草猫店長
「Click to veryfy」をクリックするとパズルピースの穴埋め認証が出てくるのでくぼみにパズルピースを埋め込むんだにゃあ
パズルピース

②入金できる状態にするためプロフィールで個人情報を入力する

草猫店長
登録が済むとHOME画面に戻ったと思うので「WALLET」のボタンをクリックするにゃあ。ちなみに登録後はメールアドレス認証は不要だにゃあ。
WALLET

ウォレットの一覧画面へ飛んだことが確認できます。

草猫店長
ウォレット一覧画面になると入金や出金ができていない状態だにゃあ。任意のところの「COMPLETE IDENTITY VERIFICATION」をクリックしてプロフィール入力画面へいく必要があるんだにゃあ。
ウォレット一覧画面
草猫店長
プロフィール入力画面になるからここのフォームを入力すれば入金できるようになるにゃあ。デフォルトで「Individual(個人)」があって「Institution(機関)も選べるけど個人の人はそのままで良いにゃあ。」
個人情報入力 SUBMIT

入力が済んだら「SUBMIT INFORMATION」にしておきましょう。

ちなみに、個人証明書類を提出していない状態では1日あたり2000~9000ドルの出金に制限されます。大きな金額を動かしたい人はさらなる

③(必要な人のみ)さらにプロフィールを入力する

草猫店長
「もっと大きな金額で入出金できるようになりたい。」という人は再び「WALLET」の画面に飛ぶんだにゃあ。
WALLET
草猫店長
すると「VERIFY IDENTITY」というボタンが表示されるようになっているからここをクリックすれば先ほどのプロフィール入力と同じようにプロフィール設定(個人証明書を提出)することで入出金の制限が解除されるようになるにゃあ
レベル2への登録

④入金する方法

送金する銘柄に悩む場合はLTC(ライトコイン)を選んでおけば手数料や売買の価格差でほとんど間違いありません。

加えて送金スピードも早く10分もあれば到着します。

そのためLTCを使った入金方法で解説します。

草猫店長
まずはウォレットのページへ移動するにゃあ
WALLET
草猫店長
DEPOSITとは「預入」と同じだにゃあ。DEPOSITを選ぶにゃあ。
DEPOSITを選択する

逆にWITHDRAWは引き出しという意味です。

草猫店長
すると預入用のアドレスが表示されるからこれを送金元で使うにゃあ。
アドレス表示
草猫店長
画像はBINANCEのライトコインの送金画面だにゃあ。自分が普段つかっている取引所を選ぶと良いにゃあ
送金

※テスト送金しましょう。ライトコインの送金手数料は0.001 LTC(取引所によるものの安いには変わらない)ですので入力ミスに比べると低い代償です。

これで入金は完了です。

草猫店長
送金して10分〜もあれば着金できてると思うにゃあ。

換金する

続いてLTCのままにしておきたくない人もいると思うので換金する方法を軽く紹介します。

最安値で換金したい人はトレード画面で指値を入れて別の銘柄へ換金しましょう。

今回はそんな面倒なことをせずに済む方法です。

草猫店長
画像のように178.89ドルのLTCの着金に成功してるにゃあ。確認できたら「CONVERT」のボタンを選択するにゃあ。
DEPOSIT
草猫店長
画像のようにUSDと換金できるからUSDに換金するにゃあ。価格変動リスクが怖い人はぜひUSDTよりUSDをおすすめするにゃあ。
換金

おまけ:便利な使い方

FTTトークンの活用法を解説。

FTTトークンを保有するだけで売買手数料が安くなる

FTTトークンは保有量に応じて売買手数料を安くしてくれます。FTTトークンは現在、時価総額で50位以内あります。

BINANCE取引所のバイナンストークンと同様に取引所内の実需に価値がもとづいているため大幅に価格が下がるリスクは比較的に低いといえ、取引所の利用者が増えるほど価値を高めていきやすい傾向があります。

そのため他の通貨と比べても相対的にリスクは低いと考えています(全ての銘柄がBTCに価格は引っ張られていますし最終判断は自己責任としか言えません)

加えて、FTX上で生じた手数料の3分の1に値するFTTを焼却(一生使えなくする)することでインフレ率をゆるやかに上がるようにコントロールしているところも相対的にリスクが低い理由になります。

IEOに参加する

IEOは不定期に開催されています。登録しておくことでいち早く応募することができます。

※条件1:参加するためには本人確認(証明写真アップロードが必要。KYCレベル2)が前提です
※条件2:2段階認証の設定を済ませておくこと
※条件3:30日あたりの売買額が5万ドル以上必要です
(例えば1000ドルの売買を1往復で2000ドルの売買額になる。1000ドルで25回往復すれば5万ドルになる)

FTXで開催されるIEOは日本人にも人気があります。応募しても抽選が外れることも多いので注意。

まとめ

FTXは便利な取引所でBINANCEにはない特徴がたくさんあるのでぜひ良さそうだな、と思った人は登録してみてください。

FTXの公式サイト