【 仮想通貨の買い方を動画つきで解説 】仮想通貨ってどこで買うべき?

仮想通貨の買い方を動画つきで解説 サムネイル
マッチョな男性
仮想通貨を試しに買ってみたいな〜と思うけれどどうやって仮想通貨って買っていいのかわからないなあ。

 

そんなあなたに向けて記事を書きました。

私も仮想通貨を始めたばかりの頃は仮想通貨を買うってどういうことなのかよくわかりませんでした。

少し調べてみると「取引所」に登録する必要があって〜と解説されている記事がありますが、ただ登録させたいだけで、「取引所」を利用する必然性もイマイチわかりませんでした。

 

この記事では、仮想通貨を初心者が「取引所」を経由してからなぜ購入しなければならないのかまで理解できるように解説しました。

仮想通貨の買い方をよく分からないセールストークではなく普通に必要な手順を抑えながら知りたい人にお役たちできると思いますよ。

 

日本円を換金する必要がある

仮想通貨を利用するためのフロー

なぜ色々な人の記事を見ても「まずは取引所に登録しましょう」と言うのでしょうか。

それは日本円を仮想通貨に両替してくれる代表的なところが取引所になるからです。

 

当たり前ですが、そこらへんの金券ショップへ言ってもデジタル通貨である仮想通貨を購入することができません。

「取引所」は売買して利益を積み重ねるための場所として利用されますが、純粋に仮想通貨を買ってみたいという場合も日本円を各仮想通貨へと換金してくれる「取引所」が必要になります。

 

だからどの記事を読んでも「取引所」を開設しましょうと解説されています。

もちろん他にも購入するための方法はあります。オススメはしませんが別の項でも解説します。

 

買う手順は簡単

「取引所」さえ解説すれば買い方はすごく簡単です。

①取引所に日本円を入金する

②日本円で仮想通貨を購入する

 

ここで購入した仮想通貨をブロックチェーンゲームで利用したり、仮想通貨を預けることに特化したウォレットに送金しようとするともう少し手順が増えます。

 

実際に購入してみる【動画つき】

上はLiquid by QUOINEと呼ばれる取引所でビットコインを買ってみる動画(GIF画像)です。

上の動画だとただ買いたい数量を入力して「買う」をしているだけですね。とっても簡単です。(銀行口座に日本円が入っていないとできません)

 

スマホの方は少し見にくいかもしれません。「 0.0033BTC 」と買いたい数量を入力して「買う」ボタンをクリックしています

 

①最初に現在の価格を確認します。

 

②次にいちばん安い売値をチェックします。

 

草猫店長
相場の価格は目安で、実際に個人同士で売買しているので個々人が値付けした売値で実際に自分が購入できる金額を確認できるんだにゃあ。

 

③最後に買いたい数量を入力すれば、自動でその時点で自分が購入できるいちばん安い売値でビットコインを買えます。

コネ
この自動でいちばん安い売値を見つけて買う注文方法は「成行注文」というんですね〜。初心者は「成行注文」をどんどん使っていきましょう〜

この一連の流れを見て、「ちょっと自分できるかなあ」と不安に感じた人はもっと安く簡単に売り買いすることができる「販売所」のある取引所を選びましょう。

 

私が一周回っていちばん使いやすいと感じた取引所はGMOコインです。ここなら間違えることなく操作できるようになると思います。

GMOコインの公式サイトはこちら

 

注意!操作を誤ると資金を失うことがある

初心者で特に注意しないといけないのが「指値注文」の際に桁を一つ間違えて入力してしまい10倍の値段で仮想通貨を購入してしまうことです。

一度間違えて入力して「買う」を選んで注文が決まってしまうと機械的に処理されるので決して「ちょっとミスした待って」が通用しません。

 

先ほどの「成行注文」では起こりませんが、「指値注文」をするときに初心者は悲しい一桁のミスをしがちなので注意です。

 

こうした些細な間違えで大きな資産を失うこともあるので私の場合は少しでも自信がないな、って人は少し手数料が高くついたとしてもとにかく簡単に使える取引所を選びましょうとよく説明しています。

 

仮想通貨の他の買い方【オススメはしません】

もちろん取引所以外でも仮想通貨を購入することはできます。

 

①友達や知人から直接買う

②ウォレットサイトでクレジットカードを使って購入する

③クラウドマイニングを通じてマイニングで得た仮想通貨をそのまま使う

 

特に初めての人で②と③から入った人はほぼ皆無だと思います。始め方がニッチすぎます。

 

①に関しては、海外サイトであれば仮想通貨の口座自体はメールアドレスさえあれば購入できます。

ですので、理由があって口座を開設できなくても知人がいれば口座に仮想通貨を送ってもらうことで購入することができます。

 

どれもマイナーな方法なのでオススメはしませんが何か特別な事情があって仮想通貨を購入できない人は参考にしてみればと思います。

 

最初に仮想通貨を買うならココ

とりあえず仮想通貨を買うのであれば下の3つの取引所がオススメです。

今から紹介する取引所は新規登録規制などもされていないですし、資本金もがっぽり持っている会社なので有事の際の安心感が違います。

 

GMOコイン

GMOコイン4

最初に始めるのであればGMOコインがいちばん無難です。万人向けな取引所です。

仮想通貨を始めるに当たってできる限り簡単に使える取引所を選びましょう。

 

GMOコインは「販売所」も兼ねていてとても容易に利用できます。

 

それでいて大手の安心感もありますし資本金が大きいので万が一大きなハッキングが起こったとしても確実なことは言えませんが損失分を補償してくれるかと思います。

 

いちばん無難な最初の取引所はGMOコインです

GMOコインの公式サイトはこちら

 

bitbank

bitbankロゴ

次にオススメなのはbitbankです。

bitbankは中級者向けですのでもともとFXや株で経験がある人の場合だと特にオススメできます。

取引所の中でも老舗に入るので長い運営歴の安心感があります。

 

特に100%コールドウォレット管理をしているのであなたの資産が直接的に日々のトレードで使われることはありません。

1日で取引される数量をbitbankが予想して、bitbankの資産のみで動かしています。

 

利用者の資産は見かけ上しか動いておらず、実際はオフライン管理されているので万が一ハッキングが起こってしまっても大丈夫です。

bitbankの公式サイトはこちら

 

Liquid by QUOINE

Liquid by QUOINEはセキュリティ対策がとにかくしっかりしている所を利用したい!という人にとてもオススメできます。

Liquid by QUOINEはセキュリティを大事にしているためログインに一手間(メール認証と二段階認証)必要だったり、出金と入金に時間がかかったりします。

 

他の取引所と比較して時間がかかるところがあるので頻繁に送金をする人には少し合わないかと思います。

ですが安全に取引をしたい!という人にとってはLiquidはとても安心だと思います。

 

ただし、ネックなポイントとしてはLiquid by QUOINEはカスタマイズ性がある程度高いので中級者向けの取引所です。

ですがそれはパソコンでの操作での話で簡易版のアプリの操作性はトップクラスに使いやすいです。

 

見やすいチャート画面にピンク枠の所をワンタップすれば通貨を切り替えできます。

 

購入も買いたい数量を入力して「買う」ボタンを押せば購入完了します。

 

初心者の方でもスマホメインで使うよ!という人はLiquid by QUOINEがオススメです。

Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら

 

アプリの使い方を知りたい人はスマホアプリLiquid by QUOINEライト版の使い方 画像つき解説をみると画像付きで使い方を理解することができますよ。

スマホアプリLiquid by QUOINEライト版の使い方 画像つき解説

2018.10.04

 

仮想通貨の買い方を動画つきで解説 まとめ

ここまで仮想通貨の買い方について解説しました。

仮想通貨を買うこと自体はとても簡単でしたね。

 

そして、取引所へ登録しなければならない理由についても解説しました。

日本円を換金してくれるところが取引所だからですね。

 

ただ、これから様々な買い方が増えてくるのかなと思います。国内ではビットコインATMは少ないですが世界ではあちこちに散らばっています。

そうしたATMで購入できるようになったり、Amazonギフト券のようにビットコインギフト券をコンビニで購入できるようになるかもしれません。

 

ですが現状は取引所ほぼ一択ですね。また新しい仮想通貨の買い方が出てきたらこのブログで紹介していきたいと思います。

仮想通貨について基本的なところから知りたい!という人は【まるっとワカる】仮想通貨の仕組み ゼロ知識からのビットコイン特集で仮想通貨の歴史から成り立ちまで解説しています。

【まるっとワカる】仮想通貨の仕組み ゼロ知識からのビットコイン特集

2018.08.25

 

本日紹介した取引所の公式サイト一覧はコチラ

GMOコインの公式サイトはこちら

bitbankの公式サイトはこちら

Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら