QUOREA(クオレア)とは 実際に使って理解したメリットとデメリット

QUOREA(クオレア)とは サムネイル

この記事では、半年間QUOREA(クオレア)を触ってきた私がQUOREA(クオレア)の特徴とメリットを解説します。

 

凜とした女性
QUOREA(クオレア)ってあまり情報がないしちゃんとした会社が運営しているの?
マッチョな男性
使っていくイメージが湧かないんだけど本当に利益を出していけるの?

 

さて、QUOREA(クオレア)について調べてきた人の中には知名度が低いために実際のところどうなの?ってところが気になっていると思いました。

こうした疑問がある人のために記事をまとめています。

 

この記事を読むことで、QUOREA(クオレア)のサービスの全体像とどのくらい儲かりそうなのかがある程度わかるようになります

 

※QUOREAは有料な不特定多数の人が作ったbotの中から良質なbotを選んで運用していけるので、

最近の仮想通貨の相場はさきが読めなくなってきたなあ

という人にぴったりです。

 

QUOREAの特徴

最初に特徴についてまとめました。

QUOREAの特徴
❶. 無料で誰かが作ったbotを何個でも自由に使える(2019/3/3 追記 最大0.05%の手数料

❷. botの勝率と利益率が事前にわかる

❸. “利益が出たときだけ” 利益に手数料が発生する(2019/3/3 追記あり 利益手数料なし

❹. 自分でbotを簡単に作成できて、誰かの利益に貢献した分だけ報酬がもらえる

❺. 会社が運営している安心感がある

 

ざっと上のメリットがあります。今までの個人間でのbotの販売には柔軟なやり方がありませんでした。

 

個人で成果報酬型のbotなんて作ってられませんからね。

利益が出たら利益にのみ手数料がかかるため何もせずにマイナスになることはないのは強いです。

無料でQUOREAのbotを試してみ見るならこちら

 

(2019年3月3日 追記)

❶の無料でbotが扱えるについて、最大で取引高の0.05%が使用料として変更されました。(100万円分の売買をすれば500円の手数料が必要になります。)

 

その代わり、❸の利益に応じた課金システムはなくなり、いくら利益が出ても取引高の0.05%に固定されています。

 

QUOREAは利用者のお問い合わせに応じて課金方式を少しずつ変更しています。情報との差異があったらすみません。

 

混沌としたタイミングと短中期に使えるサービス

QUORE(クオレア)はどういうbotサービスなのかというと、

QUOREAは先が読めない相場での短中期で使えるサービスです。

 

botがそもそも短中期が得意です。そしてQUOREAに至っては事前に勝率と利益率に透明性があります。

 

長期になると相場の性格が変わるのですが短期であればある程度、先読みに強いです。

 

ですのでよく分からなくなっている相場の時ほど力を発揮します。

 

そもそもbotとはどういうもの

そもそもbotとは、既に利益が出せているプロトレーダーの人が自分でやるには面倒になってきたから自動化してやろう。

 

という動機でつくられることが一般的なプログラミングで作られた自動売買ツールです。

 

ですので投資の素人がbotをつくって利用しても利益を出せるようにはなかなかなりません。(例外もありますが少数です)

 

ですがプロがつくったbotを利用する場合は別ですね。

もともと勝っている人が自分を再現したbotが勝てないわけがありません。

 

投資家のbotは儲かる。でも

ですので強いトレーダーは自分でつくったbotを販売するブームが起こりました。

実際に利益が出ている人もいたようです。

 

ですがこれにも問題があって、販売者の人が定期的にメンテナンスをしてくれる保証がないんですね。

 

結局、バクチに近くなってしまいます。

特に長期になるほど投資家は適応できますがbotはプログラミングされたままでどんどん相場を読めなくなってしまいます。

 

また販売者がいつまでやる気を見せて更新してくれるかもわかりません笑

体調を崩してしまうこともいつでも起こりえます。

 

良質なbotを常に選べる環境

だったらいろんなbotを使えばいいじゃん

 

ということですが、個人で販売されているbotって凄く高いんですよね笑

販売してる本人からすれば費用対効果でかんがえると信じられないくらい安いのでしょうが、資金がない人には辛すぎです。

 

3万円~なんかは普通です。それもお試しで使うこともできません。

 

私は資金があまりない人でも仮想通貨をもっと楽しんで欲しいと思って1万円から仮想通貨をはじめられるよ。ということを伝えてきました。

そうした資金がない人の場合はきついですよね。

 

そんな中で良質なbotを選んで使って、良いものだけが残る仕組みを提供してるQUOREAは良い選択肢だなと思いました。

 

1万円からでも始められるので、日足botを選べば月に数十円で多くても数百円の手数料でbotのお試しができます。(最初は少額で始めることを強く推奨します)

 

何より利益が出たあとに botの作り手 に利益が還元される仕組み は納得感が違いますよね。

 

資産がある人は今まで通りで費用対効果で何でも選べば良いと思いますが、あまり多くない資金で動かす人にとっては強い味方になり得るサービスです

 

普通は一律で手数料が資産にかかる

普通のファンドの場合は資産に手数料が課金されがちです。

預けた資産の1%が毎月の手数料です。なんてものにすれば1年間で 12% も手数料で減ります。

しかも損失を抱えてもかかります。

 

QUOREAの場合は取引高に応じて課金されます。

(1万円の売りプラス買いを100回繰り返したら100万円の取引高になって手数料が500円になる計算です。)

 

「1万円で500円の月手数料って高いよなあ」

って正直思った人もいるかもしれません。

ですが、実際に100回も取引するのは「分足」という短い時間軸のbotです。

一般的な「日足」のbotだと、1万円で3日に1回としても一月50円程度にしかなりません。

 

このくらいの手数料で良質なbotを選び放題なQUOREAが0円から使えるbotサービスの中で今のところ一番最強だと思っていて、こちらにも記事で紹介しています。

1万円からはじめるbotライフ ~ 無料で仮想通貨の自動売買 ~

2018.09.04

 

長期目線は安定のガチホが良いかと

ここまでQUOREAを凄く褒めていますが、それでもやっぱり3年先くらいを見越した長期の投資に関してはガチホにしたままで良いと思います。

長期用の資産までつぎ込まなくても良いと思っています。

 

理由としてはQUOREAそのものよりもbotの弱点にあります。

 

botの弱点は未来です。botは過去のデータをつなぎ合わせながら相場の先読みをします。

つまり過去がキーポイント何ですね。

 

一方で、 2017年度末 のような仮想通貨が一気に伸びる時期というのは “過去” にはない出来事なので bot は先読みできなくなってしまいます。

 

要するに一番おいしい時期を逃す可能性が bot にはあるということです。

ですので、 3年くらい先を見越して投資をするのであればガチホが良いと思います。

 

でもやっぱり、短中期で利益を出していくのであればQUOREAはとても良いサービスだと思います。

 

相場全体が冷え込んでいる時にガチホは精神的に不安になります。

悪いニュースや世間の反応がなくなっていく中で早く手を弾きたい気持ちが強くなりますよね。

 

ですがそんな中でbotで勝率が高く利益を出していけたら精神的にラクになります。

それに使ってみたbotの勝率が悪いと思ったら別のものを利用すれば良いだけです。

 

資産があまりない人は1万円くらいの少額でやると良いと思います。

QUOREAの公式サイトはこちら

 

実際に使ってみての感想

上がZaifと連携して実際に使ってみた時のデータです。2種類のbotを利用しています。

取引金額は1万円程度です。(途中で2万円にしました)

 

私の場合は 8月22日 以降に取引を全くしなくなってし待ったので、空白期間中に 3種類のbotを利用することにしました。

今のところ、好調に動いています。

 

bot は3個からスタートすると良いかと

最初から10個も20個もbotを利用するとタイミングによっては注文の嵐がくるかもしれません。

そうすると注文回数が増えてしまって手数料が地味にツライことになります。

 

お試しで使ってみる分にはbotは3個で良いかなと思います。

2個だと私のように空白の期間が長引く可能性があります笑

 

まずは 3個 ほどbotを使ってみて(フォローしてみて)、流れがわかってからbot を増やせば良いかと思います。

2019年2月頃から「オススメ度」機能が実装されたので、最初は取引回数の少ない “日足”“オススメ度が高い” botを選んでおいて利益が出るか見てみると良いと思います。

 

「売り」「ショート」で入れないのが機会損失だと思う人はフォローを増やせばいい

プロトレーダーほど「売り」が得意です。

理由としては相場は上がるよりも下がるスピードの方が統計的に早いからです。

 

ですのでプロほど相場のナダレが来るのをじっと待ちます。

投資脳に鍛えた人のなせる技ですね。

 

ですが、機会損失を心配する人は勝率の高い bot の数を増やせば良いかと思います。

bot数を増やせばエントリーするタイミングが増えます。

 

QUOREAの運営会社について

2017年10月に設立されたできたてホヤホヤの会社です。いわゆるベンチャー企業ですね。

平均年齢は30歳〜くらいでしょうか。

証券会社の経験者の比較的に大きな経験値のある人が携わっているようです。

 

ちなみにCEOはクイズ番組でよく見る宇治原 史規(うじはら ふみのり)や茂木健一郎が所属していることで有名なMENSAの会員らしいです。

MENSAは IQが 130~ はないと所属できないようです。

 

電話番号が載っているのは実は好印象ポイント

会社情報の欄をみますと、電話番号が載っていて安心感があります。

私も他の自動売買のツールをみて回ったのですが電話番号のないところが多いです笑

 

電話番号がなくて冷や汗かいたことがあるのでありがたいです。(当たり前?)

 

実は自動売買のツールで初月無料と書かれていたのでほいほいクレカを入力して何故か “4万円” を請求されたことがあります。

返還はしてもらえたのですが「本当に返事が来るのか不安になるお問い合わせフォーム」しかなかったためとても焦りました。

 

サイトのデザインが不完全で表示がバグって2年契約を選択してしまっていたようです。

(QUOREAでは普通に登録ができました。)

 

本社のWebサイトがテキトーだったり、お問い合わせを探してもオマケ程度のところは少し警戒した方が良いです。

 

実態のあるオフィスと弁護士をつけている

さすがに優秀な営業マンがついているだけあってポイントがわかっていると言いますか、いわゆるバーチャルオフィスではなく実態のあるオフィスに本社があります。

 

また、弁護士がいることもアピールしているのは好印象です。

QUOREAが法的に問題がないように作られていて、法的に何かあればお問い合わせできる人がいるということがわかります。

 

QUOREA(クオレア)のデメリット

そんなQUOREAですが、改めてデメリットのところもきちんと解説しようと思います。

 

QUOREAのデメリット

❶. 手数料が利益の 30% で高い(2019年3月3日 追記 手数料は取引高の0.05%へ変更)

❷. まだ会社もサービスも新しいからどうなるのか分からない

❸. 情報や実践者が少ない

 

❶. 手数料が利益の 30% で高い

なんだかんだ手数料が 30% って高いですよね。

2017年度末のようなガチホしているだけで急騰に乗っかれる場面で 30% の利益が持ってかれたら辛いです。

まあ、急騰に乗っかれたら誰も苦労しませんけどね。

 

確かに手数料は高いのですが、botの制作者に還元されるので使っていて後味はよいです。

また、利益が出た時に利益分しか手数料は課金されないのでリスクはありません。

大体のところは資産に一律で課金してます。

 

利益の30%手数料→取引高の0.05%に変わりました。

 

❷. まだ会社もサービスも新しいからどうなるのか分からない

ここは時間しか解決しないポイントではあります。

何らかの理由で資金繰りが厳しくなってサービスがなくなってしまうかも知れません。

実際の資産は取引所にあるのでお金の心配はありませんが、使い慣れたタイミングで閉鎖されると面倒ですよね。

 

会社も社員をたくさん抱えられるほどの資金がまだないようですので対応も遅れる可能性があります。

 

ただ、ここは仮想通貨の存在自体がとても若いので何もQUOREAに限った話ではありません。関連会社も当たり前に若くなってしまいます。

一応、無くなるリスクは少しはあるんだということは承知しておいた方がよいです。

 

❸. 情報や実践者が少ない

まだまだ発信者が少ないのが現状です。

私も”実際に使った情報”をもっとアウトプットしていこうと思います。

マイナスになってしまう可能性ももちろんありますが、正常に動いてそうなったのか、表示されている利益率とあまりに違う形でそうなったのかなども発信したいと思います。

 

QUOREA(クオレア)のメリット

QUOREA(クオレア)のメリット

QUOREAの良い所も改めてまとめました。

 

QUOREAのメリット
❶. リスクほぼ0で良質なbotを使える

❷. 1万円からでも使えて取引金額も自由に調整できる

❸. 良質なbotを作ったら副業レベルの報酬が入る

 

❶. リスクほぼ0で良質なbotを使える

よくある自動売買のツールは初期投資の費用がとても高いです。

数十万円とかもザラで、最初からマイナスの状態からトレードが始まります。

 

トレードの世界は「 大衆心理 」との戦いなので感情的になりやすい状況は勝ちにくいと言われます。

最初からマイナスだと気持ちが焦ってしまい不利なんですよね。

ですのでbotの選び自体は 0円 から始められるQUOREAはbotを試しに使ってみるものとして便利だと思いませんか?

 

私は強いメリットだと思います。いつまで無料でやってくれるのか分かりませんので使ってみるのであれば早めが良いかと思います。

QUOREAの公式サイトはこちら

 

❷. 1万円からでも使えて取引金額も自由に調整できる

「メインは長期投資だけどちょっと触ってみたいな」

という人は少額からでも始めることができます。1万円からでも実際に売買を始めてくれました。

1万円で、日足botを選べば100円未満の手数料で有料なbotを見つけることができます。

 

利益が出たら投資額を増やせばOKです。

少ない金額から売買ができるので自分に合うのかどうかをほぼリスク無しで “試着” するように選べます。

 

❸. 良質なbotを作ったら副業レベルの報酬が入る

botの面白さに気づいたらサイトの中でbotを作ることもできます。

そしてQUOREAの良いところはbotの制作者に手数料を還元しているところです。

 

1%とか、しょぼい金額ではなく、今はキャンペーン中なのでほぼ全てを還元しています。

たくさんの金額を稼がせてあげたら副業としては申し分のない金額で報酬がもらえるようになります。

 

この仕組みって「良質なbotを作ってあげよう」という動機が生まれるので参加者が増えれば増えるほど良いものを作ろうという人が増えるはずです。

ですのでぜひ参加してみてください。

 

QUOREAに登録する

それでは私も初めて触っていくのですが、まずは、公式サイトに移動しようと思います。

QUOREAの公式サイトへ移動する

 

さて、公式サイトへ移動できました。今から登録したいと思います。

 

※登録する前に、QUOREAの利用にはLiquid by QUOINEへの登録が必要です。QUOREAは Liquid by QUIONEの口座と連携して取引を実行します。

そのためにAPIという機能を利用します。当然Liquid by QUOINEの口座がないと使えません。

 

Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら

Liquid by QUOINEの登録手順が見たい人はこっちです

 

「Liquid by QUOINEってそもそも何?ここ大丈夫なの」って感じの人もいるかと思うので詳細に関する記事も貼っておきますね。

【全解剖】 Liquid by QUOINE(リキットバイコイン)とは? まとめ特集

2018.12.10

 

①. まずはQUOREAの公式サイトへ移動します

移動できました。ちなみに「新規登録キャンペーン」(執筆時)で10000円分の手数料が無料だそうです。

 

②.「無料で登録する」をクリックします

 

 

③.メールアドレスやパスワードとIDを入力します

 

④. メールが送られてくるので登録専用のリンクを選択します

 

⑤. 最初の画面に戻り「ログイン」を選択します

 

⑥. 他のサイトとあまり変わりませんでしたね。私はTwitterなどと連携したくなかったので普通に登録しましたがこれで無事に登録が完了しました。

 

指示通りにbotを使ってみる

 

①. 「ロボットをフォローする」を選びます

②. するとたくさんの「あなたにオススメのロボット」が出てきました。

 

③. ファ??「ぼぼぼっと」というユルいネーミングで累計損益(1年)が 243.44% のロボットが一番先頭に現れました。

「ぼぼぼっと」をフォローしてみましょう。

 

④. 他にももう一人くらいフォローしてみたいと思います。一番下までスクロールします。

そうすると「jinanbo・・」ロボットが現れました。

私は福岡出身で、博多の「次男坊ラーメン」が好きなのでついでにフォローしてみます。

 

⑤.  元の画面に戻ると、次はZaifかLiquid by QUOINEのAPIキーを求められましたのでLiquid by QUOINEにログインしたいと思います。

草猫店長
ZaifのAPIを使用したいという人は【図解】 ZaifとbitFlyerのAPIキーを取得 bot作成や連携サービスの利用に でZaifのAPIの取得方法を載せているにゃあ。

 

⑥. Liquid by QUOINEにログインしたら画面の左上にある「メニューバー」を選択します。

PCブラウザ編 Liquid by QUOINEでAPIを取得する方法1

 

⑦. 「APIトークン」の項目が現れるので選択します。

PCブラウザ編 Liquid by QUOINEでAPIを取得する方法2

 

⑧. 「APIトークンを新規作成する」が表示されるので選択します。

PCブラウザ編 Liquid by QUOINEでAPIを取得する方法3

 

⑨. APIトークンを作成するに当たって、チェックボックスが出現するので”全てに”チェックを入れます。「2段階認証」の6桁の数字を入力するフォームがあるので入力して「確認」を選択します。

PCブラウザ編 Liquid by QUOINEでAPIを取得する方法4

 

⑩. APIキー(ID)とシークレットキー(秘密鍵)が生成されました。特にシークレットキー(秘密鍵)はハッキングや漏洩しないように注意して保管しましょう。

 

11. 先ほど取得したAPIキー(Key)とシークレットキー(秘密鍵)をそれぞれ入力してOKボタンを押します。

コネ
APIキーと秘密鍵は絶対に外部にばれないようにしないといけませんよ〜。ハッキングの原因ですからね。

 

12.  Liquid by QUOINEに残高がないよという人は残高に日本円をチャージして「入金を確認する」を選択します。

草猫店長
仮想通貨で送金して円に変えても良いにゃあ。円が入っている状態でないと自動売買は始まらないにゃあ。

 

13. 「自動売買を行う」を選択してみます。

草猫店長

「自動売買を行う」を選択すると、クレジットカード情報の入力が求められるにゃあ。これは、手数料を支払う際に必要となるにゃあ。

 

手数料は月間の成績に課金されます。

 

ですが今はキャンペーン中なので 1万円分 までの手数料は無料 です。

要するに 3万3千円くらいの利益までは手数料が0円でかからないということですね。

無料でQUOREAのを始める人はこちら

 

14.  クレジットカードを入力してしばらくすると、利用規約画面が出ました。(画像を保存する前に進んでしまった)

利用規約にチェックを入れると実際に「自動売買を行う」ロボットを選択できるのでさっきフォローした「ぼぼぼっと」を選んでみたいと思います。

 

15. 通信速度の問題かわかりませんが、少し待つと「自動売買ページへ」のボタンが出てくるので選択します。

 

16. これで完成っぽいです。ちなみに12,394円はたまたまZaifに残っていたお金です。これが自動売買されていくようです。(登録時はZaifのみのAPIしか扱えなかったのでZaifの画像になっています。

まだ、結果が出ていませんが(ほとんどプラマイゼロ)、ぼぼぼっとにZaifの売買の未来がかかっているので結果が出るのが楽しみです。

草猫店長
お疲れ様だにゃあ。これだけでbotライフの始まりだにゃあ。

 

QUOREA(クオレア)で取引金額量を調節する

凜とした女性
取引所と連携したのはいいけれど、botで扱いたくない金額も混じってる。なんとかしたい

取引所の全てのお金をbotで扱いたくない人も少なくないと思いますので解説します。

 

分足も使えるようになったQUOREA(クオレア)

今までは日足しか使えなかったようですが、分足での売買にも対応するようになりました。

日足の使い方に慣れてきた人は分足も試してみてはどうですか。

 

私自身、検証中なので結果がわかったら報告しますね。

 

株式もリリース予定

株式の自動売買botもリリースする予定です。

ここの会社はどんどん市場を広げていこうという気概があるようです。

大きな会社になっていきそうですね。

 

気になるところ

 

Q. botを複数利用しているとおかしなことにならない?

私は今のところ3つのbotを使っていますがそれぞれ、分離して売買を行ってくれています。

bot別に利益も表示してくれます。ですので、動きが混ざったりせずに個別に売買をやってくれます。

 

Q. クレジットカードの登録が怖い、他の方法ないの?

クレジットカードがないとなかなか辛いと思いますが、デビットカードを使えば良いかと思います。

デビットカードは口座の残高までしか使えないクレジットカードです。

 

個人的に一番お世話になっているのはスルガ銀行のデビットカードです。

スルガ銀行の場合は「海外旅行保険が付帯」している珍しいデビットカードです。

旅行から3ヶ月間、病気や窃盗にあった場合に保証してくれるカードです。

 

私は過去にタイでお腹を壊して公立病院に運ばれたことがあるのですが、その時に国際電話をして保険が降りたのはスルガ銀行のデビットカードでした。

 

話がそれましたが普通に「お守り代わりに」持っておくだけで効果のあるデビットカードです。

クレカが怖い人はどうせ登録するのであればスルガ銀行のデビットカードが間違いないですよ。

 

botを使ってみたいならQUOREAを使わない理由があまりない

最初にbotを触ってみる時にQUOREAを使わない理由がほとんどありません。

もちろん、APIを使いたくないとか、何らかの一貫した方針がある場合、運営会社の人に寝とられたとか(笑)あれば別かもしれません。

 

もしリスクを感じたとしても 1万円 に取引量を調節してからはじめて見れば良いです。

二回飲み会を我慢すれば 1万円 くらいはすぐにたまりますよね。

 

しかも仮想通貨に至っては現物取引に限定しているので最大リスクが投資額ですみます。

1万円を投資すればビットコインが滅んでも 1万円 しか損をしないということですね。

 

そして手数料も高いとはいえ、botをつくってくれた人にも還元されるのでお互いにハッピーです。

 

確かにbot自体が完璧な投資方ではありません。遠い未来はbotには読めませんからね。

ですが別の投資方法も試してみたいと思っている人はリスクのかからない便利な手法を始めない理由はあまりないかなと思います。

 

あくまで確率ですので誰でも勝てるわけではありません。

ですが、自分の求めている利益率に達しないと判断すれば損きりすれば良いです。

 

投資機関家が現れた今が入るチャンス

冒頭でも少し説明しましたが、最近は「業者っぽい動き」が増えてきました。

そのため、初心者が短中期で利益を出していくことの難易度が高まってしまいました。

 

2017年度末 までは億を稼いだと喜んでいた人もいつの間にかいなくなってしまいました。

メインで短期の相場で勝ちながら生き残っているのはテクニカルトレーダー位ですね。

 

とはいえ、「業者っぽい動き」もあるので最近になってはテクニカル分析すらも疲れてきた人って増えてきたと思います。

その中で「自動売買」ってとても魅力だと思います。

 

しかもQUOREAの場合であれば自分で簡単に作ることができます。

資金が少ない人でも良質なbotを作ってみんなに作ってもらえれば報酬がもらえるので、種銭を作ることができます。

 

これから数年間で一気に「bot」は増えてくると思います。

ですが、相場とは1割未満の少数派の人が統計的に勝つものです。

要するに同じ選択肢をする人が増えすぎると難しくなるということです。

 

そう考えると「bot」での投資が当たり前になってから始めるより、早めに始めて見た方が良いのではないでしょうか。

どのみち、リスクなんてほぼ 0 で始められるので興味があったらあまり考える必要はないかと思います。

無料でQUOREAでbotライフを送ってみる

 

QUOREA(クオレア)とは まとめ

QUOREAに関することはだいたい網羅できたかと思います。

より詳しい使い方に関する部分は改めて記事にしたいと思います。

 

今まで、botには興味があり、作ろう作ろうと思っていた矢先にQUOREAが現れたのでちょうど良かったです。

ここよりリスクを下げて使えるサービスはなかなかないかなあと思います。

 

仮想通貨の投資方法に幅が日々、広がっているのを見ると今後も楽しみだなあと思います。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。最後に関連記事を貼って見たので合わせて読んでみてくださいね。

 

\ 人工知能ブームに物申す!それって本当にAIのサービス? /

「 AIで仮想通貨を自動売買 」にご注意 それって損しない?

2018.09.03

 

\ bot以外にどんな投資方法があるの?仮想通貨の投資方法を全部まとめてみた記事はコレ /

仮想通貨の投資 全部で方法は12種類!ビットコインで儲かる手法とは

2018.04.17

 

\ 今回の記事をもう少しサクッと短く分かりやすくした記事はコチラ /

仮想通貨を自動売買するbotサービス QUOREAを実際に触りながら評価

2018.08.19

 

\ 自作のbot作成に興味を持ったあなたへ /

【初心者向け】 Pythonで仮想通貨の自動売買 botの作成方法

2018.09.02