Huobiの仮想通貨インデックス 「HB10」の購入方法を登録から図解説

Huobiの仮想通貨インデックス サムネイル

この記事では全くの初心者でもHuobiのインデックスである「HB10」を購入できるように解説しました。

 

Huobiは中国の取引所ということで日本人からすると良いイメージを持っていない人もいるかもしれません。

そんなHuobiがどのような取引所なのかに軽く触れつつ、仮想通貨を購入する所から説明しています。

 

この記事を読めば、一番お得な方法でHuobiで仮想通貨のインデックスを購入することができるようになります。

 

初心者の方でも購入できるように解説しているので「もう知ってるよ」という部分が出てくる人もいるかもしれません。

 

不要なところは飛ばして必要な部分だけを確認するだけでもわかります。

「HB10」を実際に購入する手順だけを知りたい人は記事の終わりかけのところに記載していますよ。

 

それでは解説していきます。

 

「HB10」とは何?

HB10は取引所でははじめてのインデックスを公開しました。

詳しい内訳としては下のようになっています。

「HB10」とは何?

 

画像のような配分になります。

HB10の内容
①. HT 31.63% Huobi Token

②. BTC 24.03% ビットコイン

③. EOS 15.39% EOS

④. ETH 10.88% イーサリアム

⑤. BCH 4.85%   ビットコインキャッシュ

⑥. XRP 4.07%   リップル

⑦. LTC 2.85% ライトコイン

⑧. ETC 2.60% イーサリアムクラシック

⑨. LOST 2.19%  IOSトークン

⑩. DASH 1.53% DASH

 

HTとはHuobiTokenと呼ばれるHuobiが出しているトークンになります。

HTが 約32% を占めていますがどうでしょうか。

 

Huobiはトークンが売れるような仕組みで上手にマーケティングしていて上手なやり方だなあと思います。

例えば、Huobiトークンを定期購入する人はHuobiトークンを半額で買えるようになったりします。

 

「HB10」とは何?の画像

 

マーケティング手法や世界第4位のランキングを見ていると仮想通貨業界の盛り上がりとともにHTトークンも伸びそうです。

なので HT32% でも悪くないかと思います。

 

Huobi(フオビ)とはどういう取引所なのか

Huobi取引所でインデックスを購入できる

Huobi(Huobi pro)は中国を代表する仮想通貨の取引所です。

2013年から運営されているため取引所の中では古参になります。

 

世界で第4位の取引高です。

中国の規制を逃れるため本社はシンガポールに移されています。

 

日本語に対応 しているので取引所の中では使いやすいです。

住信SBIと資本提携を行う契約を結んだりいていて日本の銀行からも信用されています(政治的な規制の理由で契約が水に流されました)

 

大きなハッキング事例がまだない

世界的に大手の取引所でありながらこれといったハッキング事件を起こしていません。

大手の企業ほど狙われる中で世界4位の取引高のHuobiが攻撃を受けていないことはプラスな要素です。

 

セキュリティに関しては中の中の上くらいでしょうか。

 

海外取引所と国内取引所

Huobiはシンガポールに本社を、韓国やカナダに支社を置いています。当然ですが日本からは海外取引所の立ち位置です。

 

日本円を仮想通貨に交換する

海外取引所は日本円に対応していませんので当然最初は日本円を仮想通貨に交換しないといけません。

 

「すでに取引所の口座を持ってるよ!」

という方であっても ” 最適 ” な取引所ではない可能性はあります。

 

例えば、DMMbitcoinはレバレッジ取引が日本の取引所の中で一番充実しています。

一方で「ビットコイン」と「イーサリアム」しか送金することができません。

 

送金用としてはどちらもHuobiには ” 最適 ” とは言えません。

 

一番お得にHuobiへ送金する方法

Huobiでお得に送金する方法は何でしょうか。

 

Huobiは XRP(リップル) の取り扱いがあります。

XPRはメジャーコインの中では「送金スピード」と「送金手数料」の中では最安値クラスです。

 

Huobiに最適な取引所とは

Huobi への送金に最適な取引所は bitbank です。

 

bitbank はXRP(リップル)を取り扱っています。

Huobi も XRP(リップル) を取り扱っている取引所です。

 

bitbank は XRP の取引高が世界トップ3クラスです。

取引高が大きいほど価格が純粋に反映します。

 

そのため、bitban では XRP の価格が純粋に反映されています。

海外へ送金するのであれば極力、価格差は少ないに越したことがありません。

 

確かにXRP(リップル)の長期保有をふまえると QUOINEX を一番オススメしますが、送金目的であれば bitbank がベストなチョイスだと思います。

 

ですが QUOINEX の場合は、100% のコールドウォレット管理(安全性がきわめて高いオフライン管理)のために 20XRP(「1XRP = 100円」 なら 2000円)を永久ホールドしないといけません。

(すべてのリップルのコールドウォレットに共通です。)

 

bitbank はトレーディングのツールとしては初心者には難しい取引所ですが、送金や入金操作に関してはとても使いやすいです。

ですので初心者でも bitbank が Huobi への送金に一番、適しています。

 

コネ

送金する取引所はどれも同じに見えてベストなところは送金先によって違うんですね〜

草猫店長
単純に国内だけでちょこっと初心者が楽しむのであれば bitFlyer がオススメだったり、長期保管も検討するならさっきも説明していた QUOINEX が適切だったりするにゃあ。

 

bitbankの登録方法

XRP(リップル)を送金する機会は多いですので bitbank の口座を持っていない人もこの機会に登録してみましょう。

 

※すでに登録している人は読み飛ばして大丈夫です

「 HB10 」の実際の買い方は記事の下の方に買いています。

 

4STEPだけ!チャートが使えるまでの最短登録方法

今回はパソコンからの登録の流れを簡単に見ていきます。

パソコンもスマホもだいたい同じ登録手順です。

 

bitbankの公式サイトへ移動する

 

❶メールアドレスを入力

Huobiの仮想通貨インデックスに向けたbitbankの登録方法説明の画像1

 

❷届いたメールで登録認証

Huobiの仮想通貨インデックスに向けたbitbankの登録方法説明の画像2

 

❸自分で決めたパスワードを入力

Huobiの仮想通貨インデックスに向けたbitbankの登録方法説明の画像3

 

❹トレードをクリック

Huobiの仮想通貨インデックスに向けたbitbankの登録方法説明の画像4

 

チャートを確認する

Huobiの仮想通貨インデックスに向けたbitbankの登録方法説明の画像5

 

たったこれだけで様々な分析のできるbitbankTrading Viewを使えるようになります!

 

 

草猫店長
bitbank からハガキが到着するのを待つんだにゃあ。ハガキが到着するまでは送金と出金はできないにゃあ。

 

bibankでXRP(リップル)の購入方法

bitbankで入金からXRP(リップル)購入までの手順は下の記事に記載しています。

 

パソコンからbitbankで入金からXRP(リップル)購入までの手順はコチラで図解説しています。

bitbank リップル 購入

bitbank( ビットバンク )で仮想通貨リップル購入!XRPの買い方を図解説

2018年4月8日

 

スマホのbitbankアプリで入金からXRP(リップル)購入までの手順はコチラで図解説しています。

bitbank(ビットバンク)アプリの使い方サムネイル

ビットバンクアプリ XRP購入やテクニカル分析までの使い方 | bitbank

2018年4月13日

 

ここまででbitbankの方の準備ができました。

 

Huobiの登録方法

Huobiにまだ登録をしていない人は登録していきましょう。

 

Huobiの公式ページへ移動する。

 

①. 「無料アカウント作成」を選択する。

Huobiの登録方法の画像1

 

②. 登録画面に移動するので必要事項を埋めて「無料アカウントを作成」を選択する。

Huobiの登録方法の画像2

 

③. ロボットではないチェックを入れて画像のように進んでいきます。

Huobiの登録方法の画像3

 

④. 登録したメールアドレス先に認証コードが届くので認証コードを入力します。

Huobiの登録方法の画像4

 

⑤. 登録後はログインします。自分で入力したメールアドレスとパスワードを入力します。

Huobiの登録方法の画像5

 

⑥. メールに認証コードが届くので入力します。

Huobiの登録方法6

 

⑦. ログインできれば完了です。

Huobiの登録方法の画像7

 

 

bitbankからHuobiに送金する

ここまでの、Huobiの登録が完了とbitbankでXRPの購入がすでに済んでいる前提でbitbankからHuobiへのXRPの送金を解説します。

 

Huobiの入金用のアドレスを準備する

 

①. 画面はログインした状態のトップ画面です。「入金&出金」を選択します。

Huobiの入金用のアドレスを準備するの操作手順の画像1

 

②.  XRPの行にある「入金」を選択して、「入金アドレス」と「宛先タグ」を確認します。2つとも後ほど使います。

Huobiの入金用のアドレスを準備するの操作手順の画像2

 

bitbankにHuobiのアドレスを指定して送金する

次にbitbankにログインします。

bitbankアプリの場合はUI(見た目の画面)が異なりますが、同じ項目があると思うので似たような操作で送金できるかと思います。

 

①. 「出金」をクリックします。

bitbankにHuobiのアドレスを指定して送金するの説明手順画像1

 

②.  今度はリップルの項目のリップル(XRP)をクリック

bitbankにHuobiのアドレスを指定して送金するの説明手順画像2

 

③. リップルのアドレスを登録します。

bitbankにHuobiのアドレスを指定して送金するの説明手順画像3

 

④. 「新規追加」をクリックします。

bitbankにHuobiのアドレスを指定して送金するの説明手順画像4

 

⑤. 画像のようにHuobiで入手したアドレス合わせた5つの項目をすべて入力します。「追加する」を最後に入力します。

bitbankにHuobiのアドレスを指定して送金するの説明手順画像5

 

⑥. 「送信」を選択します。

bitbankにHuobiのアドレスを指定して送金するの説明手順画像6

⑦. 先ほど登録したHuobiのアドレスが登録されているので選択して、任意の数量を入力すれば送金できます。

bitbankにHuobiのアドレスを指定して送金するの説明手順画像7
草猫店長
最初はかならず少ない金額でテスト送金するんだにゃあ。最初の頃ほどうっかりミスが起こりやすいにゃあ。

 

Huobiで届いた「 XRP 」を「 USDT 」として売る

” 売る “というのは要するに変換もしくは換金になります。売ることによって変換されるということですね。

 

①. 「入金&出金」を選択します。

Huobiで届いた「 XRP 」を「 USDT 」として売るの操作手順画像1

 

②. XRPの行を見つけたら、「取引」を選択し出現した「XRP/USDT」を選択します。

Huobiで届いた「 XRP 」を「 USDT 」として売るの操作手順画像2
コネ
今回はこの記事用にテストとして 30XRP だけ入金した状態になってますね〜

 

③.画像の通りに進めていく。

Huobiで届いた「 XRP 」を「 USDT 」として売るの操作手順画像3

 

④. 「USDT」の残高が増えたことを確認する

Huobiで届いた「 XRP 」を「 USDT 」として売るの操作手順画像4
コネ
リップルからビットコインに変換したい場合も同じ手順でできますね〜。取引所内での通貨の移動は取引手数料だけで済みますね〜
草猫店長
Huobiの取引手数料は 0.2% だにゃあ。また リップル の送金手数料も 50円 未満だにゃあ。一方でビットコインで送金すると 1000円 近くかかるにゃあ。(BTC = 100万円 の場合)

 

Huobiで「HB10」を購入する

それではUSDTに変換できましたので「 HB10 」を実際に購入していきましょう。

 

①. ログインしたばかりの状態のトップ画面から下へスクロールします。

Huobiの仮想通貨インデックス 具体的な買い方の手順画像1

 

②. スクロールすると 「 HB10 / USDT 」があるので選択します。

Huobiの仮想通貨インデックス 具体的な買い方の手順画像2

 

③. 買いたいHB10の数量を決めたら「買い HB10」を選択して完了です。

Huobiの仮想通貨インデックス 具体的な買い方の手順画像3
草猫店長
これでHuobiの仮想通貨インデックスの購入が完了したにゃあ。
コネ
初心者の人の場合は少し時間がかかったかもしれませんね〜。お疲れ様です。

 

Huobiの仮想通貨インデックス 「HB10」の購入方法のまとめ

最近のビットコインの相場に ” 不審 “ な動きがあることはご存知でしたか?

” 不審 “ というのはテクニカル分析に関わっています。

 

これまで仮想通貨のチャートはプロのトレーダーからは ” ピュア “ だと言われていました。

” ピュア “ というのはテクニカル分析通りに素直に動いてくれやすいチャートでした。

 

テクニカル分析は人の心理的に攻防になりやすい位置を見つけてくれたりするツールですがここ最近になってはテクニカル分析通りに動かなくなりました。

 

勝ち続けていたインフルエンサーが裏を取られて焼かれる(一気に損切り地点まで持っていかれることなど)状態になっています。

 

多くのトレーダーが今までとの差に違和感を覚えているのが今の状況です。

 

大きな理由の1つとしては投資機関の参加があげられます。

多くの人の裏をかいてチャートを挙げたり下げたりしてくるようになっています(あくまでもプロトレーダー間の噂です)

 

ですので1つの通貨だけだと投資機関にもてあそばれてしまうかもしれません。

 

そこで仮想通貨のインデックス投資は強い選択肢になります。

その1つとして「 Huobiの仮想通貨インデックス 」であるHB10も良い選択です。

 

投資機関であっても1つの通貨でもてあそばれても全体を動かすことはなかなかできないからです。

 

筆者も仮想通貨の未来はもっと伸びて、もっと明るいものになると根拠のない自信があるので業界そのものに投資ができるインデックスは良いですね。

 

ぜひ試しに購入してみてください。

 

 

他の仮想通貨のインデックス投資にも興味がある人はコチラの記事もオススメです。

仮想通貨のインデックス投資 サムネイル

仮想通貨のインデックス投資 仮想通貨で分散投資が可能なプロジェクト

2018年6月18日

 

仮想通貨の投資そのものを自動化させたい人はZaifのコイン積立がオススメです。

コチラの記事が人気です

Zaifコイン積立 サムネイル画像

【Zaifコイン積立】仮想通貨で堅実に資産を増やせる方法と積立銘柄を解説

2018年2月14日