【 国内と海外 】 有名な仮想通貨の取引所 【 メリットデメリットも 】

有名な仮想通貨の取引所 サムネイル
マッチョな男性
仮想通貨をそろそろ買ってみたい。それで取引所に登録しようか悩んでいるけど有名な取引所はどこなのか知りたいなあ

 

この記事では、国内と世界のそれぞれで、知名度の高い取引所を3つずつ紹介しました。

それぞれの取引所の特徴やメリットデメリットなんかも載せています。

ビットコインバーゲン人気取引所ランキング
ビットコインバーゲンの記事を読んで、仮想通貨取引所に登録した方の統計を元に人気ランキングを作成しました!

Rank1位1位:GMOコイン

  • 【送金手数料が無料】初心者でも自然に扱いやすくて送金手数料が無料なのにスプレッドも安いGMOコイン。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ

Rank2位2位:bitbank

  • 【XRP最強の取引所】100%コールドウォレット管理の世界水準セキュリティでテクニカルトレードが可能!ビットコイン貸付で強制ガチホもできるのはbitbank。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ モナコイン ロゴ 

Rank3位位:Liquid by QUOINE 

  • 【QASH買える】メルカリに次ぐユニコーン企業の取引所Liquid。プロ投資家も納得の国内一位の取引高。BNB同様に実利用で期待のQASHを購入可。

仮想通貨の送金手数料 説明画像13 ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ

国内の有名な取引所

国内で有名取引所
❶. GMOコイン

❷. bitbank

❸. DMMビットコイン

2018年度までは「bitFlyer」「コインチェック」「Zaif」の3会社が有名でしたがどれも登録規制されたので除いています。

 

❶. GMOコイン

GMOコイン4

GMOコインの公式サイトへ移動する

GMOコインは国内でも比較的にビジネスとしても上手くいっている取引所です。

初心者に優しいため、誰にとっても使いやすいです。

 

最近はプロ向けのトレーディングツールをブラウザで提供し始めました。

 

 

デメリット

  1. ユーザー規制が厳しい
  2. 現物銘柄が少ない
  3. 取引板が薄い

【 GMOコインの評判 】闇の口コミを集めて見た。GMOコインの痛いとこを探るの記事でも説明しているのですが、儲かっているユーザーに対してたまに規制を厳しくしているという噂を聞きます。

確かに初心者には間違いのない取引所なのですが、規制に関してはちょっとクセがあります。

 

あとはレバレッジはとても充実しているのですが現物としてみた場合、取引板がbitbankなどと比べると薄いのでスプレッド手数料が少し高いです。

 

メリット

  1. 使いやすくて初心者◎
  2. 送金手数料が無料
  3. ツールが使いやすい

使いやすさ、といってもいいですし、初心者がつまづかないようになっていると思います。

かっこいいけど、しっかりしすぎていてお堅いチャートを見せられると手を動かしづらいですが、ポップなデザインでとっつきやすいと思います。

 

あと、送金手数料が無料なのは大きいです。他の取引所に送金したい場合はGMOコインはなかなか強いですね。

初めての取引所に登録するならGMOコインはオススメします。

GMOコインの公式サイト

 

❷. bitbank

bitbankロゴ

bitbankは2014年に運営を開始した、国内老舗の取引所です。

過剰に広告をすることもなく、地道に知名度を高めている取引所です。

ビットコイン初期から仮想通貨を眺めている古参の人にも人気だと思います。

 

リップルの取引高はbitbankが国内でもっとも大きいです。(日によります)

 

デメリット

  1. 初心者にとっつきづらい
  2. アクセス集中に少し弱い
  3. 大手に比べて資本力が小さい

高機能なトレーディングツールを提供していることもあり、少し初心者は戸惑うと思います。

逆にトレードについて最低限の知識があれば買えるのですが知識0の状態だと少し厳しいです。

 

そこらへんはbitbank(ビットバンク)の評判 「良いvs悪い」口コミを集めて見たで詳しく書いています。

セキュリティに関してはしっかりしていますが、GMOコインのように大きな会社のグループに比べて資本力はないので仮想通貨の閉塞時は営業がんばってという感じです。

 

メリット

  1. 銘柄数が多い
  2. 総合的に手数料がトータルで安い
  3. トレードが充実している

銘柄数が国内取引所の中でも多いです。今後、銘柄が国で解禁すれば取扱数は増えていくのかなと思います。

 

手数料が総合的に安いです。スプレッド手数料、売買手数料、送金手数料などおおよそ5つの要素で比較した場合はbitbankがやすくなりやすいです。

このことに関しては【 トータルで安い 】総合的に手数料が安い仮想通貨取引所はどれ?を読んでみてもらうとわかるかと思います。

 

トレーディング機能も充実しているので、チャートを触るのが初めてでないのであれば最初の選択肢に良いと思います。

全くの初心者はGMOコイン→bitbankへの乗り換えが良いと思っています。

bitbankの公式サイトはこちら

 

❸. DMMビットコイン

DMMBitcoinロゴ

DMMビットコインの公式サイト

DMMビットコインは広告にお金をかけていた印象があります。

渋谷のスクランブル交差点にはマスコットキャラクターのローラの写真がしばらく飾られています。

 

大手企業ならではの戦法で着実に会員を増やしていっている印象です。

デメリット

  1. 販売所としては高い
  2. ブラウザだと使いにくい
  3. ハブとして使いにくい

ハブとして使いにくいですが、これは他の取引所へ送金したりする場合に使い勝手のよくないという意味です。

また、現物の売買に関しては高くなりがちです。

 

メリット

  1. レバレッジ取引に特化している
  2. アプリが使いやすい
  3. ローラかわいい

レバレッジ取引に特化しているので、他の取引所やブロックチェーンのアプリを今後、使っていこう、という人にとっては選択肢にはなりません。

ですが、レバレッジ取引である程度のリスクをとりつつ、マネーゲームとして扱うのであればDMMビットコインはとても使いやすいと思いますよ。

 

アプリでは4画面同時にチャートを眺めることができます。

プロのトレーダーも複数画面でチャートを眺めていて、アプリで簡易的に同じようにできるというわけです。

投機として仮想通貨に投じたい場合はDMMビットコインがオススメです。

DMMビットコインの公式サイト

 

海外の有名な取引所

海外で有名取引所
❶. binance

❷. OKEx

❸. BitMEX

海外で有名な取引所になるの上の3つです。少なくとも日本の場合は上の3つが海外取引所の代表になると思います。

 

❶. binance

binanceの公式サイトへ移動する

binanceは日本でもっとも知名度の高い取引所です。基軸通貨が多く、ペア数は400種類を超えています。

 

2017年にサービスを開始して驚くようなスピードで世界に知名度を集めました。

取引高に関しても、通貨によっては異なりますが世界一位の取引高をもつ通貨も持っています。

 

先進的な取り組みを世界でもいち早く取っています。

例えば、取引所の専用の仮想通貨バイナンスコインの発行、リップル基軸のペアを発表、イーサリアムに特化したハイセキュリティのウォレットTRUSTをリリースしたり。

世界から注目を浴びる施策が多いのも特徴です。

binanceの公式サイトへ移動する

 

❷. OKEx

OKExの公式サイトへ移動する

香港の有名取引所です。2014年から運営が始まっています。

350種類を超える仮想通貨のペアを選べます。

 

銘柄数が多いので、なんでもかんでも上場させているのかといえばそうでもなく、2018年の後期では42銘柄の取引が小さな通貨を廃止してリストの質を高めています。

有名になった理由の一つとしてbitbankトレードと連携を始めたことも理由にあります。

 

日本では割と身近になっている取引所です。

 

❸. BitMEX

BitMEXの公式サイトへ移動する

レバレッジ取引に特化した取引所がBitMEXです。ここもOKExと同様に香港拠点です。

 

追証なしで100倍レバレッジが可能です。100倍レバレッジでありながら借金を背負うリスクがないということになります。

(追証なしでも借金を背負う取引所もありますがBitMEXの場合は実質的に追証なしなので安心して使えます)

 

仮想通貨トレーダーの中ではおおよその人がBitMEXを積極的に利用しているようです。

レバレッジに特化しているのでブロックチェーンのアプリなどを使いたい人とは相性が悪いかもしれません。

 

宝くじを掴むよりは100倍レバレッジで一攫千金を手にする可能性は高いと思いますよ。

とりあえず使ってみたいって人はBitMEXを登録してみると良いかと思います。

 

取引高で見ると中国の取引所が多い

世界的にトップクラスの取引高を誇る取引所は中華系が多いです。

今回紹介した、海外の取引所は全て中華系です。

中国はブロックチェーンの取り組みには熱心ですが、投機としての仮想通貨に対しては規制が厳しいです。

 

中国の規制から逃れるためにBinanceは香港からマルタ島に拠点を移動させました。

日本国内ですら規制でどうなるのか分かりませんし、海外の取引所に至ってはなおさら正しい情報を入手できないので余計にわからないということは覚えておくと良いかと思います。

 

そうしたこともあり、日本で買えないけど、買いたい銘柄でもない限り海外の取引所は基本的に使わなくても良いかな、と考えています。

 

最初は国内の取引所で売買するのをオススメ

たまにですが、最初の取引所に海外取引所を選ぼうとする方がいるのですが、日本円を仮想通貨に両替してくれるのは日本の取引所だけです。

 

クレジットカードで購入できるところも少なくありませんが、大抵は手数料が高いのとクレカ情報を海外に晒すことを考えると利用しない方が無難です。

 

手数料に関しても数百、数千万円をなんども売買しないのであれば、今回紹介したGMOコイン、bitbankが過剰に高いという訳でもないのでそれらで事足りると思います。

 

GMOコインは初心者向けなので最初に選ぶと良いかと思います。(GMOコインの登録手順はこちら

慣れてきたらbitbankを利用すると良いかと思います。(bitbankの登録手順はこちら

 

取引所は複数登録することをオススメします。コインチェック、bitFlyer、Zaifのようにいつ規制されるのか分かりませんので。

 

有名な仮想通貨の取引所 まとめ

日本でも今後、YahooやOKWaveといった大手の会社も参入するタイミングを伺っており、参入してくるとまた内容は変わってくると思います。

自分にあった取引所を選んでみてください。

 

自分にはどの取引所がぴったりなのか調べてから始めたいなあ、という人は

あなたに最適な取引所 仮想通貨の初心者におすすめの取引所で用途別にオススメの取引所を記載しているのでぜひ読んでみてください。