【図解】 bitbank(ビットバンク)でビットコインを購入 入金から買い方

bitbank(ビットバンク)でビットコインを購入 サムネイル
凜とした女性
bitbankに登録したけど、ビットコインってどうやって買えばいいの?

 

この記事では、ビットコインをbitbank(ビットバンク)で購入する方法を解説しています。

スマホアプリとブラウザで操作方法が違うため、両方で別々に買い方を紹介したいと思います。

 

この記事を読んでいけば日本円の入金からビットコインを購入するところまでできるようになります。

 

一度、購入すれば簡単に購入できるようになるので参考にしてみてください。

bitbankはもともとプロ向けにトレードツールを提供していた会社だけあって「少し難しそうだな」という印象を持つ人もいるかもしれません。

 

ですが、他の取引所と実はそんなに難しさが変わりません。

ビットコインを購入できるようになって、仮想通貨をはじめることができるようになるので是非一緒に

進めていきましょう。

 

「ここで、仮想通貨リップルの購入方法が知りたかった」という人がいれば下の記事を読んでみてください。

\ ブラウザでのリップルの購入方法はコチラ/ 

bitbank( ビットバンク )で仮想通貨リップル購入!XRPの買い方を図解説

2018.04.08

\ スマホアプリでのリップルの購入方法はコチラ/ 

ビットバンクアプリ XRP購入やテクニカル分析までの使い方 | bitbank

2018.04.13

 

ビットコインバーゲン人気取引所ランキング
ビットコインバーゲンの記事を読んで、仮想通貨取引所に登録した方の統計を元に人気ランキングを作成しました!

Rank1位1位:GMOコイン

  • 【送金手数料が無料】初心者でも自然に扱いやすくて送金手数料が無料なのに販売所の手数料は最安値のGMOコイン。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ

Rank2位2位:bitbank

  • 【XRP最強の取引所】100%コールドウォレット管理の世界水準セキュリティでテクニカルトレードが可能!ビットコイン貸付で強制ガチホもできるのはbitbank。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ モナコイン ロゴ 

Rank3位位:Liquid by QUOINE 

  • 【QASH買える】法人向けに最適化したセキュリティを誇るLiquid。プロ投資家も納得の国内一位の取引高。世界で唯一無二の「ワールドブック」を扱えるのはLiquidだけ。

仮想通貨の送金手数料 説明画像13 ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ

まだ口座開設がまだ終わっていない人

口座開設が終わっていない人がいたら、まずは口座を開設しましょう。

 

無料でbitbankの口座を開設する人はコチラ

↑の画像のページへ移動します。

 

大まかに3STEPあります。

  1. 「メールアドレス」のフォームにメールドレスを入力して「無料口座開設」を選択。
  2. 入力した「メールアドレス」宛にbitbankのメールが届くの開いて登録用URLを選択します。
  3. 細かい設定をします。

 

ブラウザの場合

※スマホから操作する場合は下の方へスクロールしていくとスマホでの操作の仕方を載せています。

 

それではまずはパソコンなどを使って利用する人の画面で解説したいと思います。(タブレットにもよりますが大きめのタブレットもこちらに含まれると思います。)

bitbankのの公式サイトへログインする

 

口座に入金する(ブラウザ)

 

①. まずは画面の右上の人型マークをクリックして「入金」の項目を選択します。

 

②. 「入金」をクリックします。

 

③. 入金のページが出てきます。振込名義人は専用の「入金番号」のあとに本名をつけたものになるので忘れないように気をつけましょう。

あとは口座に振り込めば終わりです。

草猫店長
万が一「入金番号」をつけ忘れたらサポートセンターでやり取りするとよいにゃあ。

 

このように「入金番号」のつけ忘れは機会損失になりやすいです。

ビットバンクは「クイック入金」機能はないので注意ですね。

 

④. 先ほどの入金ページの下の方に番号が振込先がかいているのでその振込に入金しましょう。

 

ビットコインを購入する(ブラウザ)

それでは実際に購入していきましょう。

 

①. bitbankの一番最初の画面がビットコインのチャート画面になっています。画面の右側のところが売買エリアになるので注目します。

 

②. 板の価格帯を見て、最安値を確認します。次に「成行」で欲しいビットコインの量で「買い」を選択します。

最後に「注文」を選べば完了です。

 

おつかれさまです。これでビットコインの購入は終わりました。

 

スマホの場合

続いてスマホの場合の解説を行いたいと思います。

 

アプリを持っていない人はアプリをインストールしましょう。

bitbank ビットコイン&リップル ウォレット
bitbank ビットコイン&リップル ウォレット
開発元:bitbank,Inc
無料
posted withアプリーチ

 

口座に入金する(スマホ)

①. 画面の右端のメニューをタップします。

ビットバンクアプリ 使い方入出金1

 

②. 入出金をタップします。

ビットバンクアプリ 使い方入出金3

 

③. 入金のページが出てきます。振込名義人は専用の「入金番号」のあとに本名をつけたものになるので忘れないように気をつけましょう。

あとは口座に振り込めば終わりです。

草猫店長
万が一「入金番号」をつけ忘れたらサポートセンターでやり取りするとよいにゃあ。

 

このように「入金番号」のつけ忘れは機会損失になりやすいです。

ビットバンクは「クイック入金」機能はないので注意ですね。

 

④. 先ほどの入金ページの下の方に番号が振込先がかいているのでその振込に入金しましょう。

入金までの時間は振込先の銀行によっても変わってきます。土日などは振り込めないところも多いと思いますので注意してください。

 

ビットコインを購入する(スマホ)

次にビットコインをビットバンクアプリから購入したいと思います。

 

①. 最初の画面で、「BTC/JPY」をタップします。

 

②. 「注文」をタップします。

 

③. 板の価格帯を見て、最安値を確認します。次に「成行」で欲しいビットコインの量で「買い」を選択します。

最後に「注文」を選べば完了です。

ビットコインの購入が完了しました!おつかれさまでした。

 

「成行」と「指値」の違い

詳細をはぶいて説明していきました。「成行」と「指値」の違いはなんでしょうか。

 

はじめてビットコインを購入することを前提として、「買い」前提で説明をしていきますね。

 

「成行」とは、その瞬間に買える一番安値の値段でビットコインを購入してくれる注文になります。初心者にオススメです。

 

「指値」とは、あらかじめ「買い」の価格を指定して、指定した価格のビットコインがあれば購入してくれる注文になります。少し慣れてから使いましょう。

 

「指値」は操作ミスして、すごく高い値段でビットコインを買ってしまったりすることもあるので注意が必要です。

一度注文して注文が通ってしまうと元に戻せません。

 

「成行」も、急な高騰や下落のタイミングでやってしまうと一瞬だけ価格が高騰したタイミングで注文が入ってしまい損をしてしまうことがあります。

こちらも、相場が激しいタイミングは待ちましょう。

 

売り板と買い板の見方

売り板と買い板が上の画像の部分になります。

見ての通り、数字がいっぱい並んでいますね。

 

売り板は私たちが「買い注文」するときに利用します。

買い板は私たちが「売り注文」するときに利用します。

 

ややこしいので、

金額が高い方が「買い注文」に利用する値段です。

金額の安い方が「売り注文」に利用する値段です。

 

このように覚えておけば良いかと思います。

どうしてこんなに数字が並んでいるのかというと、ビットバンクは「取引所」だからです。

「取引所」は個人同士で売買をするので、いろんな個人がだす売値と買値がバラバラになります。

 

その中で一番安いものから売れていきます。

 

ちょっとややこしくて分からない

上の板をみて、ちょっとややこしいな〜と感じたら、「販売所」で試しに買ってみると良いですよ。

「販売所」は手数料が少しする分、かんたんに買えるのでオススメです。

 

企業から直接買うので、ややこしい板の数字などをみなくて済みます。

急落や暴騰がきてもほぼ確実に買うことができます。

 

慣れるまで「販売所」を利用するのはつまづかないで進むために大切だと思います。

「販売所」は GMOコインが「販売所」の中でも一番手数料が低く、比較的に扱いやすいのでオススメです。

無料でGMOコインに登録する

 

bitFlyerは新規登録休止中ですし、DMMビットコインは「信用取引」に特化しているのでここではススめません。

 

bitbank(ビットバンク)でビットコインを購入 まとめ

ここまででビットコインを「現物」として買うことができました。

買ったビットコインを手放したくなったら、この記事で紹介した「買い」のところを「売り」に変えるだけで売ることができます。

 

自分で以上までのことをできるようになれば他の仮想通貨も簡単に買っていくことができます。

 

「他の仮想通貨もビットバンクで購入したいけどちょっと不安」という場合は下の記事にも画像をたくさん使って解説しているので見てみてください。

 

\ ブラウザでのリップルの購入方法はコチラ/ 

bitbank( ビットバンク )で仮想通貨リップル購入!XRPの買い方を図解説

2018.04.08

 

\ スマホアプリでのリップルの購入方法はコチラ/ 

ビットバンクアプリ XRP購入やテクニカル分析までの使い方 | bitbank

2018.04.13

 

ビットバンクでは「ビットコイン貸付」というサービスをやっています。

ただ預けているだけで年利5%が最大でもらえるのでオススメしているので興味があれば下の記事も読んでみてください。

ビットバンク(bitbank)貸付のデメリットやリスク 仮想通貨レンディング

2018.06.24