【 専門家が教える 】 ビットコインおすすめ取引所 【 知識0からワカる 】

ビットコインおすすめ取引所
マッチョな男性
ビットコインがどうして儲かるのかわからないけどとりあえず手を動かしてみたい!
凜とした女性
最初は取引所が必要だよって聞いたけどどれを選べばいいの?

 

この記事では今日ビットコインという単語を知りたての人でもその人にピッタリな取引所を選べるように記事をまとめてみました!

 

記事の信憑性

この記事の信憑性ですが、私(草猫店長の中の人)はこのブログでこれまで1年半で360記事を超える記事をほぼ1人で書いてきました。

 

海外の文献から技術書、プログラミングコードから世界経済まで仮想通貨に関することには積極的に情報を集めて誰にでも理解しやすいように記事へ落とし込んできました。

難しい言葉をたくさん使う人がいる中、理解されやすいように工夫してきたところもあり、仮想通貨の基本的なところを解説する上では専門家にあたると考えています。

 

最近はブロックチェーンアプリを作るためにWebサービス開発中。

 

取引所を選ぶ前にココが気になるQ&A

+ ビットコインと仮想通貨の違いがわからない
仮想通貨とビットコインの違い

ビットコインと仮想通貨の違いですが、ビットコインは仮想通貨の一部になります。

他にも数千種類もの仮想通貨がビットコイン以外にもあります。

そのため、取引所は”ビットコイン取引所”ではなく”仮想通貨取引所”が一般的な呼び方になります。

 

 

草猫店長

仮想通貨は又の名を「暗号資産」「暗号通貨」と呼ぶけどシチュエーションによって呼ばれ方が変わるだけで同じものを指すにゃあ。

+ 販売所と取引所ってどう違うの?
取引所と販売所の違い

販売所は会社が保有している仮想通貨を売買します。

取引所は個人同士で仮想通貨を売買します。

会社は自前の仮想通貨を売ったり買ったりするわけですので有限です。そのため販売手数料がかさばる傾向があります。

 

草猫店長
販売所の方が手数料はかさんでしまうけど初めての取引だったら間違えにくいから最初の一歩にオススメだにゃあ。

仮想通貨の販売所と取引所の違いとメリット・デメリットをスッキリ解説で図解と共に解説しています。

+ ビットコインはどうして儲かるの?
ビットコインがなぜ儲かるのか

例えば1BTC=が10万円の時に1万円分で0.1BTCを購入します。

それから3年後、1BTC=100万円の価値になっていました。10倍ですね。

そこで購入した0.1BTCを売って円に戻しました。すると10万円の価値になります。9万円儲かったということですね。

 

ビットコインの成長スピードは過去のITバブルよりも遥かに早く、早目に手をつけておきたい相場として注目されています。

 

ビットコインバブルとITバブルとの共通点を分析したという記事では両者の似ているポイントを詳しくまとめています。

+ 取引所は信用できないって聞いたけど大丈夫?

日頃のニュースをみていると仮想通貨でハッキング事件の話はよく耳にすると思います。

たいていは取引所で生じているのでそのため、取引所=危険という認識は広まっています。

 

ですが全ての取引所が危険ということは一切なく、むしろ取引所ではないウォレットアプリ(保管専用のアプリ) でもハッキングは度々生じています。

大切なのはどこの取引所選ぶのかです。

 

あとは、最低限は個人でできる対策を行っておくことです。

最初は少額ではじめていき、慣れたらパスワードを簡単なものにしない、2段階認証を設定する。といった対策を少しずつ取っていきましょう。

【 仮想通貨のハッキング対策 】コレだけはしておきたい暗号資産の対策では具体的な対策方法を載せています。

+ ビットコイン(仮想通貨)の取引所ってどれだけあるの?

国内の金融庁に認可が降りている仮想通貨の取引所だけでも19社あります。

海外も合わせると何百社とあり日々増えていっています。

おまけに仮想通貨の技術(ブロックチェーン)で作られた管理者不在の取引所なんかも作られているのでその数はどんどん増えていっています。

 

金融庁に認可された仮想通貨だけを全て網羅した記事があります。【 金融庁認可 】全19社から仮想通貨取引所をスッキリ比較【 2019 】を参考にすれば全て把握できるようになります。

+ ビットコインってなんで価値があるの?
ビットコインの前に日本円がなぜ価値があるのか考えてみましょう。

日本円は日銀の人に「絶対に悪さをされないよね」という”信用”を日本国民や世界の投資家たちが置いているため価値が付いています。

その上で国の景気や世界の経済状況に応じて需要と供給が変わっていきます。

 

ですのでもっとも土台となるのは”信用”です。”信用”が日銀からなくなれば日本円は紙きれになります。

 

ビットコインもブロックチェーンと呼ばれる技術が「絶対に悪さをされないよね」ということをアルゴリズムで証明しているので”信用”されて価値が付いています。

しかも「金」と同じような希少性があります。その上、利便性、あらたな資本の逃避先として欲しい思う人が途絶えないので値上がりし続けています。

 

もっと具体的にビットコインの価値がどこから出ているのか知りたい人は「 ビットコインの価値の裏付け 」仮想通貨のビットコインと価値の源泉を読んでみてください。

+ どうして取引所同士で価格がほとんど同じになるの?

取引所によって集まるビットコインの量は変わります。したがって取引所間で大きな価格差が生じるのは簡単にイメージできそうです。

 

ですがそうはなりません。というのも価格差があったらその価格差で利益を出そうとする人たちが絶えず出現するからです。

 

専門用語でいうと”アービトラージ”と呼ばれるものが取引所間で価格差を埋める手法になります。

2018年度まではこの手法を自動で行うシステムを自前でつくって大きく儲けている人も少なくありませんでした。

 

日々、投資手法は増えています。最初は普通に売買するだけで頭がいっぱいになると思います。

ですが仮想通貨の投資 全部で方法は12種類!ビットコインで儲かる手法とはではほとんど全ての仮想通貨に関わる売買手法をまとめているので気になる人は後々、読んでみてください。

ビットコイン初心者はこの取引所!

誰でも簡単に使える取引所

・コインチェック

・DMMビットコイン

・GMOコイン

・DeCurret

・TAOTAO

この5つが全19社のうちで誰にでも扱える簡単操作な取引所(販売所)になります。

 

ただし、DMMビットコインやTAOTAOはレバレッジ取引に特化している取引所でギャンブル性があるので初めての人にはオススメしません。

DeCurretも2019年5月にオープンしたばかりの取引所なので様子見が無難です。

 

そうするとコインチェックかGMOコインのどちらかがベストになります。

 

僅差なのですが、使いやすさをより重視するのであればコインチェックが良いです。

使いやすい一方で”販売所”がメインなので手数料がかかってしまいます。

そのため、ある程度なれたら別の取引所を使うことをオススメします。

コインチェックの公式サイトはこちら

草猫店長
過去に580億円相当のハッキング事件があったのもコインチェックだからそこら辺はどうしてもマイナスポイントだにゃあ。

できる限り簡単に買いたい!という場合に選ぶと良いにゃあ。

コネ
最近はMONAコインがコインチェックに登場しましたがちょっと特殊なことが起こってますし慣れたら別のところ使いましょう〜

参考:コインチェックでモナコインが売れない噂をまとめて見た

 

GMOコインは万能な取引所です。初心者でも使いやすいし、取引所も充実してますし、銘柄もそこそこあります。

初心者の人は”販売所”で練習してから”取引所”へそのまま移動することができます。

送金手数料もやすいですし板もそんなに薄くないので手数料も全体的にやすいです。


草猫店長
ぶっちゃけ、とりあえず悩んだらGMOコインを登録しとけばええやん、というのが本音になるにゃあ笑

GMOコインの公式サイトはこちら

 

ちょっとややこしくてもオッケーな人へ向いてる取引所!

こんな人を想定

・コンピューターに関する操作にあまり抵抗がない人

・仮想通貨の初心者でない人

・株やFXの経験者である人

トレード経験者やプログラミングが好きだったり、スマホでバックアップとったり小難しいことをするのが得意な人。

そうした人は最初から bitbankLiquid by Quoine を選択することをオススメします。

 

他の17社の取引所を使っていても自ずとこの2つの取引所を使うようになっていくかと思います。

 

理由としては5種類の手数料を総合的に、比べてみるともっともコスパがよくなるのが上の二つだからです。

 

それでいて、ビットコインの取引高も大きいし、運営歴が老舗でハッキング歴はなし、取り扱っている仮想通貨の銘柄も多めです。

大手の資本力でゴリゴリ成長した訳ではなく、ビットコインが人気のない頃から成長していった取引所です。

 

トータルのコストパフォーマンスや安全性、仮想通貨で色々なことをして遊んでみたい、という人にとっては間違いない取引所2選になります。

 

Liquid by Quione→特にセキュリティに特化したい人に向いている

bitbank→特に利便性・機能性に特化したい人に向いている

 

選定基準は上のようになっています。

 

bitbankについて詳細を知りたい人はbitbank(ビットバンク)の評判 「良いvs悪い」口コミを集めて見たを参考にどうぞ。

Liquid by Quoineについて詳細を知りたい人は【ここが強み!】 Liquid by Quoineはどのような取引所なのか解説が参考になります。

 

良い取引所ってなに?

良い取引所の条件

・操作が簡単であること→GMOコイン、コインチェック

・手数料が総合的にお得であること→bitbank、Liquid by Quoine

・銘柄が豊富であること→GMOコイン、コインチェック、bitbank、Liquid by Quoine

・サーバーが安定していること→GMOコイン

・ハッキング歴がナシであること→GMOコイン、bitbank、Liquid by Quoine

・100%コールドウォレットであること→bitbank、Liquid by Quoine

・運営歴が長いこと→bitbank(2014年~)、Liquid by Quione(2014年~)

こうした条件になっています。

 

私の独自の見方なのですが、「取引所はハッキングが起こらなそうな場所を選ぶ」というのは間違えです。

むしろ「ハッキングが万が一に起こっても大丈夫そうな場所を選ぶ」というのがこれまでの取引所の事件を追ってきて気づいたポイントです。

 

bitbankやLiquid by Quoineは完全に顧客の資産はオフライン管理しています。

そのためハッキングがあったとしても会社の資産はわかりませんが私たちの資産そのものは安全である可能性は高いです。

 

また、GMOコインは完全オフライン管理ではありませんが資本力があったり保険会社と提携しているため有事の際に返還される可能性が高いと考えています。

 

最初はいいけど慣れたら分散管理はしておこう

最初はとにかく形はどうであれば売買してみる経験を積むことが大切です。

私は最初にビットコインアドレスの文字の羅列をみて「ワケがわからないよ」ってなりました。

 

それから、仮想通貨で遊ぶ(ブロックチェーンと呼ばれる技術を使ったサービスを利用)ことを通して理解できるようになりました。

 

とはいっても、ずっと一つの取引所に置きっ放しにすると、ハッキングだけではなくサーバーが落ちたり金融庁の監査が入ったりするタイミングで資産を動かしにくくなるタイミングが稀に訪れます。

 

その時に、一つの取引所に全ツッパしておくのはあまり良いことには思えませんよね。

そうした意味で、ここで紹介した取引所は余裕があれば2つか3つ位は開設して半分半分くらいには分けておくと賢い選択肢だなと思います。

 

とはいえ「最初からできる対策はやっておきたい」って人は【 仮想通貨のハッキング対策 】コレだけはしておきたい暗号資産の対策の記事に目を通しておくくらいのことはしておくとモアベターです。

仮想通貨のハッキング対策 サムネイル

【 仮想通貨のハッキング対策 】コレだけはしておきたい暗号資産の対策

2019年4月12日

 

ビットコインおすすめ取引所 まとめ

ビットコインおすすめ取引所

最初はワケがわからないかもしれません。ですので出来るだけハードルを下げて初めてみることが大切だと思います。

この記事を読んで躊躇してしまうものがもしあったら、グンとハードルを下げて考えて再考してみてください。

 

ビットコインバーゲンでは「退場しない仮想通貨」というテーマで、変な人たちに煽られないで仮想通貨をずっと楽しんでいられるような記事を出来るだけ増やしていっています。

仮想通貨はいくらから?初心者が1万円ではじめる仮想通貨の記事のように、仮想通貨は1万円あればプロと同じことができることを解説しているのでよかったら読んでみてください。

仮想通貨いくらから サムネイル

仮想通貨はいくらから?初心者が1万円ではじめる仮想通貨 |ビットコイン

2018年2月23日