リップルが上がらないと思う理由 【 みんなのXRP下がる説を圧縮 】

リップルが上がらないと思う理由 サムネイル

この記事ではリップルにまつわるネガティブな内容だけに絞ってリップルが上がらない理由をまとめました。

 

リップルはいいニュースばかり入ってきて逆に不安に感じる。

 

リップルって名だたる企業と提携するグッドニュースが入っても相場がぜんぜん反応しないから怪しんでしまいますよね。

 

さて、ビットコインバーゲンでは前回、リップルの上がる理由に付いてまとめました

【 XRP上がる説の皆んなの声を凝縮 】 リップルが4桁円まで上がる理由

リップルが4桁円まで上がる理由 サムネイル

【 XRP上がる説の皆んなの声を凝縮 】 リップルが4桁円まで上がる理由

2019年3月21日

 

今回はリップルが上がらない理由です。

XRPは現状は投機的で通貨としての価値はないし、リップル製品もXRPが銀行の裏で使われる保証はない。

ビットコインが持つような希少性の価値もないため通貨としては無価値だ。そのため上がらない。

果たしてどの程度は妥当なのでしょう。

ビットコインバーゲン人気取引所ランキング
ビットコインバーゲンの記事を読んで、仮想通貨取引所に登録した方の統計を元に人気ランキングを作成しました!

Rank1位1位:GMOコイン

  • 【送金手数料が無料】初心者でも自然に扱いやすくて送金手数料が無料なのにスプレッドも安いGMOコイン。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ

Rank2位2位:bitbank

  • 【XRP最強の取引所】100%コールドウォレット管理の世界水準セキュリティでテクニカルトレードが可能!ビットコイン貸付で強制ガチホもできるのはbitbank。

ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ ライトコイン ロゴ モナコイン ロゴ 

Rank3位位:Liquid by QUOINE 

  • 【QASH買える】メルカリに次ぐユニコーン企業の取引所Liquid。プロ投資家も納得の国内一位の取引高。BNB同様に実利用で期待のQASHを購入可。

仮想通貨の送金手数料 説明画像13 ビットコインロゴ イーサリアムロゴ リップルロゴ ビットコインキャッシュ ロゴ

リップルが上がらない理由:メディアやブログの声

上がらない人たちの意見
❶. リップルの技術はXRPを使わなくても良いから上がらないから

❷. 発行枚数が1000億枚もあると上がりにくいから

❸. リップル社が60%もXRPを保有しているため実際には使われないから

❹. リップルの値動きは投機的でしかないから無価値のため

❺. 価値の裏付けがないから上がらない

 

❶. リップルの技術はXRPを使わなくても良いから上がらないから

リップルの製品にはxCurrent、xRapid、xViaなどがあります。

これらの製品を導入することで、バックグラウンドで法定通貨を数秒で交換できるといわれていて、実際にXRP単体で送金した際には1時間以内には到着します。

(取引所側の確認する時間などが速さを妨げていると思われます)

 

ただし、このリップルの製品にXRPを使わなくても動かせます。

ドル建てでいいよね?

銀行が単体で発行した通貨が出てきたら終わらない?

という意見が出ています。

 

草猫店長
ドル建てに関しては、マイナー通貨、例えばタイバーツからインドルピーへのようなドルから見てもニッチな組み合わせの際には非効率になるし、すでにドル建てでの効率化はある程度はなされているそうなんだにゃあ。
コネ
XRPの方がニッチな通貨までも効率化できるんですね〜

 

銀行が単体で発行した通貨が出てきたら終わらない?」に関しては、実際にはあり得ることだとは思います。

しかし独自に通貨を発行するその前にノウハウのあるXRPで使われる方が濃厚かもしれません。

 

実はJPモルガンがほとんどXRPと同じような仕様のJPMコインを発行しています。

JPモルガンの公式サイトによると、「JPモルガンの公式のスタンスは何ですか?」のクエスションに対しては

「(意訳):私たちはブロックチェーン技術のポテンシャルを信じており仮想通貨は規制してコントロールできるものだとして支持しておリます。」

We have always believed in the potential of blockchain technology and we are supportive of cryptocurrencies as long as they are properly controlled and regulated.

JPモルガンの公式サイトでの見解

と答えています。

 

長期的な目線になるとXRPは不要になって切り落とされる可能性はあります。

ただし、あくまで一つのシナリオとしてこれから多くの銀行が独自に通貨を発行して乱立するパターンもあり得て、その場合に銀行ではない立場のXRPに軍配が上がるかもしれません。

 

草猫店長
JPモルガンはニューヨークにある総合金融サービス会社で日本国内だとM&Aを中心に事業を展開してる会社だにゃあ

 

❷. 発行枚数が1000億枚もあると上がりにくいから

ビットコイン(BTC)は2100万枚

リップル(XRP)は1000億枚

そのためビットコインが1円上がるのと、リップルが1円上がるのとでは重みが違うということになります。

すごく単純に1言えば、リップルが1円価値が高まるということは1000億円の時価総額が高くなるということですから。

 

そして、ビットコインが基軸通貨であり、ほとんどの相場がビットコインに連動することからリップルの価格が上がることは難しいといわれています。

草猫店長
ビットコインもリップルも少数桁まで分割できるから、実質は50倍の差だから大したことないという人もいるにゃあ

 

❸. リップル社が60%もXRPを保有しているため実際には使われないから

リップルがほとんどのXRPをロックアップと呼んで、銀行にリップルの製品(xRapid)を導入したのちに相場を調整する目的で放出していくそうです。

そのようなリップル社が自由にコントロールできてしまいそうな通貨が銀行側が受け入れるのか

といったもっともな声があります。

 

ロックアップしている目的が銀行側に有利なように使う(相場が急落して銀行側が損失を被らないような形で解除していく)ということで説得できているようです。

リップル公式の発言を引用:これらの購入主体の多くは法人であり、大量のXRP売却による市場への影響を緩和するために、購入者に対しては売却制限が設けられています。

リップル公式サイト

草猫店長
実際にすでに5社がxRapid導入することを決定していて使われる動きが始まっているにゃあ

 

マスターカード支援のSendFriend

イギリスの銀行だるeuro exim bank

オーストラリアの送金会社Transpaygo

などが導入を決めて進んでいます。

 

❹. リップルの値動きは投機的でしかないから無価値のため

リップルの2017年度末の値動き

実際のところ、2017年度末は1ヶ月で15倍になりビットコインの5倍ほどの変動率を誇りました。雰囲気だけで動いてしまったところは確かにあります。

また、xRapidの導入が決まっただけで送金が実稼働していない段階では”投機的”といわれても仕方がないかと思います。

 

草猫店長
“投機的”という意味でいえばビットコインも実世界で利用され得る段階にまだ来てないと言えるにゃあ。強いて言えば基軸通貨としてBTC建てで使われているというのが一番実需を満たしていそう

 

❺. 価値の裏付けがないから上がらない

ビットコインなどには電気を使ってマイニング処理させることで価値を保っているが、その必要のないXRPには価値の裏付けがないから上がらない

ビットコインやイーサリアムのような現状はPoW(Proof of Work)の通貨においてはゴールドとの共通点の多い希少性の価値をマイニングで再現しています。

 

一方で、XRPはPoC(Proof of Consensus)と呼ばれる、決められた人たち(主に金融機関)側が不正のない取引があったのかどうかをチェックする仕組みです。

確かにビットコインのように希少性による価値はないかと思われます。

 

ただ、結局は売り手と買い手がその瞬間にいくらでどのくらいの人数で買いたいのか、その積み重ねが価格を決めるので売買が成立する限りは価値は0になることはないので上がらないかどうかはまた別かもしれません。

 

株価に価値が付いているのは会社の築いていった経済活動と信頼によります。

リップルも希少性という点では無価値ですが、仮に経済活動と信頼を積み重ねることにうまくいけば価値はそれに付随する可能性はあります。

 

草猫店長
PoW(Proof of Work)やPoC(Proof of Consensus)は取引履歴の正当性を判定するための仕組み(コンセンサスアルゴリズム)だにゃあ。

PoWはパソコンの処理能力を競い合って勝者が取引履歴の正当性を判定。PoCは決められた人で投票制にしてるにゃあ。

コネ
アルゴリズムについて気になる人に向けて前前前世から「 PoWとPoSの違い 」を説明するよ コンセンサスアルゴリズムを貼っておきますね〜

 

Twitterの声

 

リップルが上がらないと思う理由 まとめ

リップルが上がらないと思う理由 まとめ
まとめ
❶. ビットコインやイーサリアムが生み出している価値がXRPには備わっておらず無価値に近いため。ただしそれらと質の違う価値はある。

❷. 導入の話が決まったばかりで投機的であるのは変わりないため

❸. 銀行に使われない可能性はあるため。

“リップルの価格が上がる、下がる以前にそもそもリップルは銀行の非効率なシステムが世界へ及ぼす悪い影響を解決するための手段として仮想通貨を選んだ”

ということは意識しておいて良いかと思います。

 

実際、最初は確かにXRPが使われるかもしれませんが、ずっと使われていくのかは不明です。

ただし銀行の送金では革命的な変化が起こる可能性は高いかと思います。

 

その途中まではXRPがお膳立てに使われていく見方が強く、中期的には前向きに見ている人は多いです。

ですが、長期的には使われなくなるのでは?ネガティブに見る人は調べていて少なくないなあという印象を受けました。

 

もしリップルのフォローが足りずに、価格が不安定だと業界で思われてしまうと途中から他の通貨に切り替えられる恐れもあるからです。

ですのである程度は落ち着いたら手放してもよいのでは?と私も長期的には否定的な見方を取っています。

 

さて、ここまでリップルの下がる理由についてのまとめでした。次はリップルの上がる理由についてまとめたものを読んでみてください。

【 XRP上がる説の皆んなの声を凝縮 】 リップルが4桁円まで上がる理由

リップルが4桁円まで上がる理由 サムネイル

【 XRP上がる説の皆んなの声を凝縮 】 リップルが4桁円まで上がる理由

2019年3月21日